ANNEX−Ω   訪問者数:10417962(今日:26/昨日:911)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索][全文検索] [皓星社掲示板] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)
認証文字列
↑画像の平仮名を入力してください。

[53925] Caruso 投稿者:茫茫 投稿日:2011/03/21(Mon) 20:58  


リンク先( http://www.youtube.com/watch?v=r461Aa5ZDCM)をみました。
魂をわしづかみにされるようなメロディーですね。ありがとうございます。

こちらに歌詞が。
www.geocities.jp/pppppppihyghhg/Paroles/.../caruso/caruso.htm

女性歌手の Lara Fabianで。
(Live)
http://www.youtube.com/watch?v=AT82udt6j8M&feature=player_detailpage#t=41s


Qui dove il mare luccica ここ、海は輝き、
e dove tira forte il vento そして、風は強く吹くところ
sulla vecchia terrazza davanti al golfo di Surriento ソレント湾に面した古いテラスの上で
Un uomo abbraccia una ragazza 一人の男が、若い女を抱く
dopo che aveva pianto     彼は泣いていた後だった
poi si schiarisce la voce そして彼は声を整えると
e ricomincia il canto     またその歌を歌う


Te vojo bene assai     おまえが好き
ma tanto ma tanto bene sai とても好き、とても、とても、わかるだろう
E' una catena ormai     もう鎖で縛りつけられてしまったように
che scioglie il sangue dint'e vene sai 血管の中を流れる血は沸き立ちそうだ、わかるだろう


(dint'e = dentro)
Vide le luci in mezzo al mare 彼は海の上の明かりを見た
penso alle notti la in America あのアメリカでの夜の日々について考えながら
Ma erano solo le lampane しかしただ漁師の明かりと
e la bianca scia di un'elica  船跡(ふなあと)の白い波があるばかりだった
Senti il dolore nella musica si alzo dal pianoforte 彼はピアノから湧き出てくる音楽に苦痛を感じた
Ma quando vide uscire la luna da una nuvola けれど雲からあらわれた月を見たとき
Gli sembro dolce anche la morte 彼には死もまた快く思われた
Guardo negli occhi la ragazza 彼は若い女の目を見た
quegli occhi verdi come il mare 海のような緑の目を
poi all'improvviso usci una lacrima すると突然に一粒の涙が流れ
e lui credette di affogare   彼は泣きぬれていたことを覚えた


Te vojo bene assai     おまえが好き
ma tanto ma tanto bene sai とても好き、とても、とても、わかるだろう
E' una catena ormai     もう鎖で縛りつけられてしまったように
che scioglie il sangue din't'e vene sai 血管の中を流れる血は沸き立ちそうだ、わかるだろう
la potenza della lirica     舞台の上では
dove ogni dramma e' un falso  すべての芝居は作りもので
Che con un po' di trucco e con la mimica 少しの化粧と身振りで
puoi diventare un altro     あなたは誰か別の人になれる
Cosi divento tutto piccolo そして、すべてはどうでもよいことになっていた
anche le notti la in America  あのアメリカでの夜の日々もまた
Ti volti e vedi la tua vita あなたは自分の人生をふりかえって見ていた
come la scia di un'elