ANNEX−Ω   訪問者数:10640872(今日:778/昨日:1775)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索][全文検索] [皓星社掲示板] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)
認証文字列
↑画像の平仮名を入力してください。

[53728] 君見ずや 管鮑貧時の交わりを 此の道 今人棄つること土のごとし 投稿者:やへすのゆ 投稿日:2011/01/29(Sat) 15:02  


マスコミは、なぜ小沢が怖いのか
The Journal 二見伸明
2011年1月28日
http://www.the-journal.jp/contents/futami/2011/01/post_33.html


 新聞、テレビの小沢バッシングが狂気の沙汰である。小沢一郎が「予算が成立したら政倫審で説明する」と言っているにもかかわらず、各社横並びで「出席拒否は許せない。証人喚問だ。議員辞職せよ。離党せよ」と、それも社説で、大上段に振りかぶっての騒ぎである。社説とは社論、社の基本的な考え・主張である。日本のほとんどのマスコミが、手段を選ばず「小沢抹殺」で狂奔している光景は異常以外の何ものでもない。朝日、読売、毎日など新聞各社は、本音では、デフレ脱却や雇用など国民生活にとって待ったなしの課題よりも「小沢抹殺」のほうが最重要問題だと考えているのである。何故か。

 昨年暮れから正月にかけて一線で活躍する記者たちと懇談した。

「小沢さんの話は論理的で分かりやすい。日本の政治家で小沢さんのような、骨太の国家観、歴史観、洞察力を持った人はいない。スケールの大きい本物の政治家という感じがする」

「TPPはアメリカの世界戦略だという冷厳な国際政治が分かっているようだ」

「小沢さんの政治とカネの問題は『期ずれ』だけだろう。ガタガタ騒ぐのがおかしい。もっと冷静でいい。政治にはカネは必要だよ。私腹を肥やすのは論外だが、カネの出入りを透明にすればいいのではないか」

「検察審査会の問題は恐ろしい。目障りな政治家や高級官僚、或いは宗教団体など、小沢さんをやっつけるやり方で強制起訴して潰すことは簡単だ。仲間たちと『これは政治テロ』だって話している」

「それにしても、小沢さんには熱烈な支持者も多いが、問答無用で切り捨てるアンチも多い」。

 記者魂を持った中堅・若手の記者のほうが冷静で、まともだ。はっと思った。「マスコミの社長や幹部が、心底、小沢が怖くてしかたがないのだ」

 小沢一郎は自民党幹事長時代、記者会見を記者クラブに所属していない雑誌記者、フリーランサー、外国人特派員にも開放し、自由に参加出来るオープンな場にしていた。それ自体、画期的なことだったが、1993年8月23日、新生党代表幹事として細川連立政権を支えるキーパーソンになった小沢は、従来の「記者クラブの、記者クラブによる、記者クラブのための記者会見」ではなく、記者クラブに所属していない記者も参加し、どんなことを質問してもいい平等で「開かれた会見」にすることを宣言した。また「『本音と建前』を使い分けることはしない。ここで言わないことは、どこでも言わない。言えないことは言わない。」と強調し、政界実力者が偽の情報を流して政敵を貶めたり、野党を分断するために利用する番記者のオフレコ記者懇談会も止めたのである。1996年5月には、小沢は新進党訪中団の随行記者団に、慣行を無視して記者クラブ15社17名のほか、週刊誌3社のフリーランサー5名など記者8名を参加させたのである。北京のホテルにはプレスルームが開設され、各社均等にデスク、電話、テレックスを備えた専用ブースが割り当てられ、中国首脳との会談後のブリーフィングも差別なく各社一緒に行われた。真の「国民の知る権利」を守るために、記者クラブを通して情報を独占するという既得権にしがみつく大手マスコミに挑戦状を叩きつけたようなものだ。論理的に太刀打ち出来ないマスコミは陰微な手段を駆使し、「小沢抹殺」を始めた。

 余談だが、このときの江沢民主席との会談では、歴史認識をめぐって厳しいやりとりをしたうえで、小沢は日中関係が経済中心であることに懸念を示し「日本にはカネの切れ目が縁の切れ目という諺がある。経済協力は大事だが、それ以上に両国の信頼関係強化が大事だ」と持論を展開した。

 大手マスコミは、記者クラブを通して行政、立法、司法、地方行政の全ての情報を独占している。このマスコミがお互いに談合し、「霞ヶ関」と結託すれば日本をどうにでも出来る恐ろしい存在になる。「大新聞は日本民主主義の最大の敵だ」と喝破するカレル・V・ウォルフレンが日本の大手マスコミに目の敵にされるのも、むべなるかなである。小沢一郎も「日本ではマスコミが最大の守旧派になっている」「マスコミほど今の社会で既得権を得ているところはない」とマスコミの姿勢を厳しく批判している。

 マスコミが重大視しているのは、小沢が一貫して「政権交代したら官邸の会見はオープンにする」と主張し続けていることである。一昨年3月の記者会見でも、フリーランサーの上杉隆の確認を含めた質問に、小沢代表(当時)は「どなたでも会見にお出で下さいということを申し上げております。この考えは変わりません」と答えている。「約束を守る男・小沢」が総理になったら必ず官邸の記者会見はオープンになるだろう、そうすれば、全省庁の記者会見もオープンになり、検察、警察、裁判所、各県の県政記者クラブの会見もオープンになる。それでは、大手マスコミは情報を独占出来ず特権的地位から引きずりおろされ、世論操作も出来なくなる。記者も癒着・談合の世界から、自由競争の厳しい世界に放り出され、雑誌記者やフリーランサーとの取材合戦に敗れるかもしれない。新聞の紙面作りも難しく、廃刊に追い込まれる社も出てくるだろう。各省庁も、例えば「このままではギリシャの二の舞になる。消費税増税をしなければ大変なことになる」」などと記者クラブを洗脳し、メディアを通して官僚の思惑通りに世論を誘導し、国民を洗脳する手段を失うだろう。「小沢抹殺」は大手マスコミにとって至上課題なのだ。

 ここで、横道にそれるが、小沢の「開かれた会見」の実相はどうだったのか、検証してみよう。1994年10月発行の季刊雑誌『窓』に雑誌記者の石飛仁が書いている。

「私が参加したその会見の場は、意外にぎこちないものだった。双方に未だ質疑のやりとりに滑らかなものがないのだ。質問が具体性を帯びていないというのか、小沢から引き出す側の工夫がほとんど成されておらず、新人記者の初歩的質問風に小沢が丁寧に答えていくというもので、きわめてぶっきらぼうというか、時局のディテールを知り尽くした上での専門家の質問という感じがほとんどしないのだ。これが私の受けた第一印象であった。小沢については、噛んでふくめるような論旨で丁寧に答えていくのが印象的であった。(略)私は正直、小沢という政治家は味も素っ気もないその言い回しのなかに全てを率直に埋めて正攻法で語っていく人物であることに驚いた。きわめて非日本人的な率直さが、そこにあるので驚いたのである。よし、これは発言の主旨をちゃんと正面から聞いていけば、政局はある程度読めるぞ、と思ったのである。
 この「開かれた会見」の場は、日ごとに重要性を増し、また話題性を発揮し、きわめてアクチュアルな政治報道の場と化して、注目を集める場となっていった。小沢自身がこの会見を重要視していることも感じとれてきた」

 自民党幹事長時代から小沢の会見を取材しているフリーランサーの田中龍作は先日、私に「小沢の答弁は丁寧で分かりやすい。的を射たいい質問をされると、嬉しそうな顔をして、大学の教授が学生に教えるように説明する。主旨や意図不明の質問や毎回繰り返す同じような質問だと『もっと勉強してきなさい』とたしなめることがあった」と語ってくれた。

 私も自由党時代、安全保障問題での「開かれた会見」の進行役を務めたことがある。びっくりするような質の高い質問をする記者もいれば、初歩的な質問をする者もいて、玉石混交で面白かったが、某英字新聞の記者の質問には『同じような質問で、何度も答えている。勉強して来なさい』とたしなめたのが印象的だった。その記者は会見終了後、青い顔をして『党首に怒られた。来週から来てはいけないということか』と泣きべそをかきそうな表情をしいているので『そんなことはない。しっかり勉強して、党首が立ち往生するような核心を突いた質問をしなさい。小沢は喜ぶと思うよ』と励ましたことを覚えている。

 1993年10月、小沢が「記者会見は義務ではない。サービスだ」と発言したと言って物議をかもしたことがある。その点について、去る1月17日夜行われた小沢一郎と岩上安身、江川紹子、田中龍作など13名のフリーランサーとの「割り勘でオープンな懇談会」で上杉隆が「サービス発言」の真意を聞いた。それに対し小沢は「僕は、記者会見は公共サービスだと言ったんです。政府や政党の会見は公のものでしょう。だから、新聞やテレビの記者諸君で独占するのはおかしい。公財である記者会見も公共サービスであり、公平に雑誌や海外メディアの諸君にも参加してもらおうと言ったわけだ。それがまったく逆の意味で使われたわけなんです」と答えた(ダイヤモンド・オンライン2011.01.20))。「てにをは」をちょっといじるだけでまったく逆の意味に変えてしまう手品のようなマスコミの陰湿さには開いた口が塞がらないのである。

 大手マスコミが恐れるのは小沢のマスコミ対策の方向性だけではない。歴史を知り、歴史に学び、そこから未来を見通す洞察力と綿密に計算したうえでそれを実行する決断力と度胸だ。

 小沢一郎が、枝野幹事長より1歳年上の47歳で自民党幹事長に就任した1989年(平成元年)は、戦後世界を支配してきたパックス・ルッソ・アメリカーナ(米ソによる平和)というパラダイムが崩壊する世界史に残る激変の時代の幕開けの年だった。菅総理は今年を「平成の開国元年」にしようとしているが、1989年こそ日本にとっても世界にとっても、文字通りの「平成の開国元年」だったのだ。6月にはポーランドで一党独裁政権が崩壊し、11月にはベルリンの壁が壊れた。1991年1月には湾岸戦争が勃発した。アメリカの庇護のもとで金儲けに余念のなかった町人国家日本は覚悟も準備もないままに国際社会に放り出された。明るくて人のいい海部総理には未曾有の国難に対処する能力はなかった。政権政党自民党は慌てふためくだけで、何の構想もない。野党は一国平和主義のタコ壺に逃げ込んで泣き叫ぶだけだった。町人国家を普通の国・国際国家に質的転換しなければ日本は国際社会で相手にされず、国益も守れないないという危機感をもって行動したのは、小沢だけだろう。日本丸が難破の危機を乗り切れたのは党を抑え、海部総理を励まし、野党を説得した小沢の腕力に負うところが大きいと評価せざるを得ない。小沢が主張した「集団的自衛権と国連による集団安全保障は違う。国連の決議のもと、国連の警察活動に参加することは憲法の理念に合致するもので、憲法違反ではない」という理論は大きな論議を巻き起こしたが、今では、日本の平和活動・国際貢献の原点であるばかりでなく、アメリカも国連のお墨付きをもらわなければ、海外での武力行使はし難くなったのである。

 小沢は官房副長官時代、日米建設摩擦、日米電気通信交渉でタフ・ネゴシエーターという評価を得た。アメリカは、日本の国益・原則を踏まえて正攻法で押しまくる交渉上手な小沢に、「脅かせば言うことをきくこれまでの日本人」とは異質の、自立した、手ごわいサムライを見出したのだろう。

 小沢は湾岸戦争が終わった直後、訪ソしてゴルババチョフ大統領と北方領土問題について会談、その後、ブッシュ大統領と会談している。モスクワ滞在中、イワシコ・ソ連共産党副書記長に言った言葉がすごい。

「人類史上で欧亜大陸にまたがる帝国をつくったのは蒙古とソ連だ。蒙古はあなた方にとっては非常に嫌な思いだろうけれども、蒙古帝国の世界史的に果たした役割は非常に大きい。あれは人種、宗教に寛容だ。それから、域内の自由交通を認めた。ヨーロッパ文明はどれだけあそこで教えられたか。文物の交流と、欧亜両大陸の親睦、その意味では非常に貢献した。ジパングなんて国を紹介したのはいつだ、マルコポーロはなぜ中国、北京まで来られたか。それは、あの時代、小アジアからずっとこっちまでの帝国の中を自由に行き来できたからだ。
 ところが、ソ連及びロシア帝国は、図体ばかりでかくて、権力で支配して、何をしたか。何もできなかった。それで破産に瀕しているだけだ。そのことをあなた方は考えなきゃだめだ」

 こうした小沢のことを当時、識者たちはどう見ていただろうか。

 五百旗頭真は「世界秩序が大きく揺らぐ時には、国際感覚を伴った国家感覚がないとやれない。田中外交は戦後政治の主流をなす経済中心主義の枠内だった。今は経済大国の上に『何か』が必要で、日本の国家像が問われている。小沢氏がそのことをまともに受け止めようとしているのは注目に値する」(小沢一郎探検、朝日新聞)と評価した。

 三木元総理のブレーンで「ストップ・ザ・オザワ」のリーダー、国弘正雄は小沢を「国家改造主義者」と位置付け、ドイツ統一の立役者ビスマルクに擬したが「小沢さんが歳をとってね、人生の悲哀を感じ、挫折も感じてね、経験の中で、むちゃくちゃな挑発型だったリンカーンが最後に『角熟』していったようになるかもしれません。そうあってほしいな」と語った(前掲書)。

 小沢に対しては好き嫌いが激しい。それはそれでいい。日本が「春のうららの隅田川」であれば小沢の出番の必要はない。しかし、百数十年続いている中央集権・官僚主導国家を政治主導・地方主権国家に衣変えする大事業は小沢でなければ出来ないことは、反小沢も認めざるを得ない現実だ。小沢は論理の男だ。しかし、それだけだろうか。アンチ小沢の急先鋒、時事通信の田崎史郎の見方が面白い。

「岡田さんが地方回りで青森へ行ったとき、県連の人がぜひ食べてもらおうと、わざわざ大間のマグロを取り寄せて準備していたそうです。しかし、やってきた岡田さんは『私、コンビニでカロリーメイトを買いますから』と言って、箸もつけずに帰ってしまった。
小沢さんは岡田さんとは対照的に、どこへ行っても地元の人たちと酒を酌み交わす。だから、ある若手議員が言ってましたが、岡田さんには7回きてもらったけれど、1回だけ来た小沢さんのほうが、はるかに効果があったと。小沢さんは、地方へ行くと、その日集まって酒を飲んだ支持者の名前と住所を、後で全部教えてもらうんです。それで全員に手紙をだす。そういう人を動かす上での配慮は、政治家にとって一つの大きな力になります」(週刊現代 2011.01.19/26)────「風」で当選した政治家から見ると「古い手法、古い政治家」なのだろうが、むしろ新しい理論・構想を持ちながら、居酒屋で酒を飲み、カラオケを歌う小沢のような「古い」政治家のほうがはるかに魅力的だ。

 胡錦涛中国国家主席が先日、国賓として訪米した。その際、アメリカは自国の国益を考えて、次期国家主席に予定されている習近平の早期訪米を要請した。一昨年秋、習近平が来日したとき、中国の要請で天皇との会見がセットされた。これに対して、宮内庁長官の羽毛田某は、小沢が天皇を政治利用したと騒ぎだし、自民党やマスコミの一部が同調した。しかし、国益を考えれば小沢の判断は正しかった。

 小沢は20年以上、ポケットマネーで米中との草の根交流をしている。昨年8月下旬、小沢は代表選のため参加出来なかったが、無名の庶民で構成された小沢訪米団がサンフランシスコで、アマコスト元駐日大使などアメリカの有力者に大歓迎された。中国でも、青年時代、小沢の招きで来日し研修した者が指導的立場で多数活躍している。小沢は一級の国際政治家でもある。

「君見ずや 管鮑貧時の交わりを 此の道 今人棄つること土のごとし」──杜甫

 諸君、ご覧なさい。昔、管仲と飽叔とが貧乏な時代に結んだ堅い友情を。今の時代の人びとは土くれのようにうち棄てて顧みない。誠に嘆かわしいことだ。───意味はこうである。

 私たちは忘れない。手を握り、肩を組み、叫んだ09政権交代を!




[53727] 一切のものが、わたしの小宇宙的な浄福のなかで、ふしぎに浄化されていた、その浄福がみずからのなかであらゆるものを、不愉快なことも、退屈きわまる人の言葉も、目に映る忌わしいものの姿も、どれほど宿命的ないさかいをも、浄化したのであった。しかしこの瞬間に、わたしが絶望のどん底にころび落ちたことだけは確かである。Re:[53726] なんじ、わたしの幸福なる自己よ、おまえの物悲しいせせらぎによって救われ解放されていたのだ!Re:[53719] 舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。Re:[53715] 最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間Re:[53712] 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。Re:[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/28(Fri) 07:47  

しためさこANNEX−Ω   訪問者数:2324815(今日:114/昨日:494)2011/01/27(Fri) 05:47

> Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25
> 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。・・・・・期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。しかし、反復を欲するには勇気が要る。期待するしか欲しないものは卑怯である。追憶をしか欲しないものは淫らである。しかし、反復を欲するものは男である。そして、このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。ところが、人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。思うに、期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。・・・彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?

> Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26
時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。そのようなことはすべて、わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。

> Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31
恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだ・・・
>     わが古きゆり椅子に
>       立ち返りくる若き日の夢
>     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
>       汝(いまし)へのあこがれ絶えず

> ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・

> Frank Sinatra - Only the Lonely
> http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59
> 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、だからつまり、彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。

> Kenny Rogers - Lady
> http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11
> 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!

> Vera Lynn - As Time Goes By
> http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1
> わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。

> It's Over-Gato Barbieri
> http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4
> 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。
彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。それはまた彼女として当然なことだった。男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。

> Right Here Waiting - Richard Marx
> http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9
> わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。

> tell him... celine dion / barbra streisand
> http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM
> 「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。インテレサントなものはけっして反復されないからである。インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

> Diana Krall Love Is Where You Are
> http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=2
> 多少とも想像力をもった青年なら、一度は芝居の魔力にとらえられたことがあるにちがいない。あの人工的な現実のなかへ自分もともにまき込まれて、まるで二重人みたいに、そこでもうひとりの自分自身が動くのを見、語るのを聞き、自分自身を自分自身に可能なだけのあらゆる種類の人物に扮装させ、しかもそのどれもがまた一個の自己であるというふうであってみたいという願いをいだいたことがあるにちがいない。こういう欲望があらわれるのは、もちろんまだ若いうちのことである。ただ想像力がだけが目覚めて個性を夢みていえ、その他の能力はすべてまだ安らかに眠っている。そういう想像力によって自己が見られると、個人は現実的な姿ではなく影でしかない、もっと適切にいうと、現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。それだから個人は、ただ一つの影を投げるだけでは満足できずに、そのどれもが自分に似ていてそのときそのときに自分自身である権利を平等にもっているようなさまざまな影を投げるのである。

> I´m thru with love - Diana Krall and Hollywood divas
> http://www.youtube.com/watch?v=ivF2ZTxV81Q&feature=mfu_in_order&list=UL
> しかしこの影の存在も満足を求める、それが自己の生を全うするだけの時を与えられなかったとしたら、それは人間にとってけっして好ましいことでない。しかしまた、個人が見当ちがいをして、影の存在のなかを迷いつづけながら生きつくしてしまったとしたら、それは哀れな、あるいは滑稽なことだ。そういう人間がそれでほんとうの人間であるなどと自惚れるなら、それはちょうど最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間が不死の要求をするのと同じように、まことに心もとないことだ。何事もそれぞれ適当な時におこなわれることが肝心なのだ。すべては若いときにその時をもっている、そして若いときにその時をもったことは、また後でその時を得るものだ。年長者にとって、その生涯のうちに、何か思い出して笑わずにいられぬような過去をもっているということは、何か涙をさそう過去をもっているのと同じように健康なことなのだ。

> "Who knows where the time goes" - Nina Simone
> http://www.youtube.com/watch?v=wZa3XsHA6UU&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=4
> 山里で明けても暮れても、うまずたゆまず同じ主題(テーマ)の風が奏でているのを聞いていると、ついそれに誘われて、しばしその不完全さを忘れ、人間の自由のたゆみなさと確かさを象徴するかに思われてうれしくなることがある。するとつい忘れられてしまうのだが、いまこの山々のあいだをおのが住み家として幾年も吹き渡っている風は、かつては行き暮れし旅人としてこの土地へきたのである、そして心を乱して荒れ狂いながら峡谷のあいだを突き分け、洞窟の中に突き入り、或るときは自分でもはっと驚いて跳び退くような金切り声を張り上げたかと思うと、或るときはわれわれから逃げ出したくなるようなうつろな吼え声を立て、或るときはどこからでてくるのか自分にもわからぬような嘆きの調べを奏でたかと思うと、或るときは風みずからが恐れをなしてこのあたりに足をとどめたものかどうかとしばし疑いためらうような底知れぬ不安の溜息を吐き、或るときはまた浮かれはしゃいで抒情的な囃し唄を歌い、こうしてついに自分の楽器に習熟してしまって、これらすべての共鳴音をメロディーにまとめあげ、それをいま明けても暮れても変わりなく奏でているのである。それと同じように、個人の可能性もそれみずからの可能性のなかをさまよい歩きながら、或るときはこの可能性を、また或るときはあの可能性を発見する。しかし個人の可能性は単に聞かれることを欲するばかりではない、それは風のように吹きすさぶばかりではなく、また形を成そうとするのだ、だからそれは聞かれると同時にまた見られることをも欲する。個人の可能性は、だからそのどれをとってみても、音を発する影である。この隠された個人は、悪意の小ざかしい囁きに耳をかさないと同じように、仰々しく喚きたてる感情を信じない、悲嘆のやるせない溜息を信じないが、また同じように、歓喜の極みに沸き立つ叫び声も信じない。個人はただ情熱をもって見そして聞こうと欲する、しかし、注意あれ、自己みずからを、なのだ。けれども、個人は自己みずからをほんとうに聞こうとは欲していないのだ。そんなことはできるものではない。それができれば、その瞬間に雄鶏が鳴く、そして薄明の姿どもは逃げ去り、夜の声は沈黙する。これら薄明の姿どもが踏みとどまっているかぎり、われわれはまったく別な領域に、一切のものが責任の気づかわしげな監視の目を浴びて不安を覚えながら行なわれるところに、つまり、悪魔的なものの国にいるのである。だから、ほんとうの自己の印象を受けずにいられるように、隠れた個人は、あの薄明の姿どものような、こだますることのない言葉のかすかなざわめきのような、かりそめのはかない環境を求める。このような環境が舞台なのだ。だからこそ、舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。

> Jon Hassell - Amsterdam Blue
> http://www.youtube.com/watch?v=dz40YrNBje4&feature=autoplay&list=QL&index=3&playnext=3
> わたしの忘れがたい保母よ、わたしの父の庭づたいに流れてゆく小川に住むなんじつかまえがたい水の精(ニンフ)よ、おまえはおまえ自身のことだけに心を使っていたけれど、それでもいつも子供の遊びに加わり遊び相手になってくれた!なんじ忠実なる慰安者よ、おまえは幾歳を経てなおおまえの無垢な純粋さを持ちつづけている。わたしがすでに老いさらばえてしまったのに、おまえはちっとも年をとってはいない。なんじ安らかな水の精(ニンフ)よ、人間に倦み、わたし自身に倦んで憩いのためにわたしが永遠を必要としたとき、悲嘆にくれてわたしが忘却のために永遠を必要としたとき、そのたびごとにいつもわたしはおまえのところに逃がれていった。人間たちが永遠を時間と同じようにせわしないものにし、時間よりももっと空恐ろしいものにしてわたしに拒もうとしたものを、おまえはわたしに拒まなかった。そういうとき、わたしはおまえの傍らに身を横たえ、わたし自身から逃がれて、頭上の広い広い蒼空へ消えていった、そして眠りをさそうおまえの囁きに、わたし自身を忘れたものだ!なんじ、わたしの幸福なる自己よ、わたしの父の庭づたいに流れゆく小川に住むなんじ足早の生よ、わたしは投げ捨てられた旅杖にも似た姿でおまえの傍らに身を横たえてはいたが、おまえの物悲しいせせらぎによって救われ解放されていたのだ!

She Was Too Good to Me
http://mp3.xalo.vn/bai-hat/chet-baker/she-was-too-good-to-me/6b6a58f
ある朝のこと、起き上がると珍しく気持ちが良かった。この快感は、比類を絶して、午前中ずうっとだんだん高まっていった。かっきり1時に、わたしは絶頂に達して、めまいがするほどの極限にいるのを感じた。それはもはや快感の測度計では、詩の温度計でさえも、表示されないほどの高度であった、体は地上的な重みを失っていた、体をもっていないかのようであった。あらゆる機能は満ち足りて働き、どの神経も自己自身に、また全体との調和に喜びを味わい、また一つ一つの脈拍は有機体全体を震動させて瞬間の快楽を思い出させ、それを感じさせるばかりだったから。わたしの歩みは漂うごとくであった、しかしそれは空気を切って地上を離れる鳥の飛翔とはちがって、稲穂の上を吹くわたる風の波、憧憬に酔える海のうねり、夢みる雲の滑走のごとくであった。わたし自身が海の深い底のように、ひとりを楽しむ夜の沈黙のように、反響(こだま)することのない独白にも似た真昼の静寂(しじま)のように、冴えわたっていた。あらゆる情緒が美しい調べを奏でて共鳴しながらわたしの魂の中でやすらいだ。想念は次々と湧き出てきた、あらゆる思想が、祝福の威儀をこらして、押しよせてきた、世にも愚かしい思いつきも、世にも豊かなイデーも。あらゆる印象は来る前にすでに予感されていた、だからそれはわたし自身のうちで目を覚ました。全人世がわたしに愛をかたむけているもののようであった、一切のものが、わたしの存在に触れて運命をはらみながら、打ち震えた。わたしのうちにあるすべてのものは前兆であった。そして一切のものが、わたしの小宇宙的な浄福のなかで、ふしぎに浄化されていた、その浄福がみずからのなかであらゆるものを、不愉快なことも、退屈きわまる人の言葉も、目に映る忌わしいものの姿も、どれほど宿命的ないさかいをも、浄化したのであった。さきにもいったが、かっきり1時に、わたしは最高潮に立っていた、わたしはそれが極限だと予感した。そのとき突然、わたしの一方の目が少しかゆくなりはじめた。それは睫毛だったか、それとも毛屑か塵だったか、わたしは知らない。しかしこの瞬間に、わたしが絶望のどん底にころび落ちたことだけは確かである。

> > わが沈黙の共犯者よ!名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。

> >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53726] なんじ、わたしの幸福なる自己よ、おまえの物悲しいせせらぎによって救われ解放されていたのだ!Re:[53719] 舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。Re:[53715] 最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間Re:[53712] 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。Re:[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/27(Thu) 18:18  

うのいつそANNEX−Ω   訪問者数:2324587(今日:380/昨日:510)2011/01/27(Thu) 17:43

> Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25

> 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。

> ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。

> 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。

> 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。

> 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。

> 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。

> 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。

> 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。

> 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。

> 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。

> 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。

> しかし、

> 反復を欲するには勇気が要る。

> 期待するしか欲しないものは卑怯である。

> 追憶をしか欲しないものは淫らである。

> しかし、

> 反復を欲するものは男である。

> そして、

> このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。

> ところが、

> 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。

> 思うに、

> 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。

> 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。

> ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。

> ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。

> 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。

> 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。

> 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。

> むしろ、

> 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。

> ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?

> Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26


> 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?

> 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?

> 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。

> これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。

> ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。

> そのようなことはすべて、

> わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。

> Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31

> 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだ・・・

>     わが古きゆり椅子に
>       立ち返りくる若き日の夢
>     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
>       汝(いまし)へのあこがれ絶えず

> ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。

> 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。

> それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。

> つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・

> Frank Sinatra - Only the Lonely
> http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59

> 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。

> あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。

> だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。

> 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。

> 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、

> だからつまり、

> 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。

> Kenny Rogers - Lady
> http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11

> 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。

> 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!

> Vera Lynn - As Time Goes By
> http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1

> わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。

> わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。

> It's Over-Gato Barbieri
> http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4

> 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。

> くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。

> 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。

> この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。

> 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。

> それはまた彼女として当然なことだった。

> 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。

> 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。

> せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。

> しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。

> だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。

> エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。

> Right Here Waiting - Richard Marx
> http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9

> わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。

> 娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。

> そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。

> 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。

> 女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。

> 恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。

> tell him... celine dion / barbra streisand
> http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM

> 「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」

> かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。

> 「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」

> 男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。

> 当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。

> インテレサントなものはけっして反復されないからである。

> インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

> インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

> 時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

> Diana Krall Love Is Where You Are
> http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=2

> 多少とも想像力をもった青年なら、一度は芝居の魔力にとらえられたことがあるにちがいない。あの人工的な現実のなかへ自分もともにまき込まれて、まるで二重人みたいに、そこでもうひとりの自分自身が動くのを見、語るのを聞き、自分自身を自分自身に可能なだけのあらゆる種類の人物に扮装させ、しかもそのどれもがまた一個の自己であるというふうであってみたいという願いをいだいたことがあるにちがいない。

> こういう欲望があらわれるのは、もちろんまだ若いうちのことである。

> ただ想像力がだけが目覚めて個性を夢みていえ、その他の能力はすべてまだ安らかに眠っている。そういう想像力によって自己が見られると、個人は現実的な姿ではなく影でしかない、もっと適切にいうと、

> 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。

> それだから個人は、ただ一つの影を投げるだけでは満足できずに、そのどれもが自分に似ていてそのときそのときに自分自身である権利を平等にもっているようなさまざまな影を投げるのである。

> I´m thru with love - Diana Krall and Hollywood divas
> http://www.youtube.com/watch?v=ivF2ZTxV81Q&feature=mfu_in_order&list=UL

> しかしこの影の存在も満足を求める、それが自己の生を全うするだけの時を与えられなかったとしたら、それは人間にとってけっして好ましいことでない。

> しかしまた、

> 個人が見当ちがいをして、影の存在のなかを迷いつづけながら生きつくしてしまったとしたら、それは哀れな、あるいは滑稽なことだ。

> そういう人間がそれでほんとうの人間であるなどと自惚れるなら、それはちょうど最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間が不死の要求をするのと同じように、まことに心もとないことだ。

> 何事もそれぞれ適当な時におこなわれることが肝心なのだ。

> すべては若いときにその時をもっている、そして若いときにその時をもったことは、また後でその時を得るものだ。

> 年長者にとって、その生涯のうちに、何か思い出して笑わずにいられぬような過去をもっているということは、何か涙をさそう過去をもっているのと同じように健康なことなのだ。

> "Who knows where the time goes" - Nina Simone
> http://www.youtube.com/watch?v=wZa3XsHA6UU&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=4
>
> 山里で明けても暮れても、うまずたゆまず同じ主題(テーマ)の風が奏でているのを聞いていると、ついそれに誘われて、しばしその不完全さを忘れ、人間の自由のたゆみなさと確かさを象徴するかに思われてうれしくなることがある。するとつい忘れられてしまうのだが、
>
> いまこの山々のあいだをおのが住み家として幾年も吹き渡っている風は、かつては行き暮れし旅人としてこの土地へきたのである、
>
> そして
>
> 心を乱して荒れ狂いながら峡谷のあいだを突き分け、洞窟の中に突き入り、或るときは自分でもはっと驚いて跳び退くような金切り声を張り上げ
>
> たかと思うと、或るときは
>
> われわれから逃げ出したくなるようなうつろな吼え声を立て、
>
> 或るときは
>
> どこからでてくるのか自分にもわからぬような嘆きの調べを奏で
>
> たかと思うと、或るときは風みずからが
>
> 恐れをなしてこのあたりに足をとどめたものかどうかとしばし疑いためらうような底知れぬ不安の溜息を吐き、
>
> 或るときは
>
> また浮かれはしゃいで抒情的な囃し唄を歌い、
>
> こうしてついに自分の楽器に習熟してしまって、これらすべての共鳴音をメロディーにまとめあげ、それをいま明けても暮れても変わりなく奏でているのである。
>
> それと同じように、
>
> 個人の可能性もそれみずからの可能性のなかをさまよい歩きながら、或るときはこの可能性を、また或るときはあの可能性を発見する。
>
> しかし
>
> 個人の可能性は単に聞かれることを欲するばかりではない、それは風のように吹きすさぶばかりではなく、また形を成そうとするのだ、
>
> だから
>
> それは聞かれると同時にまた見られることをも欲する。
>
> 個人の可能性は、だからそのどれをとってみても、音を発する影である。
>
> この隠された個人は、悪意の小ざかしい囁きに耳をかさないと同じように、仰々しく喚きたてる感情を信じない、悲嘆のやるせない溜息を信じない
>
> が、また同じように、歓喜の極みに沸き立つ叫び声も信じない。
>
> 個人はただ情熱をもって見そして聞こうと欲する、しかし、注意あれ、自己みずからを、なのだ。
>
> けれども、個人は自己みずからをほんとうに聞こうとは欲していないのだ。そんなことはできるものではない。それができれば、その瞬間に雄鶏が鳴く、そして薄明の姿どもは逃げ去り、夜の声は沈黙する。
>
> これら薄明の姿どもが踏みとどまっているかぎり、われわれはまったく別な領域に、一切のものが責任の気づかわしげな監視の目を浴びて不安を覚えながら行なわれるところに、つまり、悪魔的なものの国にいるのである。
>
> だから、ほんとうの自己の印象を受けずにいられるように、隠れた個人は、あの薄明の姿どものような、こだますることのない言葉のかすかなざわめきのような、かりそめのはかない環境を求める。このような環境が舞台なのだ。
>
> だからこそ、
>
> 舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。

Jon Hassell - Amsterdam Blue
http://www.youtube.com/watch?v=dz40YrNBje4&feature=autoplay&list=QL&index=3&playnext=3

わたしの忘れがたい保母よ、わたしの父の庭づたいに流れてゆく小川に住むなんじつかまえがたい水の精(ニンフ)よ、おまえはおまえ自身のことだけに心を使っていたけれど、それでもいつも子供の遊びに加わり遊び相手になってくれた!

なんじ忠実なる慰安者よ、おまえは幾歳を経てなおおまえの無垢な純粋さを持ちつづけている。わたしがすでに老いさらばえてしまったのに、おまえはちっとも年をとってはいない。

なんじ安らかな水の精(ニンフ)よ、人間に倦み、わたし自身に倦んで憩いのためにわたしが永遠を必要としたとき、悲嘆にくれてわたしが忘却のために永遠を必要としたとき、そのたびごとにいつもわたしはおまえのところに逃がれていった。人間たちが永遠を時間と同じようにせわしないものにし、時間よりももっと空恐ろしいものにしてわたしに拒もうとしたものを、おまえはわたしに拒まなかった。

そういうとき、わたしはおまえの傍らに身を横たえ、わたし自身から逃がれて、頭上の広い広い蒼空へ消えていった、そして眠りをさそうおまえの囁きに、わたし自身を忘れたものだ!

なんじ、わたしの幸福なる自己よ、わたしの父の庭づたいに流れゆく小川に住むなんじ足早の生よ、わたしは投げ捨てられた旅杖にも似た姿でおまえの傍らに身を横たえてはいたが、おまえの物悲しいせせらぎによって救われ解放されていたのだ!

> > わが沈黙の共犯者よ!

> > 名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。

> >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53725] 別れたその瞬間、風花が舞ってきたのです。Re:[53721] 冷や汗たらたらで峠を越えて・・・ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/27(Thu) 13:10  

うるせいなANNEX−Ω   訪問者数:2324445(今日:238/昨日:510)2011/01/27(Thu) 12:01

うるせいな?うむ。合点!

Rita Hayworth e Ava Gardner: a homenagem de Caetano Veloso
http://www.youtube.com/watch?v=-6cd8Jm78mM&feature=BF&list=QL&index=8

> るくつたくANNEX−Ω   訪問者数:2323911(今日:214/昨日:546)2011/01/26(Wed) 10:40
>
> RITA HAYWORTH: Mon coeur s´ouvre à ta Voix
> http://www.youtube.com/watch?v=_q6DPymqb8o&feature=BF&list=QL&index=9
>
> きのうのことをけふ書くと雌鳥がなくかだうかは知らぬが、きのうけふにかかわらず、あのクラブランちうもんは、まるで原始人の猿の習性まるだしのやうで、さういう猿まねをソレガシもするのか?ちう反省反復の思いの重い足で漕いでいけば、梵さんは紳士でやさしいから・・ちうような誤解もあらわれ、さういう誤解は必ずしも憎むべきもんでもなく、

きのうのこときのう書けば雄鶏もないたかもしれませんが、またまた、きのうのことをけふ書けば、いやさ、さきおとといのこともけふかけば、卵も孵るかもしれませんが、インフルエンザで虐殺されるかもしれませんね。

さきおととい、あれはこの壊疽した歯の最後の修理の日、保健ですと、保証期間が1年で、1年以内にまた同じ歯が不具合を起こしても修理できない、もしくは、歯医者は修理代をとれない、だから修理しない、ということらしいので、んったく、健康保険ちうもんもいろいろと国民を悩ませる抜け穴があることは、民間のマヤカシ保険と同じ構図ですが、さういう忙しいときにかぎって、魅力的な出来事が起こるもんで・・・

土手を走っている、もう、居て愚も、ではのうて、凍て雲のカワッペリで、誰も走っておらんその先から一台のロードバイクが・・・擦れ違いザマに、ウォー!ちうのんは、挨拶で、手が離せるときは手でも合図しますが、ともかくも、うぉ〜で通り過ぎ、橋にのぼって下りかけると、横にすっとついた、これが、−30歳ですか、クラブハウスに一緒にいかがですか?とありがたいお誘いで・・・あいにく、さきのお誘いのときも、歯の修理で、さきおとといも歯の修理、嗚呼、このクソバカ歯よ、はよ、なおれ!ちうても、順番ちうもんがあって、時が痛みを癒さんと神経の腐った穴を埋めるわけぬもまいらず、あっちの穴を掃除すればこっちの穴の穴のなかが疼くとか、歯神経の穴も一筋縄でのうて、幾重にも輻輳しちょるますけん、年末から新年にもちこし、輪をかけて歯垢がたっぷりたまっていれば痛みもせんが、うっすらと霜のかかったやうな歯垢は北風が沁みて歯が痛むわけで、その痛みの機作はわかっちょらんさうですが、ともかくもも、痛む、痛まぬやうにするには、歯に磨きをかけてぷかぷかふかしたタバコの脂光りがするほどにピカピカにするのが骨ですが、さうさう歯を磨いてばかりもおれんのんで、適当なところで、歯ブラシをまたヒップバックに差し込んで、そんで、ガストに四つのレストランがあって、その四つのレストランの使い分け方ちうインテレサントなタレントオバカ番組がその前の晩かにあって、橋の上で寒風に吹かれながら、その話をすると、−30歳はぜんぜんさういう番組はみないんださうで、でも、興味があります、と・・

あっても、時間があわなきゃあ、四つのガストもくそもねえわけで、同じ方向の峠をこえて並んで途中までご一緒でいくのかとおもえば、くるりと向きをかけて、また追っかけて来た橋上の道を逆戻りして、だうも五日市だか奥多摩だかの山と峠をこえてかえるのだとか・・誠に元気がよろしいー30歳。

さて、

きのうのけふは、15時過ぎに家をでて重たい足取りでゆけば、ま、せいぜいが39kmどまりで、まだ日没には時間があるからと、帰り道の河川敷のグランド、よく、陸上のトレーニングなんぞもしちょって、ランニングの若人の集団も見かければ、一周どれほどあるのか、距離計つきのC40で距離をはかりがてら、せいぜいが39kmをせめて40km台にはしておこうと、3周ほどして、1.1km/周でしたが、やれやれ、お子様お帰りのお時間を告げるチャイムと放送がグランドに流れた4時半に周回コースから離れて我が家への道に復帰すると、なぬやら遥か前方に小口径車らしきものにリュックを背負ったライダーがゆく。

もしや?とおもって追いついてゆけば、ふむ、ふむ、これは明らかにかの兄姫なり♪

ちうことで、抜かさずに併走、

こんばんは・・ああ、こんばんわあ、だれかと思ったわ・・

ストーカーと間違われなくてよかったわいね、

そんなあ、ラッキーですよ、ラッキー♪

こないだの道こっちでしたかしら?

こないだソレガシが案内した道を辿ろうとして間違えるところも、これまた愛嬌・・

あ、そうなの、2斤のパンだって、小さく切って冷凍しておけば少しづつ食べれるのにね♪

とおっしゃるもんですから、おもわず、ならば、クラブハウスで手作り料理を去年だか一昨年だかにご馳走になりっぱなしで、ちうこともありますからと・・

天然酵母パン2斤@198円+おまけによもぎ大福5個138円

を贈呈しても、とてもその大きさがリュックに収まらず、近いから手でもっていきますと、保健センターの角の交差点で別れたその瞬間、風花が舞ってきたのです。ー何歳かしらぬ。

> うちつづくおばさま、-7歳を筆頭に、-10歳、-12歳とうちつづくその行列もしょっちゅういっておらんば、どこの橋を渡ればええのんか、橋の端から遠望して、たすかに突き当たりにGSがあったはずなんぢゃが、遠望するにどこの橋にもGSがないのんで川を遡れば、まう絶対にここでは行き過ぎぢゃ!ちうところでUターンしてもどれば、なんちゅうこともなく、集合場所の橋のそのすぐ次の橋がそもそもの該当の橋であって、橋が二重になっておるんでGSが見えんかったのであるが、そのGS脇の坂を登ると古民家に煉瓦の竈をしつらえた屋敷で、特別室はすでに予約がへえっておって、それに5名様以上ぢゃなくんば予約も受け付けませんと、まあ、しゃあない一般的の、それでも出窓の棚に骨董の獅子頭なんぞを置きその横には満開の花々が花瓶に生けられこれが全部造花で多少埃まみれではるものの、天井の梁は太く黒く、障子を閉めた室内は暖房がよく効き、畳に置かれたテーブル椅子の造りも特別室の味わいには及ぶべくもないが、それなりにしっかりしたもので、出てくるスープも猫舌でも火傷をしないほどの適温に適量でそれに丸いスープスプーンをつっこんで飲むのは、都心のホテルならさもありなんであらうけれども、庭先の崖下に木々を眺め、川の水面こそ見えぬものの、かつては見えたあらうところも昨今のコンクリの堤防の壁が屹立しそれを望む井戸に水神様がまつられその丸石組の台座にタバコ盆をのせて一服でkるこの感興では、なぬもスープカップをまるごと口に運んだところで、なじる視線はどこにもなく、それぞれに好き勝手なナイフフォークスプーン箸を駆使して、サラダを頬張り、お誕生日のプレゼントだと取り出したサコッシュだかパンダナだかわからん風呂敷様のもんの模様が話題の中心で、あら、これ自転車の模様のフレームの形が一つひとつちがうわ、どこで買ったの?立川になかったからわざわざ都心の伊勢丹まででかけたのよ、ちうことでソレガシなんぞは割って入る余地もなく、関心のまなざしは○蹴りー太、ぬぬ?マルゲリータ、生ハムソーセージの窯焼きピザと魚介、茸のスパッゲティなんぞをー7歳が各位にとりわけ、それなりにピザの風味もスパゲッチの茹で具合もよろしく、さて、疎外されきったソレガシがクラブランの猿の本能めいた習性を言い出すと、最近クラブに入ったー7歳はさっそく厠に消え、−10歳は口を噤み、−12歳はもとよりさういう猿の習性を軽蔑しきっているからクラブにもはいらず相槌をうち、さうなのよね、猿の習性、と反復されると、オノガジシ猿めいた立場に怖気を催し、ま、去年はご馳走になったからと気前良く全員の分をソレガシが支払い、なぬごともなかったかのやうにまた猿の行列をつくって川を下るその風景、風景の点景の自分自身を自分自身がみているやうな冬の日差しと風の中、天然酵母パンの買出しにまいれば、うろうろするばかりでだれも買わず、やっとー7歳が買い込んで、やれやれ、これでつれてきた買いもあったか、とおもえば、カウンターでさっそく開封して、その2斤、誰もこんなにたくさんたべられませんと、さうさね、老母の介護、障害児の介護、天才と紙一重の秀才の介護で忙しい方々ですから、大家族がおるわけでもなく、大胃袋が坐しますわけでもなく、2斤を半斤に引きちぎって、ポリ袋にとりわけ、はい60円、はい50円と、−7歳からー10歳、−12歳の手に渡り、なるほどと感心しきりのなか、わけのわからぬソレガシの住まいのまわりの小学校中学校を下ってものわかりのいい多摩サイにでれば、−7歳がこの橋からぢゃ帰り道がわからないと・・・しゃあないのんで、案内がてら橋をわたって坂を登って、民家の仏蘭西料理屋の前にさしかかれば、こんどはここに来ましょう、ご相伴しますからと、冷や汗たらたらで峠を越えて・・・
>
> それにしても猿の習性、ことこまかに描写してもよろしゅうございますが、のちほどたっぷりとやるときもまいりませうほどに本日はここまで。
>
>

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53724] 嗚呼、いわなければすんだものを・・・・すまない。いわなければすむものをいってしまう、正反にしてその合もあるのですね。Re:[53723] こんばんは。Re:[53720] おはようございます。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/27(Thu) 11:34  

りはしとそANNEX−Ω   訪問者数:2324409(今日:202/昨日:510)2011/01/27(Thu) 10:49

Bono + the MDH Band - Never Let Me Go
http://www.youtube.com/watch?v=c0RX-DjfoDo&feature=BF&list=QL&index=29

> んはくかけANNEX−Ω   訪問者数:2324114(今日:417/昨日:546)2011/01/26(Wed) 19:08
>
> angel eyes
> http://www.youtube.com/watch?v=Qm0PKSSbt4w&feature=BF&list=QL&index=28
>
> さきの[53722] まえもって、閻魔様と最後の審判者さまの

閻魔様と最後の審判者さまの判断が分裂したら\\\

幽冥と娑婆のはざまで昼寝を決め込むにかぎる。

> ご配慮を賜りたくよろしくお願い申し上げます。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/26(Wed) 18:28 には音楽をつけわすれまして、失礼しますた。

舌先も指先も放っておけば勝手なこと喋りだす。

決して舌下の黙々は喋らない、喋れない。唯々黙々のみ。

閻魔様も最後の審判者さまもいったいどっちを正となし反となすのであらうか?

> > >このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。
> >
> > 梵さんはからかっておるな?
>
> べつにからかってはおりませんが、もしもさうみえるならさうかもしれません。

閻魔様も最後の審判者さまもべつにからかってはおりませんが、もしもさうみえるならさうかもしれません。

昼寝にかぎります。

よしなに決着をおつけ願いたく・・ぐうぐう♪

> インテレサントなものをキルケゴールくんが排斥したがっているからといって、なぬもそれを鵜呑みにする必要もないのではないでしょうか。

あのキルケゴール君は敬虔なクリスチャンで神をならぬ教会を冒涜して果たして、ああ、一切の資産への利息は悪徳として食むことなく元本を使い果たし使い尽きるときに命も使い果たし使い尽きたとか・・

で、君はどっちにいったのか?

それとも幽冥と娑婆のはざまでいまだに昼寝か?

> あらゆる記事も言説も己に垂らして照らしてよく咀嚼をしてみれば、その意味するところ、世の一般への意味はともかくも、己への意味こそが肝要でありますれば、そこを涵養すべきものかと・・

あれは、そもそもが、言葉と発生とともに発したお喋りなのだ。

だから

アンビバレンツなもの、正反するもの、あらゆる分裂と躁鬱が、あのメカニックにしてインテレサントな精神分析の手法以前の瞬間として凝縮しているのだ。

だから

かの、俺は勝たねばならないと、勝たねばならないと、俺は、俺はの連発のはてに命を失ったあの尾崎豊か、それとこキルケゴール扮するコンスタンチンが相手をしている青年のなかになんと似た絶叫があることであらうか。



> インテレサントはものは、人間の発生、体細胞の発生ではのうて、赤ん坊で生まれいでていろいろ学んでいくその途上でインテレサントなものを排除すれば赤ん坊は成長しません。ゆえにインテレサントなもの、インテレサントな態度、心持、方向性は、なぬも排除ばかりすべきものではなく、まことに世界を学習する基本的な態度でもあるのですから赤ん坊か成人か老年か瀕死の今わの際かにかかわらず必須なものではないでせうか。

win or lose

to be or not to be

勝つか負けるか、生きるか死ぬか。

さういう訳が蔓延してそれを鵜呑みにしたわけでもないんでせうが、勝ち負けの関わらず、得るもの失うものはあるわけであって・・

生きるか死ぬかも、存在するか存在しないか、得るか失うか・・

勝つこと、生きること、存在すること、すなわち、得ることであり、

逆に

負けること、死ぬこと、存在しないこと、すなわち、失うことである

というのは本当にさうなんであらうか?

> ただし、そのインテレサントな態度と、インテレサントなものは、諸刃の剣であることは、情報や知識や知恵のありゃうと同じことでありますれば、それをどういう風に使いこなすか、そこに智慧があるのですが、さういう意味で・・・
>
> からかうというよりは、
>
> 感覚の中枢へ打ち込む十字架、釘というよりは楔でせうね、

脳天に打ち込む十字架は釘ではありえぬ。

楔なのだ。

それは右脳と左脳を、正と反を、生と死を、存在と非存在を、得ることと失うことを、結びつける楔なのだ。

> ジャンヌ・エルシュ的に云えば。

ジャンヌ・エルシュはなぬものなこはしらんが、いいとこまでいってはおるが・・

だうようにキルケゴール扮するコンスタンチン君もええとこまではいっておるが・・

> > >「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。
> >
> > >全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」(ジャンヌ・エルシュ)
> >
> > 人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?これは悪い「反復」かな?
>
> だうなんでせうか。
>
> 侵略という行為は、国家、民族レベルだけでなく、人の一人ひとりの生き方も含めた歴史において、さういうことなんでせうか。

歴史の生ける心臓は瞬間のなかで鼓動することをやめない。

拒まれた永遠が、その瞬間のなかで時間を片時も休ませないのである。

ということを失念してはいけない。

畢竟

> 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」

国家や民族やそのたもろもろの概念も言葉も美や真理と同様に私自身ではない第三者にすぎない。

そのなかでひとはいったいなぬをしてきたのか?

侵略と殺戮だけか?

> > この本も探してみたが、またまたすでに古本になってしまった。これは高価。
> > この弱い脳みそで読めるかどうか?とりあえず保留とします。
>
> これも@33円のうちの1冊でしたが・・なぬもあまりにも真面目に購入することもないでせう。冒頭のサルトルの講演なんぞはさして感心するもんではありませんし・・・

すべてのことばを自分自身に還元しなければいけない。

それが、

言葉も行為も自分に還ってくるということ。

嗚呼、いわなければすんだものを・・・・すまない。

それがひとの業といってしまえばお釈迦さまで、おオシャカでせうが・・

いわなければすむものをいってしまう、正反にしてその合もあるのですね。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53723] こんばんは。Re:[53720] おはようございます。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/26(Wed) 19:33  

んはくかけANNEX−Ω   訪問者数:2324114(今日:417/昨日:546)2011/01/26(Wed) 19:08

angel eyes
http://www.youtube.com/watch?v=Qm0PKSSbt4w&feature=BF&list=QL&index=28

さきの[53722] まえもって、閻魔様と最後の審判者さまのご配慮を賜りたくよろしくお願い申し上げます。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/26(Wed) 18:28 には音楽をつけわすれまして、失礼しますた。

> >このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。
>
> 梵さんはからかっておるな?

べつにからかってはおりませんが、もしもさうみえるならさうかもしれません。

インテレサントなものをキルケゴールくんが排斥したがっているからといって、なぬもそれを鵜呑みにする必要もないのではないでしょうか。

あらゆる記事も言説も己に垂らして照らしてよく咀嚼をしてみれば、その意味するところ、世の一般への意味はともかくも、己への意味こそが肝要でありますれば、そこを涵養すべきものかと・・

インテレサントはものは、人間の発生、体細胞の発生ではのうて、赤ん坊で生まれいでていろいろ学んでいくその途上でインテレサントなものを排除すれば赤ん坊は成長しません。ゆえにインテレサントなもの、インテレサントな態度、心持、方向性は、なぬも排除ばかりすべきものではなく、まことに世界を学習する基本的な態度でもあるのですから赤ん坊か成人か老年か瀕死の今わの際かにかかわらず必須なものではないでせうか。

ただし、そのインテレサントな態度と、インテレサントなものは、諸刃の剣であることは、情報や知識や知恵のありゃうと同じことでありますれば、それをどういう風に使いこなすか、そこに智慧があるのですが、さういう意味で・・・

からかうというよりは、

感覚の中枢へ打ち込む十字架、釘というよりは楔でせうね、

ジャンヌ・エルシュ的に云えば。


> >「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。
>
> >全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」(ジャンヌ・エルシュ)
>
> 人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?これは悪い「反復」かな?

だうなんでせうか。

侵略という行為は、国家、民族レベルだけなく、人の一人ひとりの生き方も含めた歴史において、さういうことなんでせうか。

> この本も探してみたが、またまたすでに古本になってしまった。これは高価。
> この弱い脳みそで読めるかどうか?とりあえず保留とします。

これも@33円のうちの1冊でしたが・・なぬもあまりにも真面目に購入することもないでせう。冒頭のサルトルの講演なんぞはさして感心するもんではありませんし・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53722] まえもって、閻魔様と最後の審判者さまのご配慮を賜りたくよろしくお願い申し上げます。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/26(Wed) 18:28  

こらをちけANNEX−Ω   訪問者数:2324097(今日:400/昨日:546)2011/01/26(Wed) 17:58

写切る毛ゴールドももう生えすぎゆえ、髭をそって、足きりもして、幾許かの無駄毛とはいわんも、心臓の毛も剃刀をいれてみたあ、だうも、けふの写をやるには容量がタランやうな・・・いったいこれ以上、どこを削ぎ落とすか、いちいちの一回毎にまるごと殺いで、新たに始めるのんも、なんか、脈絡も不明になり、写も読も分裂に陥る懸念もあれば、なんとか脈絡をたもちつつ、かつ入れ物に入る切るやうに工夫をせんばいけんが、知恵が湧かんで、苦慮しちょるところです。

まだまた入れ込みたい節が多々あり、今からが華なんで、余興で終わってすまっては、すまん、ちう事態、誰にすまんか?自己にすまん、他己にすまん、希ガス万、ぬぬ、気がすまん。まあ、もともと、節々ごとに後で切り出して、なぬも鵜呑みにすることもねえのぢゃっけん、切る毛ゴールドにいちゃもんをつけてあげよ、とはおもってはおるもんの、まんだ、やりだすには早い、時期尚早どすけん、まうすこし我慢して相手の云うことも聞いて写して、ちうても、だうにも気に食わんもん、かの切る毛ゴールド君も多分にその毛がありますれば、だうも誰彼主題が入れ子に入れ子が輻輳錯綜しちょりますれば、適当にソレガシの趣味で入れ子を入れ替えたところもありますれば、かの髭もぢゃらで伸び放題の写切る毛ゴールドの金科玉条も、キルケゴールぢゃ!とは云いがたい箇所もありますれば、まことに真面目な読者が、新古本を取り寄せて、真面目に読み出すと、ちょっとバレバレになってしもうて、まあ、さういうこともあらうかと、あの煙くぢゃらの写の出典はあの記事の中には謳っていないわけでございます。

とはいえ、文章の骨組み、論理の骨組み、骨組みならず内臓も肉も一切いじっておらず、キルケゴールの味わいは、すくなくとも、その訳本の味わいは保たれておって、いじくったのは首の挿げ替えだけどすけん、ご安心ください。

この首の挿げ替えちうもんは、もともと、著者のキルケゴール君が、意図しておったものの、諸般の事情により、相手を傷つけるといかんちうことで、元意図の首を挿げ替えたもんのやうに見受けられ、このあたりはよくよく検討に検討を重ねれば、もっともっと首の挿げ替えをせんば、意味が通じぬ箇所も多ければ、それは今後の検討課題となしたく存じます。

ちうことで、かの毛剥くぢゃらの写切る毛ゴールドは、それなりのパロディちうばパロディでもあり、読み方ちうば読み方でありますれば、読者におかれましては、騙されたと死にいたる病に陥らんようにお願いもうしあげます。

もっとも、怖いのんは、世の中には、イロニーも、ユーモアも、パロディも解さず、わたしは真面目なんです、と一点張りで、諧謔も通じない向きもないではないのですから、裏切られた騙されたとひきこもられれば、ソレガシも痛く責任を痛感し、死にいたる病、閻魔様にも、最後の審判にも申し開きなんぞはお茶の子再々で、疚しくなくできることはできるのですが、なぬせ申し開くこと自体がまた他者を傷つけることになるやもしれず、死に切れずに苦慮するところどすので、まえもって、閻魔様と最後の審判者さまのご配慮を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53721] 冷や汗たらたらで峠を越えて・・・ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/26(Wed) 11:24  

るくつたくANNEX−Ω   訪問者数:2323911(今日:214/昨日:546)2011/01/26(Wed) 10:40

RITA HAYWORTH: Mon coeur s´ouvre à ta Voix
http://www.youtube.com/watch?v=_q6DPymqb8o&feature=BF&list=QL&index=9

きのうのことをけふ書くと雌鳥がなくかだうかは知らぬが、きのうけふにかかわらず、あのクラブランちうもんは、まるで原始人の猿の習性まるだしのやうで、さういう猿まねをソレガシもするのか?ちう反省反復の思いの重い足で漕いでいけば、梵さんは紳士でやさしいから・・ちうような誤解もあらわれ、さういう誤解は必ずしも憎むべきもんでもなく、うちつづくおばさま、-7歳を筆頭に、-10歳、-12歳とうちつづくその行列もしょっちゅういっておらんば、どこの橋を渡ればええのんか、橋の端から遠望して、たすかに突き当たりにGSがあったはずなんぢゃが、遠望するにどこの橋にもGSがないのんで川を遡れば、まう絶対にここでは行き過ぎぢゃ!ちうところでUターンしてもどれば、なんちゅうこともなく、集合場所の橋のそのすぐ次の橋がそもそもの該当の橋であって、橋が二重になっておるんでGSが見えんかったのであるが、そのGS脇の坂を登ると古民家に煉瓦の竈をしつらえた屋敷で、特別室はすでに予約がへえっておって、それに5名様以上ぢゃなくんば予約も受け付けませんと、まあ、しゃあない一般的の、それでも出窓の棚に骨董の獅子頭なんぞを置きその横には満開の花々が花瓶に生けられこれが全部造花で多少埃まみれではるものの、天井の梁は太く黒く、障子を閉めた室内は暖房がよく効き、畳に置かれたテーブル椅子の造りも特別室の味わいには及ぶべくもないが、それなりにしっかりしたもので、出てくるスープも猫舌でも火傷をしないほどの適温に適量でそれに丸いスープスプーンをつっこんで飲むのは、都心のホテルならさもありなんであらうけれども、庭先の崖下に木々を眺め、川の水面こそ見えぬものの、かつては見えたあらうところも昨今のコンクリの堤防の壁が屹立しそれを望む井戸に水神様がまつられその丸石組の台座にタバコ盆をのせて一服でkるこの感興では、なぬもスープカップをまるごと口に運んだところで、なじる視線はどこにもなく、それぞれに好き勝手なナイフフォークスプーン箸を駆使して、サラダを頬張り、お誕生日のプレゼントだと取り出したサコッシュだかパンダナだかわからん風呂敷様のもんの模様が話題の中心で、あら、これ自転車の模様のフレームの形が一つひとつちがうわ、どこで買ったの?立川になかったからわざわざ都心の伊勢丹まででかけたのよ、ちうことでソレガシなんぞは割って入る余地もなく、関心のまなざしは○蹴りー太、ぬぬ?マルゲリータ、生ハムソーセージの窯焼きピザと魚介、茸のスパッゲティなんぞをー7歳が各位にとりわけ、それなりにピザの風味もスパゲッチの茹で具合もよろしく、さて、疎外されきったソレガシがクラブランの猿の本能めいた習性を言い出すと、最近クラブに入ったー7歳はさっそく厠に消え、−10歳は口を噤み、−12歳はもとよりさういう猿の習性を軽蔑しきっているからクラブにもはいらず相槌をうち、さうなのよね、猿の習性、と反復されると、オノガジシ猿めいた立場に怖気を催し、ま、去年はご馳走になったからと気前良く全員の分をソレガシが支払い、なぬごともなかったかのやうにまた猿の行列をつくって川を下るその風景、風景の点景の自分自身を自分自身がみているやうな冬の日差しと風の中、天然酵母パンの買出しにまいれば、うろうろするばかりでだれも買わず、やっとー7歳が買い込んで、やれやれ、これでつれてきた買いもあったか、とおもえば、カウンターでさっそく開封して、その2斤、誰もこんなにたくさんたべられませんと、さうさね、老母の介護、障害児の介護、天才と紙一重の秀才の介護で忙しい方々ですから、大家族がおるわけでもなく、大胃袋が坐しますわけでもなく、2斤を半斤に引きちぎって、ポリ袋にとりわけ、はい60円、はい50円と、−7歳からー10歳、−12歳の手に渡り、なるほどと感心しきりのなか、わけのわからぬソレガシの住まいのまわりの小学校中学校を下ってものわかりのいい多摩サイにでれば、−7歳がこの橋からぢゃ帰り道がわからないと・・・しゃあないのんで、案内がてら橋をわたって坂を登って、民家の仏蘭西料理屋の前にさしかかれば、こんどはここに来ましょう、ご相伴しますからと、冷や汗たらたらで峠を越えて・・・

それにしても猿の習性、ことこまかに描写してもよろしゅうございますが、のちほどたっぷりとやるときもまいりませうほどに本日はここまで。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53720] おはようございます。 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/26(Wed) 10:51  

>このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。

梵さんはからかっておるな?

>「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。

>全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」(ジャンヌ・エルシュ)

人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?これは悪い「反復」かな?

この本も探してみたが、またまたすでに古本になってしまった。これは高価。
この弱い脳みそで読めるかどうか?とりあえず保留とします。


[53719] 舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。Re:[53715] 最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間Re:[53712] 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。Re:[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/25(Tue) 10:05  

ろさたるにANNEX−Ω   訪問者数:2323333(今日:182/昨日:423)2011/01/25(Tue) 08:59

> Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25

> 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。

> ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。

> 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。

> 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。

> 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。

> 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。

> 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。

> 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。

> 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。

> 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。

> 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。

> しかし、

> 反復を欲するには勇気が要る。

> 期待するしか欲しないものは卑怯である。

> 追憶をしか欲しないものは淫らである。

> しかし、

> 反復を欲するものは男である。

> そして、

> このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。

> ところが、

> 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。

> 思うに、

> 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。

> 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。

> ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。

> ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。

> 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。

> 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。

> 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。

> むしろ、

> 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。

> ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?

> Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26


> 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?

> 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?

> 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。

> これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。

> ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。

> そのようなことはすべて、

> わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。

> Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31

> 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだ・・・

>     わが古きゆり椅子に
>       立ち返りくる若き日の夢
>     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
>       汝(いまし)へのあこがれ絶えず

> ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。

> 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。

> それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。

> つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・

> Frank Sinatra - Only the Lonely
> http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59

> 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。

> あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。

> だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。

> 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。

> 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、

> だからつまり、

> 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。

> Kenny Rogers - Lady
> http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11

> 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。

> 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!

> Vera Lynn - As Time Goes By
> http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1

> わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。

> わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。

> It's Over-Gato Barbieri
> http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4

> 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。

> くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。

> 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。

> この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。

> 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。

> それはまた彼女として当然なことだった。

> 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。

> 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。

> せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。

> しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。

> だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。

> エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。

> Right Here Waiting - Richard Marx
> http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9

> わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。

> 娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。

> そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。

> 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。

> 女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。

> 恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。

> tell him... celine dion / barbra streisand
> http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM

> 「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」

> かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。

> 「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」

> 男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。

> 当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。

> インテレサントなものはけっして反復されないからである。

> インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

> インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

> 時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

> Diana Krall Love Is Where You Are
> http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=2

> 多少とも想像力をもった青年なら、一度は芝居の魔力にとらえられたことがあるにちがいない。あの人工的な現実のなかへ自分もともにまき込まれて、まるで二重人みたいに、そこでもうひとりの自分自身が動くのを見、語るのを聞き、自分自身を自分自身に可能なだけのあらゆる種類の人物に扮装させ、しかもそのどれもがまた一個の自己であるというふうであってみたいという願いをいだいたことがあるにちがいない。

> こういう欲望があらわれるのは、もちろんまだ若いうちのことである。

> ただ想像力がだけが目覚めて個性を夢みていえ、その他の能力はすべてまだ安らかに眠っている。そういう想像力によって自己が見られると、個人は現実的な姿ではなく影でしかない、もっと適切にいうと、

> 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。

> それだから個人は、ただ一つの影を投げるだけでは満足できずに、そのどれもが自分に似ていてそのときそのときに自分自身である権利を平等にもっているようなさまざまな影を投げるのである。

> I´m thru with love - Diana Krall and Hollywood divas
> http://www.youtube.com/watch?v=ivF2ZTxV81Q&feature=mfu_in_order&list=UL

> しかしこの影の存在も満足を求める、それが自己の生を全うするだけの時を与えられなかったとしたら、それは人間にとってけっして好ましいことでない。

> しかしまた、

> 個人が見当ちがいをして、影の存在のなかを迷いつづけながら生きつくしてしまったとしたら、それは哀れな、あるいは滑稽なことだ。

> そういう人間がそれでほんとうの人間であるなどと自惚れるなら、それはちょうど最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間が不死の要求をするのと同じように、まことに心もとないことだ。

> 何事もそれぞれ適当な時におこなわれることが肝心なのだ。

> すべては若いときにその時をもっている、そして若いときにその時をもったことは、また後でその時を得るものだ。

> 年長者にとって、その生涯のうちに、何か思い出して笑わずにいられぬような過去をもっているということは、何か涙をさそう過去をもっているのと同じように健康なことなのだ。

"Who knows where the time goes" - Nina Simone
http://www.youtube.com/watch?v=wZa3XsHA6UU&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=4

山里で明けても暮れても、うまずたゆまず同じ主題(テーマ)の風が奏でているのを聞いていると、ついそれに誘われて、しばしその不完全さを忘れ、人間の自由のたゆみなさと確かさを象徴するかに思われてうれしくなることがある。するとつい忘れられてしまうのだが、

いまこの山々のあいだをおのが住み家として幾年も吹き渡っている風は、かつては行き暮れし旅人としてこの土地へきたのである、

そして

心を乱して荒れ狂いながら峡谷のあいだを突き分け、洞窟の中に突き入り、或るときは自分でもはっと驚いて跳び退くような金切り声を張り上げ

たかと思うと、或るときは

われわれから逃げ出したくなるようなうつろな吼え声を立て、

或るときは

どこからでてくるのか自分にもわからぬような嘆きの調べを奏で

たかと思うと、或るときは風みずからが

恐れをなしてこのあたりに足をとどめたものかどうかとしばし疑いためらうような底知れぬ不安の溜息を吐き、

或るときは

また浮かれはしゃいで抒情的な囃し唄を歌い、

こうしてついに自分の楽器に習熟してしまって、これらすべての共鳴音をメロディーにまとめあげ、それをいま明けても暮れても変わりなく奏でているのである。

それと同じように、

個人の可能性もそれみずからの可能性のなかをさまよい歩きながら、或るときはこの可能性を、また或るときはあの可能性を発見する。

しかし

個人の可能性は単に聞かれることを欲するばかりではない、それは風のように吹きすさぶばかりではなく、また形を成そうとするのだ、

だから

それは聞かれると同時にまた見られることをも欲する。

個人の可能性は、だからそのどれをとってみても、音を発する影である。

この隠された個人は、悪意の小ざかしい囁きに耳をかさないと同じように、仰々しく喚きたてる感情を信じない、悲嘆のやるせない溜息を信じない

が、また同じように、歓喜の極みに沸き立つ叫び声も信じない。

個人はただ情熱をもって見そして聞こうと欲する、しかし、注意あれ、自己みずからを、なのだ。

けれども、個人は自己みずからをほんとうに聞こうとは欲していないのだ。そんなことはできるものではない。それができれば、その瞬間に雄鶏が鳴く、そして薄明の姿どもは逃げ去り、夜の声は沈黙する。

これら薄明の姿どもが踏みとどまっているかぎり、われわれはまったく別な領域に、一切のものが責任の気づかわしげな監視の目を浴びて不安を覚えながら行なわれるところに、つまり、悪魔的なものの国にいるのである。

だから、ほんとうの自己の印象を受けずにいられるように、隠れた個人は、あの薄明の姿どものような、こだますることのない言葉のかすかなざわめきのような、かりそめのはかない環境を求める。このような環境が舞台なのだ。

だからこそ、

舞台は隠れた個人の影絵芝居にふさわしい。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53718] あたまの中で身をもってよくほぐしてかかりませんと、喉にツッカエ、脳にツッカエ、脳梗塞になりますれば、ご注意あれかし。Re:[53716] [53714] 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」Re:[53713] インテレサント 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/25(Tue) 08:13  

あわあれほANNEX−Ω   訪問者数:2323277(今日:126/昨日:423)2011/01/25(Tue) 05:58

ゆんべは珍しく小雨雪催で、道行くクルマの轍音もどこかしっとりとしていたが、その余響か、けさも寒暁のあかつきは堪能できそうもなく、どんよりとした雲に覆われた空全体がメリハリ無く明るんでいくんでせうね。

> > Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker
> > http://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=33
>
> いつもユーチュブの音楽が添付されているけれど、引用文にふさわしいものを選んでいるのですか?なかなかよき趣向なり。

いつもいろいろありがたう。

自分で自分を見つめる自己のまなざしだけでは、ナルシズムも欲求不満に陥り、己がまなざしの映っている水面の中へドボンとなるのがオチででもありますれば、やはりそこは、他者のまなざしも必要にしてありがたいわけでありまして、身をもって相対すればそこには確かに他者のまなざしがある、それが憧れであらうが、蔑みであらうが、あるいは畏れであらうが、あるいは誘惑であらうが・・はたまた無関心であらうが・・相対する人間、文字通り人と人との間、それも、身と身の間のまなざしにおいてその意味を直感的に感覚できるものですが、かういう仮想空間、ま、仮想ともいえぬ、実相ではありませうが、身を伴わぬ空間、指先と眼で言語だけを繰る空間においては、まなざしをキャッチできぬわけであrまして、そこはいかなる反応にせい、読者である他者の反応、はたまた、反応もひとつの行為でありますれば、さういう行為、出来事においてのみ、それが他者ではのうて自己でもありうるのですが、そういう瞬間においてのみ、ドボンを回避し、自己が自己たる己が身を回復するわけですから、ありがたいことです。

さて、つけあわせの音楽のこと。

だうもやりだすと、はりきりすぎで、盛りだくさんで、食いすぎの気があるのと同様に、しっつこくなっていけませんが、ま、これも性分でせうから、おゆるしあれ。



:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

> わちたてせANNEX−Ω   訪問者数:2318813(今日:566/昨日:529)2011/01/15(Sat) 22:14
>
> I'm Fool To Want You Frank Sinatra Ava Gardner
> http://www.youtube.com/watch?v=6PpcrssGBdw&feature=BF&list=QL&index=78
>
> まことに寒いですね。けふも100km丁度ですが、午前中は余りに寒く汗に濡れた頭のタオルを換えるためにそれから外食は金食い虫ですから、天然酵母の食パン2斤から1斤を一気にちぎってこれにたっぷり鶏卵を含ませ牛乳も含ませ、人間のやることはなんて残酷なのだらうとは思うものの、これに蜂蜜を垂らして頬張れば天国で、午前中のメルクスSLX63kmだけではなんぼなんでも寂しいのんで、自転車をMOSERデダゼロ前も後もクロムでピカピカに銀シャマをはいたもんに乗り換え、ちうのんも、これはツークリップで靴も風がすかすかするビンディングシューズ、これで午前中は足の指が霜焼けになりましたから、ピューマのウォーターシューズ、これはつま先がプラスチックで風が入りませんのんで、それに履き換えて100−63=37kmちう計算は距離計がなくとも、もうkm刻みでわかっている道なら、どこでUターンすればええか、日没の夕焼けは寒曇天で望むべくもありませんが、日没ごろには兄姫に後から声を掛けられることもあったれば、ま、それはともかくとしても、寒風を突き抜けてきて、ど熱いキムチ鍋とか、ま、毎日同じ反復で、さうさう女ちうもんは、ずっと若くてもずっと年上にみえる、ちうことはどっかこわい貫禄なのですね美人の、男なんて幼稚よ、とやられそうで、この Ava Gardnerだって、よほどFrank Sinatraよりマチュアな女に見えるし、実際このFrank Sinatraの幼稚な写真ではAva Gardnerに完全に貫禄負けで、ま、せがんでも離婚はまぬがれえないちうのんは、ま、幼稚な男の運命としては甘んじるよりしょうがないのかもしれませんが、この幼稚な若いFrank Sinatraが老いてメローになった味わいをもし Ava Gardnerがいきておって味わえば、きっとこの名曲も甘ったるくヒットしなかったかもしれませんね。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

かういう曲はつきすぎかもしれないし、いい趣味とはいいがたいかもしれませんね。

畢竟、どういう曲を選ぶのか、だういう音楽をえらぶのか、ある出来事、ある瞬間においていいとめること、あるいはうつしとること、そのとりあわせというのは、まことに俳句におけるとりあわせと同様に、つきすぎでも離れすぎでもいけない、ああ、べつにいけなくはないでせうが、あるものとあるものがあるときあるところでとりあわされた、その差配はとりあわす自己のなせる業でせうが、さわいえ、さういう邂逅は己のなしうる業ではない、これは言葉と言葉、人と人、言葉と人、などなどのあらゆる局面でそれこそ、さきの瞬間の哲学的にいえば、一句になす、なるのも、製版業、ぬぬ、ならぬ、正反合、つまりひらたくいえば弁証法であって、この弁証法という概念は、これまた、かの学生運動なんぞでさんざん聞かされあの青臭い生煮えの焼いても食えない連中のたぬきくささゆえに、いやな言葉ぢゃちう印象も免れず、永年弁証法ちうことばを忌諱すておったのどすが、やうは、されを青臭く言葉の皮相と論理に頽落して、あれこれとそんなもんは弁証法ぢゃねえとか、かんとか、やりだす頽落たぬき諸君の弁証法はさておいておいても、単純明快に正反合ちう、世の身のありようの反映は、まさに、言葉であり、俳句であり、記事であり、行為であり、瞬間である、さういうものとして、言葉と音楽をとりあわせる、その曲をまた出来事や記事ととりあわせる、それによって、正と反との相容れぬ相対したもんが、それぞれ思いもしない豊潤さを醸すこともあれば、生も反も死んでしまうということもありますれば、もっとひらたくいえば、あの、会席料理の解析で、器と料理、料理と料理、料理と酒、酒と♀♂、そこで酌み交わされる会話の味わいにもにたものがあるのではないでせうか。

さういうところで、独り宴席の隅で、あるいは中央で、アバガードナーに振られたとフランクシナトラが歌って、ふられたとはいえ、そのふられかたも出来事のありようも様々であるからして、相思相愛の別れもあるでせうし、同様の歌手仲間、俳優女優仲間とのすったもんだもあるかもしれませんし、さういう出来事の一回性、それが手を変え品を変え繰り返される反復であったにしても、その瞬間をいかに捉えるか、これには、芭蕉もトルストイも意を砕いたところですが、なべて人間の行為、言葉も音楽もそのひとつではありませうが、それが、かの「全面的な約束や目的にについての詐称された知」へ頽落しきった菅くんやあの反吐を催す与謝野のよさねえ猿芝居に象徴されるように、食えぬ、食中毒めいたもんから、かのナルシストの権化の魯山人までろいろな景色、さういうもんは野次馬対象としてさておいておいても、問題は自己に関わる景色、さう、かのフーコーもいっている、こらいのギリシャでもいわれつづけられた自己への関心、その関心は、他己と自己との関係の風景、関心でもあるわけで、さういう風景が、嗚呼、朝日が昇ってきましたね、7時ちょっとまになって・・・さういう風景がいかに展開でけるか?

宴席でもなくたかが一個の掲示板、それもソレガシは軒下を借りて母屋を乗っ取ったわけでもないのですが、軒下でぶつくさいっている、母屋の操作室、指令所、監視塔にいるわけぢゃありませんけん、そこに出入りするもろもろもみえない、いわばめくらの状態でも、めくらであるからこそ良く見える景色もありますれば、いやさ、めくらであるからこそ煩わされないおいうこともありますれば、やっぱす棲むべきはストレス多き母屋ならぬ軒下に限る、かの、時代劇でもあるでせう、部屋住みの浪人なればこその自由が・・・

つうことで、あ、さうさう、思い出したのですが、ジャンヌ・エルシュ嬢の言葉の「詐称された知」もなぬか、むっかしここらへんから摩周湖あたりへいってドボンしてしまった「知の虚構」のはんなさんちう京都の娘さんも思い出しますが、幽霊で化けて出るのんは、まことに大菩薩峠なもの物語のおばさんになって、嗚呼、大菩薩峠も読み継がねばならん、ドンキホーテは牛島の訳がよいと、過日自転車仲間の早稲田で西班牙文学の教鞭をとっちょるもんがいってましたが、ドンキホーテデラマンチャもららねばならんし、それらをなべて、くくるとした、ここちゃらの記事と音楽、豆腐と蜂蜜、食パンと切り餅、インテレサントな米のカステラを含めて一揆通観すれば・・

出来事にしてその瞬間

にこだわっているんでせうね。フランクシナトラの凡庸なる歌謡が多々流れる中で、ある一群の歌謡は、やはり聴かせるもんがあって、I'm Fool To Want You Frank Sinatra Ava Gardnerなんちうもんは、その甘さの過剰を補って余りある出来事と瞬間の感動をつたえていますね。

同様に・・・

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

> Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26


> 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?

> 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?

> 神みずからが反復を望まれたのでなかったら、世界はけっして生成しなかったであろう。神は期待するままに絶えず新しい計画を立ててゆくか、それとも、万物をもとへ呼び戻して、追憶のなかに保存するかしたことであろう。しかし、神はそうしなかった、だから世界はこうして存立しているのだ、しかも、それは反復であることによって存立しているのである。

> 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。

> これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。

> ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。

> そのようなことはすべて、

> わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

この Edyta Gorniak - Hello だって、一聞しただけでその迫力に打たれてしまう。

あとでよくよくみてみれば、なんだか、離婚直後の歌唱であったよし、やはりその出来事と瞬間が一曲の歌唱に命を与えていればこそ、同じ曲でも凡庸なる歌唱があふれているなかでは、やはり一頭知を抜いて輝いている。

さわいえ、生来的に歌唱力があって、演技力があって、表現力のあるもんもおりますれば・・たとえば、らーらふぁびあんとか、しゃあり〜ほ〜んとか、一概に言えぬのでありまするが、さいう面々においては、やはり出来事、瞬間への共感力が人一倍高いから、身につまされた歌唱力もあるんでせうね。

> > ご参考までに引用の書;
> >
> > 岩波文庫 33−635−1 反復 キルケゴール著 桝田啓三郎訳 1983年第26刷改訳
> >
> > の註を記しておきます。
> >
> > > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> > >
> > > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> > >
> > > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> > >
> > > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> > >
> > > ここを特記しておこう。

このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。

> > > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
> >
> > 40−14「おもしろい」と訳したインテレサントは、語原からみて
> >
> > 「ひとの興味、共感、注意を呼びおこすような性質をもった」ということ、
> >
> > そこから
> >
> > 「興味をひく、好奇心をそそる、おもしろい」
> >
> > などの意味に用いられる。
> >
> > 41−2
> >
> > 前註の形容詞を名詞化したものであるが、この語は、1830年ごろから2,30年のあいだ、美学上の流行語として、特殊な意味に用いられた。「ひとの注意ないし興味をひこうとする」という原意から派生してくる特徴的な含意を訳者なりにまとめてみると次の三つになる。
> >
> > 一、ひとの関心をひいて注意を喚起し、興味をおぼえさせるようなものは、「普通と違って目立つ」ということ。
> >
> > 二、そういう異常なものは、自然でなく、どことなく不自然で、わざとらしくて技巧的であること、例えば女性の媚態。
> >
> > 三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。
> >
> > およそこのような三つの含意をもつと思われるが、これらの含意をあらわす適当な訳語が訳者の貧弱な語彙の中に見当たらぬので原語のまま仮名書きであらわした。
> >
> > 「インテレサントなもの」は右のようなものとしてドイツ・ロマン主義の文学者フリートリヒ・シュレーゲルによって、近代文学を特徴づける概念として初めて用いられて普及し、デンマークにも輸入されて、現代的な特徴をあらわす文学、美学上の流行語となったのである。『誘惑者の日記』では、そのライトモティーフとして用いられている。
> >
> > なお、この語はもう一つ別の重要な意味をもっていて、そういう意味で用いられる場合がある(45−9、45−11参照)
> >
> > 1844年の日記に次の文章がある。
> >
> > 「反復は一つの宗教的な範疇であり、どこまでもそうである。それだからコンスタンチン・コンスタンチウスはあれ以上先へ進むことができない。彼は賢明で、アイロニストであり、インテレサントなものを排斥する。しかし彼みずからがあくまでもそれにへばりついたままでいるのだということに気づかない。
> >
> > インテレサントなものの第一の形式は、目先の変化を好むことであり、もう一つの形式は反復を欲することである。
> >
> > けれどもそれも自己満足の範囲を出ず、そこにはなんらの苦難というものがない、−−−−だからコンスタンチンは彼みずから発見したものに座礁する、そして青年はその先へ前進する」
> >
> > 45−9・・・・・「関心」と訳した原語はInteresseで、interessantとつながりがある。コンスタンチンが「反復」のイデーを発見しそれを欲しながら、それが中心をそれたインテレサントなものの範疇を出ないのためにそれに座礁するように、形而上学も反復を欲し・・・それに座礁する。
> >
> > 45−11・・・・ここで「関心」といわれているInteresseは二つのものの「間に」inter,zwischen,between「ある」esse,sein,beという意味と、あることに「心を関わらせている」あるいは、あることを「問題としている」という「関心」の二義をもっている。
> >
> > 例えば、『』死にいたる病」の冒頭で
> >
> > 「人間は無限性と有限性との、時間的なものと永遠なものと間の、自由と必然との総合」
> >
> > であるといわれている、それら二つの矛盾するものの「間にある」「関係」が前者のInteresseであるという、人間の本質的な規定であり、人間はそのように矛盾する二つのものの間にあるがゆえに、その矛盾の関係にある自分自身に、無限の関心をもたざるをえないのである。

ここにこの軒下風来坊が生息する母屋のプロジェクトであった、「ハンセン病文学全集」の意義も活き活きとあるのですね。

それは、一つの出来事であって、瞬間である。

このことは、なぬも、ハンセン病に罹患してさまざまな体験をした人々ばかりでなく、そこに関わった人々、さらにプロジェクト的にいえば、出版人、編集者、それらの人々の一々の出来事と瞬間が凝縮さて、一個の「ハンセン病文学全集」なるものとして形があらわれたわけであって、それが、出版社の集まりの梓会の賞を受賞するのも、まことにかくあらむ、ちうことですね。

愛矛盾するその愛ちうことありやうというのも、まぬも弁証法がうんぬんかんぬんちう小うるさいことをいわんでも、まことにわれわれの接する風景のどこにでもある、それが外部であらうが、内部であらうが、そもそもその内と外との正反合、愛矛盾する愛、身をもって身がその矛盾を止揚する身、ちうと、男と女、ああ、失礼!女と男、凸凹か凹凸かは、いったいなぬを正となし、反となすかで、決まるのですから、その誰?ちう誰が凸であるか凹であるか、まことに誰かであることによって、その相反するものも逆転しますが、合にいたれば逆転のしようもない、それでも、その合を、あたかも対象のやうに、もののように捕らえてしまえば、ちうことは、かの英語の表現にある・・・

MAKE LOVE

このLOVEは、もう行為としてはなく名詞として対象化されたLOVEですから、ソレガシなんぞも首をかしげた、SHAREなんちうことも謳われているわけで、最近シェアーハウスちうのんがまた復活して流行りだしているようで、かういうシェアハウス的な愛、あるいはシェアホルダーが非公開にせよ公開にせよわんさかいる会社、さういうLOVEの形式もあるからこそ、LOVEも名詞化してしまうんでせうが、本来的には、出来事であり、瞬間である、それが、あたかも、かの環境問題でいわれるところの・・

さす亭なぶる、さすってなぶる”sustainable development”

ですか、こも、まあ、ジャンヌ・エルシュ嬢の

「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。

全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」

に外套でせうね。

ま、世の中にはかくかくさようにかなり良心的にみえる標語においても、その欺瞞性と詐称が、またさういうもんに淫し、頽落しどたぬきジャーナリズム的どたぬき学者、どたぬき知識人諸君、そのなかにはもちろん、かのさすってなぶるサステイナブル中村圭子女史らもいるのでせうが、さいうもんは、すぐに尻尾をだしますから、だういう尻尾かちうと、いうことがつまらん、まことに可笑しい狆くん=大岡信くん的尻尾が、これ、詩歌俳句、科学、思想、哲学、政治に限らず、核使用も、ああ、隠し用意も無く、各仕様も無く、うむ、隠しようもなく、あらわに露出されちょる、その不気味にして醜悪なる露出の風景もナルシズム的な自己宣伝においては、美しいわけであって、真実なわけであって、誰、今、此処が、失われた詐称の世界においては、いかなる醜悪なる知の虚構も、たぬきどもの標語やその美しい提灯持ちとしてまかり通るわけですね。

> > 「実存者にとっては、実存することが最大の関心である」
> >
> > と言われるのもこの意味においてである。
> >
> > これに反して
> >
> > 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」
> >
> > と言われる。形而上学はこれであって、だから、それはもともと無関心なのであるから関心しているようでもそれは真の関心ではなく、真の関心があらわれるところでは挫折せざるをえないわけある。・・・・

形而上学のなんたるや、地球環境のなんたるや、生物学のなんたるや、だうでもええこととだうでもよくないことのはざまでいきるこのざま!

> 長い写訳注をありがとうございました。
> その本をアマゾンで探しましたが、新本はありませんでした。古本の「新品同様」とやらを注文したら、送料(古本は送料をとるんだった。)込みで、2冊分の値段になった。それもまぁいいっか。交通費だと思えば。

ちゃりんこめぐりで、倍チャンス、ぬぬ、BY CHANCEでめぐり合った、邂逅したもんだけを買ってかえれば、3冊/100円=@33円です。

> ではゆっくりと本を待って、ゆっくりと読んでゆきます。

本書は本記事のやうに、行間にふくみをもたせて書いていませんから、あたかも、ソレガシのいらぬゴミがみっしり句読点もなくつづくやうな段落もまれな言葉の塊でですから、あたまの中で身をもってよくほぐしてかかりませんと、喉にツッカエ、脳にツッカエ、脳梗塞になりますれば、ご注意あれかし。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53717] どの道もどこへも通じない。十字架は、あたかも感覚の中枢へ打ちこまれた一本の釘のようである。Re:[53714] 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」Re:[53713] インテレサント 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/24(Mon) 11:10  

うこおてらANNEX−Ω   訪問者数:2322904(今日:176/昨日:498)2011/01/24(Mon) 09:57

凍ってら。かうかう寒い、雲で覆われ日差しもない巷を駆けて壊疽した歯の修理にむかうのも気が重い。最近は新しい知恵もわいて天然酵母パンを餅と一緒にトーストして、パンに餅をはさんで食べる、過日は一枚の分厚いトースト、これが甘みがあるのですが、それに膨れて皮が焦げ中空の風船になったやうな餅を6枚ものせて頬張ったら、これがなかなかにボリュームがあってよろしい。そこになぬもくわえず、ひたすらパンと餅のとりあわせを味わうのもよし、はたまた、バターを盛り込むのもよし、昆布醤油を垂らすもよし、ブルーチーズもジャムもよし、千変万化の味わいがあり腹も膨れる。

お試しあれ。パンも餅もさして高くはない。

CAFE DEL MAR - 4 - STAN GETZ - STREET TATTOO
http://www.youtube.com/watch?v=DUrCi4EwRMk&feature=BF&list=ULXdpDtobn9ZU&index=10

> をわてそよANNEX−Ω   訪問者数:2322685(今日:455/昨日:569)2011/01/23(Sun) 21:23
>
> Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker
> http://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=33
>
> ご参考までに引用の書;
>
> 岩波文庫 33−635−1 反復 キルケゴール著 桝田啓三郎訳 1983年第26刷改訳
>
> の註を記しておきます。

この書の内扉にはキルケゴールの記した題名の訳がある。曰く・・

反復 実験心理学の試み コンスタンティン・コンスタティウス コペンハーゲン 1843年

>
> > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> >
> > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> >
> > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> >
> > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> >
> > ここを特記しておこう。
> > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
>
> 40−14「おもしろい」と訳したインテレサントは、語原からみて
>
> 「ひとの興味、共感、注意を呼びおこすような性質をもった」ということ、
>
> そこから
>
> 「興味をひく、好奇心をそそる、おもしろい」
>
> などの意味に用いられる。
>
> 41−2
>
> 前註の形容詞を名詞化したものであるが、この語は、1830年ごろから2,30年のあいだ、美学上の流行語として、特殊な意味に用いられた。「ひとの注意ないし興味をひこうとする」という原意から派生してくる特徴的な含意を訳者なりにまとめてみると次の三つになる。
>
> 一、ひとの関心をひいて注意を喚起し、興味をおぼえさせるようなものは、「普通と違って目立つ」ということ。
>
> 二、そういう異常なものは、自然でなく、どことなく不自然で、わざとらしくて技巧的であること、例えば女性の媚態。
>
> 三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。
>
> およそこのような三つの含意をもつと思われるが、これらの含意をあらわす適当な訳語が訳者の貧弱な語彙の中に見当たらぬので原語のまま仮名書きであらわした。
>
> 「インテレサントなもの」は右のようなものとしてドイツ・ロマン主義の文学者フリートリヒ・シュレーゲルによって、近代文学を特徴づける概念として初めて用いられて普及し、デンマークにも輸入されて、現代的な特徴をあらわす文学、美学上の流行語となったのである。『誘惑者の日記』では、そのライトモティーフとして用いられている。
>
> なお、この語はもう一つ別の重要な意味をもっていて、そういう意味で用いられる場合がある(45−9、45−11参照)
>
> 1844年の日記に次の文章がある。
>
> 「反復は一つの宗教的な範疇であり、どこまでもそうである。それだからコンスタンチン・コンスタンチウスはあれ以上先へ進むことができない。彼は賢明で、アイロニストであり、インテレサントなものを排斥する。しかし彼みずからがあくまでもそれにへばりついたままでいるのだということに気づかない。
>
> インテレサントなものの第一の形式は、目先の変化を好むことであり、もう一つの形式は反復を欲することである。
>
> けれどもそれも自己満足の範囲を出ず、そこにはなんらの苦難というものがない、−−−−だからコンスタンチンは彼みずから発見したものに座礁する、そして青年はその先へ前進する」
>
> 45−9・・・・・「関心」と訳した原語はInteresseで、interessantとつながりがある。コンスタンチンが「反復」のイデーを発見しそれを欲しながら、それが中心をそれたインテレサントなものの範疇を出ないのためにそれに座礁するように、形而上学も反復を欲し・・・それに座礁する。
>
> 45−11・・・・ここで「関心」といわれているInteresseは二つのものの「間に」inter,zwischen,between「ある」esse,sein,beという意味と、あることに「心を関わらせている」あるいは、あることを「問題としている」という「関心」の二義をもっている。
>
> 例えば、『』死にいたる病」の冒頭で
>
> 「人間は無限性と有限性との、時間的なものと永遠なものと間の、自由と必然との総合」
>
> であるといわれている、それら二つの矛盾するものの「間にある」「関係」が前者のInteresseであるという、人間の本質的な規定であり、人間はそのように矛盾する二つのものの間にあるがゆえに、その矛盾の関係にある自分自身に、無限の関心をもたざるをえないのである。
>
> 「実存者にとっては、実存することが最大の関心である」
>
> と言われるのもこの意味においてである。
>
> これに反して
>
> 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」
>
> と言われる。形而上学はこれであって、だから、それはもともと無関心なのであるから関心しているようでもそれは真の関心ではなく、真の関心があらわれるところでは挫折せざるをえないわけある。・・・・

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

ここに、1963年キルケゴール生誕150年を記念しておこなわれたUNESCOの講演会、座談会の記録の邦訳がある。

人文選書3 生けるキルケゴール 1967年初版 1973年重版 訳者代表 松浪信三郎 人文書院

この中で、

ジャンヌ・エルシュ(嬢とある、ジュネーブ大学文学部教授)なる女性の講演の《瞬間》

の一節、いや、多節に、その他の錚々たる世界の有名人の聞き飽きた言説の頽落したものいいと風貌を異にした、それこそインテレサントな節にして説がある。曰く・・・

キルケゴールは瞬間を現実化するのである。

この現実化は、なんらかの論理的整合性にも、ある種の劇的な賭にも、あるいはまたヘーゲル的過程を生かす論理学の汎論理的強姦にも、何ものにも負うていない。

この現実化は、この現実化について語りそれを《理解》しようと試みる者において成就される出来事そのもののほかには、いかなる支えももたない。

キルケゴールは弁証法について語りはしない。

彼はこの弁証法であるのである。

あるいはむしろ、

彼はこの弁証法になるのである。

それゆえ、問題となるのは、マルクスの場合と同様、理論的な弁証法ではなく、

行なわれる弁証法である。

それによって言葉が行為となるような弁証法である。

ただし、

マルクスにおける弁証法は、空間と時間において、外面性において、歴史の継起において、展開される行為であるが、

キルケゴールのおける弁証法はそうではなく、逆に、瞬間という内面化された一点性において取り戻されるのである。

そこでは、行為はもはや原因と結果との並列ではなく、主語と述語との並列でも、前と後との並列でもない。

こういたものはすべて、そこに存在することはしているが、しかしそれらは単一性においてとらえられているある。

一つの行為、それは誰かであり、今であり、そして現にある。

・・・・

歴史の生ける心臓は瞬間のなかで鼓動することをやめない。

拒まれた永遠が、その瞬間のなかで時間を片時も休ませないのである。

歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。

全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのだり、《人民の阿片》なのである。

というのも、そうなると、行為は挿入点を、つまり自由な主体のここといま、瞬間を失ってしまうからである。

・・・・・

瞬間の哲学は、一つの絶対的な要求、しかも単独者的な要求を繰り返すだけで、制度も権威ももたず、要するに自由にかかわるのみであって、それ以外のものにはかかわりをもたない。

・・・・・

どの道もどこへも通じない。十字架は、あたかも感覚の中枢へ打ちこまれた一本の釘のようである。

そして

キルケゴールはその釘をくりかえし打ちこむために、変装する。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53716] Re:[53714] 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」Re:[53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/24(Mon) 10:52  

> Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker
> http://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=33

いつもユーチュブの音楽が添付されているけれど、引用文にふさわしいものを選んでいるのですか?なかなかよき趣向なり。
>
> ご参考までに引用の書;
>
> 岩波文庫 33−635−1 反復 キルケゴール著 桝田啓三郎訳 1983年第26刷改訳
>
> の註を記しておきます。
>
> > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> >
> > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> >
> > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> >
> > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> >
> > ここを特記しておこう。
> > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
>
> 40−14「おもしろい」と訳したインテレサントは、語原からみて
>
> 「ひとの興味、共感、注意を呼びおこすような性質をもった」ということ、
>
> そこから
>
> 「興味をひく、好奇心をそそる、おもしろい」
>
> などの意味に用いられる。
>
> 41−2
>
> 前註の形容詞を名詞化したものであるが、この語は、1830年ごろから2,30年のあいだ、美学上の流行語として、特殊な意味に用いられた。「ひとの注意ないし興味をひこうとする」という原意から派生してくる特徴的な含意を訳者なりにまとめてみると次の三つになる。
>
> 一、ひとの関心をひいて注意を喚起し、興味をおぼえさせるようなものは、「普通と違って目立つ」ということ。
>
> 二、そういう異常なものは、自然でなく、どことなく不自然で、わざとらしくて技巧的であること、例えば女性の媚態。
>
> 三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。
>
> およそこのような三つの含意をもつと思われるが、これらの含意をあらわす適当な訳語が訳者の貧弱な語彙の中に見当たらぬので原語のまま仮名書きであらわした。
>
> 「インテレサントなもの」は右のようなものとしてドイツ・ロマン主義の文学者フリートリヒ・シュレーゲルによって、近代文学を特徴づける概念として初めて用いられて普及し、デンマークにも輸入されて、現代的な特徴をあらわす文学、美学上の流行語となったのである。『誘惑者の日記』では、そのライトモティーフとして用いられている。
>
> なお、この語はもう一つ別の重要な意味をもっていて、そういう意味で用いられる場合がある(45−9、45−11参照)
>
> 1844年の日記に次の文章がある。
>
> 「反復は一つの宗教的な範疇であり、どこまでもそうである。それだからコンスタンチン・コンスタンチウスはあれ以上先へ進むことができない。彼は賢明で、アイロニストであり、インテレサントなものを排斥する。しかし彼みずからがあくまでもそれにへばりついたままでいるのだということに気づかない。
>
> インテレサントなものの第一の形式は、目先の変化を好むことであり、もう一つの形式は反復を欲することである。
>
> けれどもそれも自己満足の範囲を出ず、そこにはなんらの苦難というものがない、−−−−だからコンスタンチンは彼みずから発見したものに座礁する、そして青年はその先へ前進する」
>
> 45−9・・・・・「関心」と訳した原語はInteresseで、interessantとつながりがある。コンスタンチンが「反復」のイデーを発見しそれを欲しながら、それが中心をそれたインテレサントなものの範疇を出ないのためにそれに座礁するように、形而上学も反復を欲し・・・それに座礁する。
>
> 45−11・・・・ここで「関心」といわれているInteresseは二つのものの「間に」inter,zwischen,between「ある」esse,sein,beという意味と、あることに「心を関わらせている」あるいは、あることを「問題としている」という「関心」の二義をもっている。
>
> 例えば、『』死にいたる病」の冒頭で
>
> 「人間は無限性と有限性との、時間的なものと永遠なものと間の、自由と必然との総合」
>
> であるといわれている、それら二つの矛盾するものの「間にある」「関係」が前者のInteresseであるという、人間の本質的な規定であり、人間はそのように矛盾する二つのものの間にあるがゆえに、その矛盾の関係にある自分自身に、無限の関心をもたざるをえないのである。
>
> 「実存者にとっては、実存することが最大の関心である」
>
> と言われるのもこの意味においてである。
>
> これに反して
>
> 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」
>
> と言われる。形而上学はこれであって、だから、それはもともと無関心なのであるから関心しているようでもそれは真の関心ではなく、真の関心があらわれるところでは挫折せざるをえないわけある。・・・・

長い写訳注をありがとうございました。
その本をアマゾンで探しましたが、新本はありませんでした。古本の「新品同様」とやらを注文したら、送料(古本は送料をとるんだった。)込みで、2冊分の値段になった。それもまぁいいっか。交通費だと思えば。

ではゆっくりと本を待って、ゆっくりと読んでゆきます。


[53715] 最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間Re:[53712] 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。Re:[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/24(Mon) 08:21  

ぬさまなほANNEX−Ω   訪問者数:2322863(今日:135/昨日:498)2011/01/24(Mon) 07:26

> Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25

> 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。

> ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。

> 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。

> 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。

> 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。

> 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。

> 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。

> 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。

> 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。

> 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。

> 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。

> しかし、

> 反復を欲するには勇気が要る。

> 期待するしか欲しないものは卑怯である。

> 追憶をしか欲しないものは淫らである。

> しかし、

> 反復を欲するものは男である。

> そして、

> このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。

> ところが、

> 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。

> 思うに、

> 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。

> 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。

> ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。

> ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。

> 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。

> 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。

> 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。

> むしろ、

> 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。

> ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?

> Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26


> 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?

> 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?

> 神みずからが反復を望まれたのでなかったら、世界はけっして生成しなかったであろう。神は期待するままに絶えず新しい計画を立ててゆくか、それとも、万物をもとへ呼び戻して、追憶のなかに保存するかしたことであろう。しかし、神はそうしなかった、だから世界はこうして存立しているのだ、しかも、それは反復であることによって存立しているのである。

> 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。

> これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。

> ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。

> そのようなことはすべて、

> わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。

> Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31

> 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだが、彼もそうだった。彼は部屋のなかを往きつ戻りつしながら、ポウル・メラーの詩の一節を幾度も繰り返した。

>     わが古きゆり椅子に
>       立ち返りくる若き日の夢
>     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
>       汝(いまし)へのあこがれ絶えず

> ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。

> 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。

> それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。


> つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・

> Frank Sinatra - Only the Lonely
> http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59

> 追憶は喪失から始まるという大きな利益をもっている、だからそれは安全だ、失うべき何ものももたないからである。

> 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。

> あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。

> だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。

> 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。

> 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、

> だからつまり、

> 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。

> Kenny Rogers - Lady
> http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11

> 時の経つにつれて、彼の恋愛関係は悩みを加えていった。彼の憂鬱はしだいに勢いを得、彼の肉体力は心の葛藤にすり減らされていった。彼は自分が彼女を不幸にしたことをさとった、けれども彼はなんら間違いを犯した覚えはなかった。しかし少しも責任(つみ)がないのに彼女の不幸の責めを負わねばならぬということ、まさしくこのことが現に彼には躓き(つまづき)であり、彼の激情をはげしくかきたてるのであった。

> それにしても、詩人的な憂鬱な性(たち)の男に愛されるほど若い娘にとって誘惑的なことはあるまい。

> 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。

> 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!

> Vera Lynn - As Time Goes By
> http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1

> 恋がイデーによって支えられている場合には、どんな動きも、どのようなかりそめの感動も、みなそれぞれ意味をもってくる。そこにはいちばん肝心なもの、詩的葛藤がつねに現存しているからである。

> しかもこの葛藤は、わたしの知っているかぎりでも、わたしがここに描いているそれよりも時としてはるかに恐ろしいものであることがある。

> どんな美人もイデーほど気むずかしくはない。娘の不興など、イデーの怒りに比べると、まだしも堪えやすい、しかも何より、イデーの怒りだけはとうてい忘れられるものではない。

> わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。

> わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。

> これに文句をつけたい人はなんとでもいうがいい、わたしは意に介しない。

> It's Over-Gato Barbieri
> http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4

> 時が経った。わたしも差しつかえのないときには、彼女の夜の祈祷に立ち会った。そこで彼女はその一日の償いに、大声をたてて喚きながら、思う存分胸の思いを吐き出した。昼間は男を蠱惑するのに費やしたからだった。

> 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。

> くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。

> 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。

> この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。

> 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。

> それはまた彼女として当然なことだった。

> 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。

> 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。

> せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。

> しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。

> だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。

> エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。

> Right Here Waiting - Richard Marx
> http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9

> わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。

> 娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。

> そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。

> 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。

> 女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。

> 恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。

> tell him... celine dion / barbra streisand
> http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM

> 「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」

> かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。

> 「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」

> 男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。

> 当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。

> インテレサントなものはけっして反復されないからである。

> インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

> インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

> 時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

> Diana Krall Love Is Where You Are
> http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=2

> 多少とも想像力をもった青年なら、一度は芝居の魔力にとらえられたことがあるにちがいない。あの人工的な現実のなかへ自分もともにまき込まれて、まるで二重人みたいに、そこでもうひとりの自分自身が動くのを見、語るのを聞き、自分自身を自分自身に可能なだけのあらゆる種類の人物に扮装させ、しかもそのどれもがまた一個の自己であるというふうであってみたいという願いをいだいたことがあるにちがいない。

> こういう欲望があらわれるのは、もちろんまだ若いうちのことである。

> ただ想像力がだけが目覚めて個性を夢みていえ、その他の能力はすべてまだ安らかに眠っている。そういう想像力によって自己が見られると、個人は現実的な姿ではなく影でしかない、もっと適切にいうと、

> 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。

> それだから個人は、ただ一つの影を投げるだけでは満足できずに、そのどれもが自分に似ていてそのときそのときに自分自身である権利を平等にもっているようなさまざまな影を投げるのである。

I´m thru with love - Diana Krall and Hollywood divas
http://www.youtube.com/watch?v=ivF2ZTxV81Q&feature=mfu_in_order&list=UL

しかしこの影の存在も満足を求める、それが自己の生を全うするだけの時を与えられなかったとしたら、それは人間にとってけっして好ましいことでない。

しかしまた、

個人が見当ちがいをして、影の存在のなかを迷いつづけながら生きつくしてしまったとしたら、それは哀れな、あるいは滑稽なことだ。

そういう人間がそれでほんとうの人間であるなどと自惚れるなら、それはちょうど最後の審判の日に、自分自身で出頭することもできずに、気のきいた目論見とか、その日一日だけの決心とか、半時間きりの計画とかなどを身代わりに出頭させる人間が不死の要求をするのと同じように、まことに心もとないことだ。

何事もそれぞれ適当な時におこなわれることが肝心なのだ。

すべては若いときにその時をもっている、そして若いときにその時をもったことは、また後でその時を得るものだ。

年長者にとって、その生涯のうちに、何か思い出して笑わずにいられぬような過去をもっているということは、何か涙をさそう過去をもっているのと同じように健康なことなのだ。

> > > > > > > > > > > > > Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble - Ov zarmanali
> > > > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=eL2b4Y2_qxY&feature=mfu_in_order&list=UL
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > わが沈黙の共犯者よ!
>
> > > > > > > > > > > > Arvo Pärt - Sarah Was Ninety Years Old (Part 1 of 3)
> > > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=g0Usv4O9lSQ&feature=BF&list=QL&index=29
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > ぼくという存在のうちにある一切のものが、自分自身と矛盾して喚(わめ)いています。
> > >
> > > > > > > > > > > Carmen McRae - Trouble Is A Man
> > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_zhboeJkNGg&feature=related
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > >彼女がそこに見いだそうとする現実は、ぼくにとっては、ぼくの本来の精神的現実につきそって走る影にすぎません、あるいはぼくを笑わせようとし、あるいはぼくの生活を侵して掻き乱そうとする影なのです。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > まるで影をつかもうとでもするかのように、あるいは影に向かって手を差しのべようととでもするかのように、ぼくは手探りしながら彼女をつかもうとするようなことになるでしょう。名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53714] 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」Re:[53713] インテレサント 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/23(Sun) 22:17  

をわてそよANNEX−Ω   訪問者数:2322685(今日:455/昨日:569)2011/01/23(Sun) 21:23

Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker
http://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=33

ご参考までに引用の書;

岩波文庫 33−635−1 反復 キルケゴール著 桝田啓三郎訳 1983年第26刷改訳

の註を記しておきます。

> >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
>
> >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
>
> >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
>
> >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
>
> ここを特記しておこう。
> 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。

40−14「おもしろい」と訳したインテレサントは、語原からみて

「ひとの興味、共感、注意を呼びおこすような性質をもった」ということ、

そこから

「興味をひく、好奇心をそそる、おもしろい」

などの意味に用いられる。

41−2

前註の形容詞を名詞化したものであるが、この語は、1830年ごろから2,30年のあいだ、美学上の流行語として、特殊な意味に用いられた。「ひとの注意ないし興味をひこうとする」という原意から派生してくる特徴的な含意を訳者なりにまとめてみると次の三つになる。

一、ひとの関心をひいて注意を喚起し、興味をおぼえさせるようなものは、「普通と違って目立つ」ということ。

二、そういう異常なものは、自然でなく、どことなく不自然で、わざとらしくて技巧的であること、例えば女性の媚態。

三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。

およそこのような三つの含意をもつと思われるが、これらの含意をあらわす適当な訳語が訳者の貧弱な語彙の中に見当たらぬので原語のまま仮名書きであらわした。

「インテレサントなもの」は右のようなものとしてドイツ・ロマン主義の文学者フリートリヒ・シュレーゲルによって、近代文学を特徴づける概念として初めて用いられて普及し、デンマークにも輸入されて、現代的な特徴をあらわす文学、美学上の流行語となったのである。『誘惑者の日記』では、そのライトモティーフとして用いられている。

なお、この語はもう一つ別の重要な意味をもっていて、そういう意味で用いられる場合がある(45−9、45−11参照)

1844年の日記に次の文章がある。

「反復は一つの宗教的な範疇であり、どこまでもそうである。それだからコンスタンチン・コンスタンチウスはあれ以上先へ進むことができない。彼は賢明で、アイロニストであり、インテレサントなものを排斥する。しかし彼みずからがあくまでもそれにへばりついたままでいるのだということに気づかない。

インテレサントなものの第一の形式は、目先の変化を好むことであり、もう一つの形式は反復を欲することである。

けれどもそれも自己満足の範囲を出ず、そこにはなんらの苦難というものがない、−−−−だからコンスタンチンは彼みずから発見したものに座礁する、そして青年はその先へ前進する」

45−9・・・・・「関心」と訳した原語はInteresseで、interessantとつながりがある。コンスタンチンが「反復」のイデーを発見しそれを欲しながら、それが中心をそれたインテレサントなものの範疇を出ないのためにそれに座礁するように、形而上学も反復を欲し・・・それに座礁する。

45−11・・・・ここで「関心」といわれているInteresseは二つのものの「間に」inter,zwischen,between「ある」esse,sein,beという意味と、あることに「心を関わらせている」あるいは、あることを「問題としている」という「関心」の二義をもっている。

例えば、『』死にいたる病」の冒頭で

「人間は無限性と有限性との、時間的なものと永遠なものと間の、自由と必然との総合」

であるといわれている、それら二つの矛盾するものの「間にある」「関係」が前者のInteresseであるという、人間の本質的な規定であり、人間はそのように矛盾する二つのものの間にあるがゆえに、その矛盾の関係にある自分自身に、無限の関心をもたざるをえないのである。

「実存者にとっては、実存することが最大の関心である」

と言われるのもこの意味においてである。

これに反して

「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」

と言われる。形而上学はこれであって、だから、それはもともと無関心なのであるから関心しているようでもそれは真の関心ではなく、真の関心があらわれるところでは挫折せざるをえないわけある。・・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/23(Sun) 21:12  

>インテレサントなものはけっして反復されないからである。

>インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

>インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

>時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

ここを特記しておこう。
「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。




[53712] 現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。Re:[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/23(Sun) 07:20  

まもなおんANNEX−Ω   訪問者数:2322388(今日:158/昨日:569)2011/01/23(Sun) 06:45

> > > > > > > > > Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > しかし、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復を欲するには勇気が要る。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 期待するしか欲しないものは卑怯である。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 追憶をしか欲しないものは淫らである。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > しかし、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復を欲するものは男である。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > そして、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ところが、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 思うに、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > むしろ、
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?
> > > > > > > >
> > > > > > > > Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26
> > > > > > > >
> > > > > > > > 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > > > >
> > > > > > > > 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > > > >
> > > > > > > > 神みずからが反復を望まれたのでなかったら、世界はけっして生成しなかったであろう。神は期待するままに絶えず新しい計画を立ててゆくか、それとも、万物をもとへ呼び戻して、追憶のなかに保存するかしたことであろう。しかし、神はそうしなかった、だから世界はこうして存立しているのだ、しかも、それは反復であることによって存立しているのである。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。
> > > > > > > >
> > > > > > > > これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > そのようなことはすべて、
> > > > > > > >
> > > > > > > > わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。
> > > > > > >
> > > > > > > Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31
> > > > > > >
> > > > > > > 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだが、彼もそうだった。彼は部屋のなかを往きつ戻りつしながら、ポウル・メラーの詩の一節を幾度も繰り返した。
> > > > > > >
> > > > > > >     わが古きゆり椅子に
> > > > > > >       立ち返りくる若き日の夢
> > > > > > >     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
> > > > > > >       汝(いまし)へのあこがれ絶えず
> > > > > > >
> > > > > > > ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。
> > > > > > >
> > > > > > > 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。
> > > > > > >
> > > > > > > それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。
> > > > > > >
> > > > > > > つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・
> > > > > >
> > > > > > Frank Sinatra - Only the Lonely
> > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59
> > > > > >
> > > > > > 追憶は喪失から始まるという大きな利益をもっている、だからそれは安全だ、失うべき何ものももたないからである。
> > > > > >
> > > > > > 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。
> > > > > >
> > > > > > あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。
> > > > > >
> > > > > > だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。
> > > > > >
> > > > > > 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。
> > > > > >
> > > > > > 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、
> > > > > >
> > > > > > だからつまり、
> > > > > >
> > > > > > 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。
> > > > >
> > > > > Kenny Rogers - Lady
> > > > > http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11
> > > > >
> > > > > 時の経つにつれて、彼の恋愛関係は悩みを加えていった。彼の憂鬱はしだいに勢いを得、彼の肉体力は心の葛藤にすり減らされていった。彼は自分が彼女を不幸にしたことをさとった、けれども彼はなんら間違いを犯した覚えはなかった。しかし少しも責任(つみ)がないのに彼女の不幸の責めを負わねばならぬということ、まさしくこのことが現に彼には躓き(つまづき)であり、彼の激情をはげしくかきたてるのであった。
> > > > >
> > > > > それにしても、詩人的な憂鬱な性(たち)の男に愛されるほど若い娘にとって誘惑的なことはあるまい。
> > > > >
> > > > > 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。
> > > > >
> > > > > 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!
> > > >
> > > > Vera Lynn - As Time Goes By
> > > > http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1
> > > >
> > > > 恋がイデーによって支えられている場合には、どんな動きも、どのようなかりそめの感動も、みなそれぞれ意味をもってくる。そこにはいちばん肝心なもの、詩的葛藤がつねに現存しているからである。
> > > >
> > > > しかもこの葛藤は、わたしの知っているかぎりでも、わたしがここに描いているそれよりも時としてはるかに恐ろしいものであることがある。
> > > >
> > > > どんな美人もイデーほど気むずかしくはない。娘の不興など、イデーの怒りに比べると、まだしも堪えやすい、しかも何より、イデーの怒りだけはとうてい忘れられるものではない。
> > > >
> > > > わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。
> > > >
> > > > わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。
> > > >
> > > > これに文句をつけたい人はなんとでもいうがいい、わたしは意に介しない。
> > >
> > > It's Over-Gato Barbieri
> > > http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4
> > >
> > > 時が経った。わたしも差しつかえのないときには、彼女の夜の祈祷に立ち会った。そこで彼女はその一日の償いに、大声をたてて喚きながら、思う存分胸の思いを吐き出した。昼間は男を蠱惑するのに費やしたからだった。
> > >
> > > 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。
> > >
> > > くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。
> > >
> > > 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。
> > >
> > > この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。
> > >
> > > 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。
> > >
> > > それはまた彼女として当然なことだった。
> > >
> > > 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。
> > >
> > > 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。
> > >
> > > せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。
> > >
> > > しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。
> > >
> > > だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。
> > >
> > > エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。
> >
> > Right Here Waiting - Richard Marx
> > http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9
> >
> > わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。
> >
> > 娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。
> >
> > そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。
> >
> > 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。
> >
> > 女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。
> >
> > 恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。
>
> tell him... celine dion / barbra streisand
> http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM
>
> 「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」
>
> かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。
>
> 「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」
>
> 男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。
>
> 当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。
>
> インテレサントなものはけっして反復されないからである。
>
> インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
>
> インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
>
> 時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

Diana Krall Love Is Where You Are
http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=2

多少とも想像力をもった青年なら、一度は芝居の魔力にとらえられたことがあるにちがいない。あの人工的な現実のなかへ自分もともにまき込まれて、まるで二重人みたいに、そこでもうひとりの自分自身が動くのを見、語るのを聞き、自分自身を自分自身に可能なだけのあらゆる種類の人物に扮装させ、しかもそのどれもがまた一個の自己であるというふうであってみたいという願いをいだいたことがあるにちがいない。

こういう欲望があらわれるのは、もちろんまだ若いうちのことである。

ただ想像力がだけが目覚めて個性を夢みていえ、その他の能力はすべてまだ安らかに眠っている。そういう想像力によって自己が見られると、個人は現実的な姿ではなく影でしかない、もっと適切にいうと、

現実的な姿が目の前にありながら、それが見えないのである。

それだから個人は、ただ一つの影を投げるだけでは満足できずに、そのどれもが自分に似ていてそのときそのときに自分自身である権利を平等にもっているようなさまざまな影を投げるのである。


> > > > > > > > > > > > Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble - Ov zarmanali
> > > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=eL2b4Y2_qxY&feature=mfu_in_order&list=UL
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > わが沈黙の共犯者よ!

> > > > > > > > > > > Arvo Pärt - Sarah Was Ninety Years Old (Part 1 of 3)
> > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=g0Usv4O9lSQ&feature=BF&list=QL&index=29
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > ある瞬間には、ぼくは疲れ果てて、生気を失い、無関心のあまりまるで死んだようになります。ぼくという存在のうちにある一切のものが、自分自身と矛盾して喚(わめ)いています。
> >
> > > > > > > > > > Carmen McRae - Trouble Is A Man
> > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_zhboeJkNGg&feature=related
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > >あの事件はひとつの災難なのではないでしょうか?現実があらわれるその瞬間に、すべては失われたのです。そのときはもう手おくれです。彼女がそこに見いだそうとする現実は、ぼくにとっては、ぼくの本来の精神的現実につきそって走る影にすぎません、あるいはぼくを笑わせようとし、あるいはぼくの生活を侵して掻き乱そうとする影なのです。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > つまりは、まるで影をつかもうとでもするかのように、あるいは影に向かって手を差しのべようととでもするかのように、ぼくは手探りしながら彼女をつかもうとするようなことになるでしょう。名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53711] インテレサントよ、ありがたう。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/22(Sat) 08:17  

つちなよるANNEX−Ω   訪問者数:2321875(今日:214/昨日:502)2011/01/22(Sat) 07:00

Vic Damone - Gigi (Original Stereo)
http://www.youtube.com/watch?v=unV540b4w1I&feature=BF&list=QL&index=39

昨日の朝は中野で白煙があがって中央線や青梅線がとまってしまったといったん出かけた娘がかえってきて、おまけに東京女子大に用事があるという女房までもが、クルマをだしてくれとせがむので、まあ、しゃあない、去年の正月に落札した自転車部品や車輪やウェアの清算受け取りもしちょらんで、歳が明けてすまったので、では、清算がてら母子をおくっていってあげるか、となるべくすいていそうなみち、鉄道からはなれたバイパスなんぞを選んで若葉マークのマーク2でゆくってえと、やっぱす、府中小金井のあたりからは混んでくるので、このままぢゃあ、おくれてしまうちうお客さんを小金井で降ろして、さて、自転車屋へいっても、まんだ朝からではやっちょらんしちうことで、五日市街道から青梅街道にぬけようとすたら、これも真っ赤な渋滞で、急遽路地に入り込んで、ずんずんいけば、突き当たった交差点の眼の端になぬやら「米でつくったカステラ」。

インテレサントなエスプリドパリ。

でも駐車場がなささうで・・交差点を右折してみると、エスプリの裏にローソンがあって、駐車場があるにはあるんぢゃが、ちょうど配品のトラックが駐車場を塞いでおるし、直進路はこれまた渋滞で、先の信号すらみえぬ、このやけくそをだうするか?

これはやっぱす、インテレサントな「米のカステラ」でも賞味してみやう。

ちうことで、渋滞路の左路側にクルマをよせて、渋滞がきれた合い間をぬってUターン、配品トラックの陰の軽自動車用めいた狭いスペースにマーク2をつっこみ、さて・・・

直接インテレサントなエスプリにいってはまずかな?

と店内を覗くと、ローソンのおばちゃんが、みるともなしにこちらをみておるし、やっぱす、まずいと、まずは、外の灰皿でタバコを吹かし、視線がそれたところで、エスプリにまわってみると、開店は10時半とかで、店内には灯りがともり若い娘が開店準備のあれこれで忙しくうごきまわっているんで、ローソンに引き返し・・

トイレをお借りします

はい、ど〜ぞ

かのおばさんの返事も悪くないので、放尿後にあれこれ物色しちょれば、だうも、朝、天然酵母パン1斤をブリーチーズやバターたっぷりで頬張ったばかりなんで、腹も減ってはおらんが、売り切れの棚の下の床にケースにつめた売り切れ商品であらうと推測されもんが、つまっておって、つまんでみると・・・

ご褒美のロールケーキ

なんのご褒美なんぢゃろ?

と首をかしげながら、今度は色違いの黒いのをつまみあげると・・

俺のロールケーキ

うん、なんだか、面白いね、ちうことで、@150円x2ロールか、そんだけ買い上げれば、ま、おばちゃんの目もきにせんでよろしい、と、こんだあ、堂々と隣のエスプリのまんだ開店しちょらんドアの前に立つと、なかの若い娘と目が合い、ドアを押してみるとドアがあくので、あけてみれば・・

どうぞ♪

まだ、開店時間ぢゃないけどいいの?

どうそ、どうそ♪

ちうことで、朝の清められた店内に入り込んで、あれこれとショーケースのケーキやお菓子を物色すれば、けっこう凝ったもんも多いやうで、とはいえ、あんますかうもんには詳しくはないのんで、ともかくも、ケースにはないかの「お米のカステラ」なるもんは?

試食してみますか?

気が利くねえ、ありがたことで・・・

一日20セット限定で、最近出したものなんです。

全部ここでつくっちょんの?

はい。

ちょっと、ねっとりしますね。普通のカステラより・・・

はい。

こちらの白い仏蘭西製のキャラメルも・・

それは試食用がないんですよ。

あらあ、残念。でも、がさばらないから、こんだあ自転車んときにこれにすて・・

ホワイトチョコでコーティングしてあって、なかのキャラメルも素材厳選ですから、お勧めですよ。

けふはおとなりのローソンのおばさんにウォッチされちょるけん、このかさばる「米のカステラ」をもらって、熨斗つけてくれる?

珍しい米!大寒見舞。

たすかに、インテレサントなもので、「米のカステラ」も食ってしまえば、まあ、そんなもんかと、好奇心も満たされて、でもたいしたことたあ、ねえなあ、日々の米の反復には飽きぬが、「米のカステラ」にゃあ・・・・となれば、キルケゴール、コンシタンチン・コンスタンチウスそのものであらうが・・

古いですねえ、あいかわらず・・ちうのんは乗り付けたマーク2に商品を積み込んでくれる自転車屋の店長兼チーフメカ。一年の間にすっかりスタッフがいれかわって、ご存知のは3人だけになりましたとか・・

このボーラ、ちうても、第2世代ボーラで、第2世代の2セット目で、1セット目もまんだつかっておらんのんになんで2セット目なんか、と自問自答すれば、ま、カンパとシマノのそれぞれに1セットずつちうことで、このボーラも古い、古いが空力抵抗は、歴代ボーラのなかの最小ちう、70数歳爺さんのご託宣で・・

これって、ホイールバック付きだった?

Campagnoloのバックにつめてつみこむ店長に問いかければ、いんですよ、ついていようがついていなかろうが・・・

そんで、うちさ帰ってきて蓋あけてみたら、ホイールバックはもとよりサービスなんでせうが、なかに注文もせんかった秋冬用の洒落た手袋まではいっておって・・・

あ、さうか、ソレガシの手袋があまりにぼろぼろで、そのボロに輪をかけて、この水曜日に、工事業者が泥んこダンプの轍跡の土砂流しに水を撒いていた急カーブ急下り坂でコケテ落車の憂き目に、手袋も上下ジャージも擦り切れて穴があいて、手足の皮も擦りむけて、なかの餡子がはみだして、・・

ありがたいことです。餡子なしのを恵んでもらえて・・上下ジャージも餡子なしの駿府ダービー、リヤポケットはないので、寝巻きに最適♪



やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53710] インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、時を経てそうなった娘に栄誉あれ。Re:[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/22(Sat) 05:25  

けれねわうANNEX−Ω   訪問者数:2321836(今日:175/昨日:502)2011/01/22(Sat) 05:02

> くちまぬわANNEX−Ω   訪問者数:2321314(今日:155/昨日:543)2011/01/21(Fri) 07:52
>
> > ねんやらほANNEX−Ω   訪問者数:2320806(今日:190/昨日:467)2011/01/20(Thu) 09:23
> >
> > > ねやれおむANNEX−Ω   訪問者数:2320276(今日:127/昨日:387)2011/01/19(Wed) 08:35
> > >
> > > > かこのるにANNEX−Ω   訪問者数:2319855(今日:93/昨日:419)2011/01/18(Tue) 08:04
> > > >
> > > > > ちたすすけANNEX−Ω   訪問者数:2319471(今日:128/昨日:482)2011/01/17(Mon) 08:27
> > > > >
> > > > > > ぬりつぬろANNEX−Ω   訪問者数:2319203(今日:342/昨日:614)2011/01/16(Sun) 17:45
> > > > > >
> > > > > > > うけみさそANNEX−Ω   訪問者数:2318342(今日:95/昨日:529)2011/01/15(Sat) 06:20
> > > > > > >
> > > > > > > > よよくつるANNEX−Ω   訪問者数:2317875(今日:157/昨日:605)2011/01/14(Fri) 09:13
> > > > > > > >
> > > > > > > > > しるむひえANNEX−Ω   訪問者数:2315116(今日:152/昨日:510)2011/01/09(Sun) 05:17
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > > ぬへひたやANNEX−Ω   訪問者数:2314580(今日:126/昨日:555)2011/01/08(Sat) 06:48
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > せすゆすにANNEX−Ω   訪問者数:2314121(今日:222/昨日:513)2011/01/07(Fri) 09:37
> > > > > > > >
> > > > > > > > Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25
> > > > > > > >
> > > > > > > > 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。
> > > > > > > >
> > > > > > > > しかし、
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復を欲するには勇気が要る。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 期待するしか欲しないものは卑怯である。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 追憶をしか欲しないものは淫らである。
> > > > > > > >
> > > > > > > > しかし、
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復を欲するものは男である。
> > > > > > > >
> > > > > > > > そして、
> > > > > > > >
> > > > > > > > このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ところが、
> > > > > > > >
> > > > > > > > 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 思うに、
> > > > > > > >
> > > > > > > > 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。
> > > > > > > >
> > > > > > > > むしろ、
> > > > > > > >
> > > > > > > > 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。
> > > > > > > >
> > > > > > > > ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?
> > > > > > >
> > > > > > > Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26
> > > > > > >
> > > > > > > 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > > >
> > > > > > > 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > > >
> > > > > > > 神みずからが反復を望まれたのでなかったら、世界はけっして生成しなかったであろう。神は期待するままに絶えず新しい計画を立ててゆくか、それとも、万物をもとへ呼び戻して、追憶のなかに保存するかしたことであろう。しかし、神はそうしなかった、だから世界はこうして存立しているのだ、しかも、それは反復であることによって存立しているのである。
> > > > > > >
> > > > > > > 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。
> > > > > > >
> > > > > > > これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。
> > > > > > >
> > > > > > > ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。
> > > > > > >
> > > > > > > そのようなことはすべて、
> > > > > > >
> > > > > > > わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。
> > > > > >
> > > > > > Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31
> > > > > >
> > > > > > 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだが、彼もそうだった。彼は部屋のなかを往きつ戻りつしながら、ポウル・メラーの詩の一節を幾度も繰り返した。
> > > > > >
> > > > > >     わが古きゆり椅子に
> > > > > >       立ち返りくる若き日の夢
> > > > > >     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
> > > > > >       汝(いまし)へのあこがれ絶えず
> > > > > >
> > > > > > ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。
> > > > > >
> > > > > > 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。
> > > > > >
> > > > > > それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。
> > > > > >
> > > > > > つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・
> > > > >
> > > > > Frank Sinatra - Only the Lonely
> > > > > http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59
> > > > >
> > > > > 追憶は喪失から始まるという大きな利益をもっている、だからそれは安全だ、失うべき何ものももたないからである。
> > > > >
> > > > > 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。
> > > > >
> > > > > あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。
> > > > >
> > > > > だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。
> > > > >
> > > > > 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。
> > > > >
> > > > > 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、
> > > > >
> > > > > だからつまり、
> > > > >
> > > > > 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。
> > > >
> > > > Kenny Rogers - Lady
> > > > http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11
> > > >
> > > > 時の経つにつれて、彼の恋愛関係は悩みを加えていった。彼の憂鬱はしだいに勢いを得、彼の肉体力は心の葛藤にすり減らされていった。彼は自分が彼女を不幸にしたことをさとった、けれども彼はなんら間違いを犯した覚えはなかった。しかし少しも責任(つみ)がないのに彼女の不幸の責めを負わねばならぬということ、まさしくこのことが現に彼には躓き(つまづき)であり、彼の激情をはげしくかきたてるのであった。
> > > >
> > > > それにしても、詩人的な憂鬱な性(たち)の男に愛されるほど若い娘にとって誘惑的なことはあるまい。
> > > >
> > > > 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。
> > > >
> > > > 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!
> > >
> > > Vera Lynn - As Time Goes By
> > > http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1
> > >
> > > 恋がイデーによって支えられている場合には、どんな動きも、どのようなかりそめの感動も、みなそれぞれ意味をもってくる。そこにはいちばん肝心なもの、詩的葛藤がつねに現存しているからである。
> > >
> > > しかもこの葛藤は、わたしの知っているかぎりでも、わたしがここに描いているそれよりも時としてはるかに恐ろしいものであることがある。
> > >
> > > どんな美人もイデーほど気むずかしくはない。娘の不興など、イデーの怒りに比べると、まだしも堪えやすい、しかも何より、イデーの怒りだけはとうてい忘れられるものではない。
> > >
> > > わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。
> > >
> > > わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。
> > >
> > > これに文句をつけたい人はなんとでもいうがいい、わたしは意に介しない。
> >
> > It's Over-Gato Barbieri
> > http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4
> >
> > 時が経った。わたしも差しつかえのないときには、彼女の夜の祈祷に立ち会った。そこで彼女はその一日の償いに、大声をたてて喚きながら、思う存分胸の思いを吐き出した。昼間は男を蠱惑するのに費やしたからだった。
> >
> > 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。
> >
> > くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。
> >
> > 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。
> >
> > この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。
> >
> > 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。
> >
> > それはまた彼女として当然なことだった。
> >
> > 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。
> >
> > 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。
> >
> > せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。
> >
> > しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。
> >
> > だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。
> >
> > エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。
>
> Right Here Waiting - Richard Marx
> http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9
>
> わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。
>
> 娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。
>
> そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。
>
> 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。
>
> 女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。
>
> 恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。

tell him... celine dion / barbra streisand
http://www.youtube.com/watch?v=wB_vjpRhLxM

「N.Nさんはいい人だけど、退屈だわ。ところがF.Fさんったら、あの人とってもおもしろくって、いかすわよ。」

かわいい娘の口からこういう言葉を聞くたびに、わたしはいつも思うのである。

「よくも恥ずかしくないものだ、若い娘がそんなことを口にするなんて、なんて情けないことだろう。」

男がインテレサントなものに迷い込んだとき、救い出してくれるものは娘のほかにないではないか。それだのに、そういうことを口にするのは、罪を犯すことではないか。

当の男がインテレサントなことなどできない人間であるなら、その男に向かってそれをせよと要求するのは、思いやりのないことであるし、あるいはまた、男がインテレサントなことのできる人間であるなら、そしたら・・・・・・・・、なぜかといえば、若い娘というものは、インテレサントなものを誘い出すことをしないようにこそ、つねに慎むべきものだからだ。そういうことをする娘は、イデーからみて、いつも損をする。

インテレサントなものはけっして反復されないからである。

インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

> > > > > > > > > > > Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble - Ov zarmanali
> > > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=eL2b4Y2_qxY&feature=mfu_in_order&list=UL
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > わが沈黙の共犯者よ!
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > >人々が提供してくれる説明など、たとえばピエロ以上に飢えていたにしても、ぼくは食いたく思わないでしょう。
>
> > > > > > > > > > Arvo Pärt - Sarah Was Ninety Years Old (Part 1 of 3)
> > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=g0Usv4O9lSQ&feature=BF&list=QL&index=29
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > ある瞬間には、ぼくは疲れ果てて、生気を失い、無関心のあまりまるで死んだようになります。また他の瞬間には、ぼくは荒れ狂って、誰かぼくの怒りを放散することのできる相手を見つけるために、世界の極(はて)から極まで絶望的に駆け廻ります。ぼくという存在のうちにある一切のものが、自分自身と矛盾して喚(わめ)いています。
>
> > > > > > > > > Carmen McRae - Trouble Is A Man
> > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_zhboeJkNGg&feature=related
> > > > > > > > >
> > > > > > > > >あの事件はひとつの災難なのではないでしょうか?現実があらわれるその瞬間に、すべては失われたのです。そのときはもう手おくれです。彼女がそこに見いだそうとする現実は、ぼくにとっては、ぼくの本来の精神的現実につきそって走る影にすぎません、あるいはぼくを笑わせようとし、あるいはぼくの生活を侵して掻き乱そうとする影なのです。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > つまりは、まるで影をつかもうとでもするかのように、あるいは影に向かって手を差しのべようととでもするかのように、ぼくは手探りしながら彼女をつかもうとするようなことになるでしょう。名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53709] 女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。Re:[53708] 関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。Re:[53706] わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。Re:[53703] 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!Re:[53699] 自分自身の死刑判決書Re:[53698] 汝(いまし)へのあこがれ絶えずRe:[53692] わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。Re:[53690] もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?Re:[53677] ぼくの苦痛と悩みには名前がありません。Re:[53676] ・・・Re:[53674] わが沈黙の共犯者よ! 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/01/21(Fri) 08:16  

くちまぬわANNEX−Ω   訪問者数:2321314(今日:155/昨日:543)2011/01/21(Fri) 07:52

> ねんやらほANNEX−Ω   訪問者数:2320806(今日:190/昨日:467)2011/01/20(Thu) 09:23
>
> > ねやれおむANNEX−Ω   訪問者数:2320276(今日:127/昨日:387)2011/01/19(Wed) 08:35
> >
> > > かこのるにANNEX−Ω   訪問者数:2319855(今日:93/昨日:419)2011/01/18(Tue) 08:04
> > >
> > > > ちたすすけANNEX−Ω   訪問者数:2319471(今日:128/昨日:482)2011/01/17(Mon) 08:27
> > > >
> > > > > ぬりつぬろANNEX−Ω   訪問者数:2319203(今日:342/昨日:614)2011/01/16(Sun) 17:45
> > > > >
> > > > > > うけみさそANNEX−Ω   訪問者数:2318342(今日:95/昨日:529)2011/01/15(Sat) 06:20
> > > > > >
> > > > > > > よよくつるANNEX−Ω   訪問者数:2317875(今日:157/昨日:605)2011/01/14(Fri) 09:13
> > > > > > >
> > > > > > > > しるむひえANNEX−Ω   訪問者数:2315116(今日:152/昨日:510)2011/01/09(Sun) 05:17
> > > > > > > >
> > > > > > > > > ぬへひたやANNEX−Ω   訪問者数:2314580(今日:126/昨日:555)2011/01/08(Sat) 06:48
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > > せすゆすにANNEX−Ω   訪問者数:2314121(今日:222/昨日:513)2011/01/07(Fri) 09:37
> > > > > > >
> > > > > > > Lizz Wright - The First and Last to Love Me (K. Hanrahan)
> > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=E8Dp21T8c7c&feature=BF&list=QL&index=25
> > > > > > >
> > > > > > > 追憶の恋のみが幸福な恋である、とある作家が言った。その恋がまずひとを不幸にするのを追憶するというだけのことであるなら、まったくそのとおりである。
> > > > > > >
> > > > > > > ほんとうは、反復の恋こそ唯一の幸福な恋なのだ。
> > > > > > >
> > > > > > > 反復の恋には、追憶の恋と同じように、期待と不安定さがない。探検に伴う不安な冒険もない、しかしまた、追憶のもつ哀愁もない、そこには瞬間の至福な確実さがある。
> > > > > > >
> > > > > > > 期待は新調の衣服で、ぱりっとして、しかもきらびやかである。しかしそれはまだ着てみたわけではない、だから、はたして体にぴったり合うかどうか、またよく似合うかどうかもわからない。
> > > > > > >
> > > > > > > 追憶はもう着なくなった古着である、それがどんなに美しくても、いまでは体のほうが大きくなってもうどうにも身丈があわない。
> > > > > > >
> > > > > > > 反復は着古されることのない着物である。それはぴったりと着心地よく体に合い、窮屈でもなければだぶつきもしない。
> > > > > > >
> > > > > > > 期待は追う手をすり抜けてゆくかわいい娘である。
> > > > > > >
> > > > > > > 追憶は美しくはあるが今ではもうけっして用を足せない老婆である。
> > > > > > >
> > > > > > > 反復はいつまでも飽きることのない愛妻である。
> > > > > > >
> > > > > > > 飽きがくるのは新しいものに限っているからだ。古いものはけっして飽きることがない、そして古いものが目の前にあると、ひとは幸福になる、しかも、反復が何か新しいものでなければならぬかのような思い違いをしないひとだけが、本当に幸福になる。もしそういう思い違いをしていたら、ひとはやがて反復にも飽きてしまうだろう。
> > > > > > >
> > > > > > > 期待するには若さが要る、追憶するには若さが要る。
> > > > > > >
> > > > > > > しかし、
> > > > > > >
> > > > > > > 反復を欲するには勇気が要る。
> > > > > > >
> > > > > > > 期待するしか欲しないものは卑怯である。
> > > > > > >
> > > > > > > 追憶をしか欲しないものは淫らである。
> > > > > > >
> > > > > > > しかし、
> > > > > > >
> > > > > > > 反復を欲するものは男である。
> > > > > > >
> > > > > > > そして、
> > > > > > >
> > > > > > > このことをしっかりと自覚するにつれて、ひとはそれだけ深みのある人間になる。
> > > > > > >
> > > > > > > ところが、
> > > > > > >
> > > > > > > 人生は反復であり、そして反復こそ人生の美しさであることを理解しないものは、手ずから自分に判決をくだしたも同然で、所詮まぬがれられぬ運命、つまり自滅するほかあるまい。
> > > > > > >
> > > > > > > 思うに、
> > > > > > >
> > > > > > > 期待はひとをさしまねく果実ではあるが、腹の足しにはならぬ。
> > > > > > >
> > > > > > > 追憶はまことに乏しい糊口の資で、これまた腹を満たすには足りない。
> > > > > > >
> > > > > > > ところが反復は日々のパンである、それは祝福をもって満腹にさせてくれる。
> > > > > > >
> > > > > > > ひとたび人世を周航してみれば、人生が反復であることを理解するだけに勇気がもてるかどうか、また、反復を楽しむ気持になれるかどうかが明らかになるだろう。生きることをはじめる前にまず人生を周航しなかったものは、けっして生きることにはならないだろう。人世を周航してはみたがうんざりしたというひとは、虚弱な体質の持ち主だったのだ。
> > > > > > >
> > > > > > > 反復を選んだ人、その人だけがほんとうに生きるのである。
> > > > > > >
> > > > > > > 彼は子供みたいに蝶を追いまわしはしない、この世の栄耀栄華をのぞくために爪立ちしたりもしない、彼はそれを知っているからだ。
> > > > > > >
> > > > > > > 彼はまた老婆のように紡ぎ車の前に坐って追憶の糸を紡ぐこともしない。
> > > > > > >
> > > > > > > むしろ、
> > > > > > >
> > > > > > > 彼は反復を楽しみながら、心静かにわが道を歩む。
> > > > > > >
> > > > > > > ほんとうに、もし反復ということがなかったら、人生とはそもそも何であろう?
> > > > > >
> > > > > > Edyta Gorniak - Hello (Gala RMF FM) [Live] HQ DIVA
> > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=AWsesrdS1Jg&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=26
> > > > > >
> > > > > > 時が瞬間ごとに新しい文字を書きつらねてゆく石板になることを、あるいは過去の碑銘になることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > >
> > > > > > 次から次へと新しいものに打ち興じさせて魂を柔弱にしてしまうあらゆる果敢(はか)ないもの、目新しいものに、それからそれへと心を奪われることを、誰がこいねがうであろうか?
> > > > > >
> > > > > > 神みずからが反復を望まれたのでなかったら、世界はけっして生成しなかったであろう。神は期待するままに絶えず新しい計画を立ててゆくか、それとも、万物をもとへ呼び戻して、追憶のなかに保存するかしたことであろう。しかし、神はそうしなかった、だから世界はこうして存立しているのだ、しかも、それは反復であることによって存立しているのである。
> > > > > >
> > > > > > 反復、これが現実なのだ、人の世の厳粛さなのだ、反復を欲するものは厳粛さにおいて成熟しているのだ。
> > > > > >
> > > > > > これはわたしの単独投票なのだが、そこには同時にこういう意味が含まれている。
> > > > > >
> > > > > > ソファにどっかと腰をおろして楊枝で歯をほじくっていたりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえば法律顧問でござるとばかり勿体(もったい)ぶるとか、あるいは、偉容をととのえて街上を闊歩したりーーーそしておまけに、たいした人物、たとえばなんとか尊師でございますとばかりに尊大ぶるとかするのは、けっして人生の厳粛さではない。そういう勿体ぶった態度は、国王の調馬師だといって得意になるのと同じように、人生の厳粛さではない。
> > > > > >
> > > > > > そのようなことはすべて、
> > > > > >
> > > > > > わたしの目には、ただ冗談としか見えない、しかもしばしばなんとも愚かしい冗談なのだ。
> > > > >
> > > > > Lizz Wright's Version of 'Hey Mann'
> > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_Wp8-ahXVFI&feature=BF&list=QL&index=31
> > > > >
> > > > > 恋するものはよく恋の甘い不安を詩人の言葉に託して吐き出しながら歓喜に酔うものだが、彼もそうだった。彼は部屋のなかを往きつ戻りつしながら、ポウル・メラーの詩の一節を幾度も繰り返した。
> > > > >
> > > > >     わが古きゆり椅子に
> > > > >       立ち返りくる若き日の夢
> > > > >     女性(おみな)らの太陽(ひ)と照り映ゆる
> > > > >       汝(いまし)へのあこがれ絶えず
> > > > >
> > > > > ・・・メランコリックな男に恋をさせてみるがいい、そしたら何もかも消し飛んでしまう、とよくきまったように言われる。しかし、彼がほんとうにメランコリックであるなら、彼にとって何よりも重大な事柄を彼の心がどうしてメランコリックに考えずにいられるだろうか。
> > > > >
> > > > > 彼は深くそして熱烈に恋している、これは明らかだ。
> > > > >
> > > > > それだのに、彼は最初の日からもう彼の恋愛を追憶できる状態にある。
> > > > >
> > > > > つまり、彼は恋愛関係をすでにすっかり完了しているのである。始めるときにおそろしく大股に歩いたために、彼は人生を飛び越してしまったのだ。・・・
> > > >
> > > > Frank Sinatra - Only the Lonely
> > > > http://www.youtube.com/watch?v=bef_s1Bhn7o&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=59
> > > >
> > > > 追憶は喪失から始まるという大きな利益をもっている、だからそれは安全だ、失うべき何ものももたないからである。
> > > >
> > > > 彼女は彼の恋人であった。彼がかつて愛した唯一の恋人、彼がいつか愛するようになるかもしれない唯一の恋人であった。しかし、それだのにまた、彼は彼女を愛してはいなかった、彼はただ彼女に憧れていただけだったのだ。
> > > >
> > > > あの少女は彼の恋人ではなかったのだ。彼女は彼のうちに詩的なものを目覚めさせ彼を詩人にする誘因だったのである。
> > > >
> > > > だからこそ、彼は彼女だけを愛することができ、彼女をけっして忘れることができず、けっしてほかの女を愛しようとはしなかったのだ。けれども、彼はつねに彼女をただ憧れていただけのことであった。
> > > >
> > > > 彼女は彼自身の全存在のなかに吸収されてしまったのである。彼女の思い出はいつまでもいきいきと残ることだろう。
> > > >
> > > > 彼女は彼にとってあまりに大きい意味をもってしまった、彼女は彼を詩人に仕上げてしまったのだ、
> > > >
> > > > だからつまり、
> > > >
> > > > 彼女は自分自身の死刑判決書に署名してしまったのだ。
> > >
> > > Kenny Rogers - Lady
> > > http://www.youtube.com/watch?v=Tj_NjLBPotQ&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=11
> > >
> > > 時の経つにつれて、彼の恋愛関係は悩みを加えていった。彼の憂鬱はしだいに勢いを得、彼の肉体力は心の葛藤にすり減らされていった。彼は自分が彼女を不幸にしたことをさとった、けれでも彼はなんら間違いを犯した覚えはなかった。しかし少しも責任(つみ)がないのに彼女の不幸の責めを負わねばならぬということ、まさしくこのことが現に彼には躓き(つまづき)であり、彼の激情をはげしくかきたてるのであった。
> > >
> > > それにしても、詩人的な憂鬱な性(たち)の男に愛されるほど若い娘にとって誘惑的なことはあるまい。
> > >
> > > 諦めることをしないで男にうるさくつきまとい、それが真実に男を愛していることの証明だなどと自惚れるほど利己的な女があるとしたら、そういう女の一生の任務はまことに安易なもので、誠実だという名誉と疚しからぬ良心を、同時にまたごく上品に洗練された恋愛までも、わけなく享受できるだろう。
> > >
> > > 神よ、すべての男をそういう誠実さから守りたまえ!
> >
> > Vera Lynn - As Time Goes By
> > http://www.youtube.com/watch?v=S8F9NzVuIuA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=1
> >
> > 恋がイデーによって支えられている場合には、どんな動きも、どのようなかりそめの感動も、みなそれぞれ意味をもってくる。そこにはいちばん肝心なもの、詩的葛藤がつねに現存しているからである。
> >
> > しかもこの葛藤は、わたしの知っているかぎりでお、わたしがここに描いているそれよりも時としてはるかに恐ろしいものであることがある。
> >
> > どんな美人もイデーほど気むずかしくはない。娘の不興など、イデーの怒りに比べると、まだしも堪えやすい、しかも何より、イデーの怒りだけはとうてい忘れられるものではない。
> >
> > わたしはレタスが好きだが、いつも芯だけしか食べない、葉は豚にやるものだとわたしは思っている。
> >
> > わたしは分娩の苦しみよりも受胎の快楽のほうが好きなのだ。
> >
> > これに文句をつけたい人はなんとでもいうがいい、わたしは意に介しない。
>
> It's Over-Gato Barbieri
> http://www.youtube.com/watch?v=ksmLewp4vf8&feature=BF&list=QL&index=4
>
> 時が経った。わたしも差しつかえのないときには、彼女の夜の祈祷に立ち会った。そこで彼女はその一日の償いに、大声をたてて喚きながら、思う存分胸の思いを吐き出した。昼間は男を蠱惑するのに費やしたからだった。
>
> 岩角に釘づけにされたプロメテウスが、禿鷹に肝臓をついばまれながら、その語る予言によって神々を惹きつけるように、彼女は恋人を惹きつけた。
>
> くる日もくる日も、すべてがささげつくされた、その日その日が最後であったから。だが、それがいつまでもつづくわけではなかった。
>
> 彼女はおのれを縛りつけている鎖を噛んでみた。しかし、彼女の激情がたけりたてばたけりたつほど、彼女の歌はいよいよ甘く、彼女の言葉はいよいよ優しく、鎖はいよいよ固くなった。
>
> この誤解から現実の関係を作り上げるなどということは、彼女には不可能だった。それこそ彼を永久の欺瞞にゆだねることだった。
>
> 彼女の思い、彼女の心は、実は彼とは別のものを、つまり、彼女が彼に象徴させているものを求めているのであって、彼はその憧憬の化身にすぎないといって彼の思い違いを説明してやるのは、彼を深く傷つけることで、それには彼女の誇りが憤りを感ずるのであった。そういうやり口は、彼女の何よりも軽蔑するものであった。
>
> それはまた彼女として当然なことだった。
>
> 男を欺き誘惑するのは軽蔑すべきことである、しかし、あなたはわたしの理想ではなかったのだと説明して男をいいくるめたり、あなたは詩神にすぎなかったのだといって男をなだめたり、自分を悪者にしないばかりか立派な逃げ道までもこしらえて男を見捨ててしまうというのは、さらに軽蔑すべきことである。
>
> 男をくどく経験を多少とも積んだものなら、それくらいのことはわけなくやってのけるだろう。
>
> せっぱつまって男のほうでもその申し出に応ずるだろう。こうして首尾よく逃げおおせたうえに、しかも正直な人ということになる、親切な人ということにさえなる。
>
> しかしあとになってみると、だまされていたことを知っている男よりもいっそう深い傷を、その男は心に負っているのである。
>
> だからどんな恋愛関係においても、関係はできたが実現の見込みはないという場合には、思いやりが最大の侮辱である。
>
> エロス的な目をもちしかも臆病でない女なら、思いやりをもたないということが、男の体面を保ってやるための残された唯一の方法だということを、容易に理解するだろう。

Right Here Waiting - Richard Marx
http://www.youtube.com/watch?v=Zilog7d523w&feature=BF&list=QL&index=9

わたしは娘のすることならなんでも赦すことができるのだが、娘が恋をしながら恋の使命をとり違えるのだけは、どうにもゆるせない。

娘の恋が献身的でないなら、その娘は女でなくて野郎なのだ。

そういう娘はその恋によってまず愛する男の血を吸いとってしまい、はては男をして懊悩と絶望のあまり自分から手を切るにいたらしめるものだが、そういう恋にこがれる女を、そういう役をみごとに演じて、同情をよせる家族の者や友達に泣いてもらうひとりのエルヴィーラとして登場させることは、喜劇詩人にとって実にやりがいのある仕事であるにちがいない、このエルヴィーラは、欺かれた娘たちの合唱団で第一歌手を演じ、男たちの不実を、明らかに自分の一生を台なしにするほど不実だったと、いかにも大げさにまくしたてることを心得ている女、しかもそういうことをずうずうしくも落ち着き払ってやってのけながら、自分自身の誠実さのほうこそ、むしろ愛する男の生命を奪いかねないということに、半秒間も思いいたることのない女なのである。

女の誠実さというものは偉大なものだ、とりわけ男の要求をその厚意に感謝しながら懇ろに断る場合にそうである。

女のそういう誠実さはいつも測り知れず、理解しがたい。

恋する男が、どんなに苦しくとも、怒りの言葉をひとことも女に浴びせることなく、かえって女をだまして、自分を欺くとはけしからん男だと思っている女の思い違いを強めてやるという、より深刻な復讐に甘んずるだけのユーモアを失わずにいるとしたら、この場面は実に愉快なものになることだろう。



> > > > > > > > > > Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble - Ov zarmanali
> > > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=eL2b4Y2_qxY&feature=mfu_in_order&list=UL
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > わが沈黙の共犯者よ!
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > ぼくの生活はぎりぎりまで押しつめられました。この世に生きているのがたまらなくいやです。味わいも意味もない生活です。人々が提供してくれる説明など、たとえばピエロ以上に飢えていたにしても、ぼくは食いたく思わないでしょう。

> > > > > > > > > Arvo Pärt - Sarah Was Ninety Years Old (Part 1 of 3)
> > > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=g0Usv4O9lSQ&feature=BF&list=QL&index=29
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ぼくの理性は立ちどまっています、というよりも、ぼくは理性と別れている、といったほうが当たっているでしょう?
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > ある瞬間には、ぼくは疲れ果てて、生気を失い、無関心のあまりまるで死んだようになります。また他の瞬間には、ぼくは荒れ狂って、誰かぼくの怒りを放散することのできる相手を見つけるために、世界の極(はて)から極まで絶望的に駆け廻ります。ぼくという存在のうちにある一切のものが、自分自身と矛盾して喚(わめ)いています。

> > > > > > > > Carmen McRae - Trouble Is A Man
> > > > > > > > http://www.youtube.com/watch?v=_zhboeJkNGg&feature=related
> > > > > > > >
> > > > > > > > http://lyricsplayground.com/alpha/songs/t/troubleisaman.shtml
> > > > > > > > ぼくは何か災難にあったのではないでしょうか、あの事件はひとつの災難なのではないでしょうか?
> > > > > > > > 現実があらわれるその瞬間に、すべては失われたのです。そのときはもう手おくれです。彼女がそこに見いだそうとする現実は、ぼくにとっては、ぼくの本来の精神的現実につきそって走る影にすぎません、あるいはぼくを笑わせようとし、あるいはぼくの生活を侵して掻き乱そうとする影なのです。
> > > > > > > >
> > > > > > > > つまりは、まるで影をつかもうとでもするかのように、あるいは影に向かって手を差しのべようととでもするかのように、ぼくは手探りしながら彼女をつかもうとするようなことになるでしょう。

> > > > > > > > 名前こそありませんが、それでもおそらくはぼくは、あなたにとってつねに何ものかであるだろうと思います。
> > > > > > > >
> > > > > > > > そしていかなる場合にもかわらぬあなたの忠実な友です。
> > > > > > > >
> > > > > > > >                                  敬具

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -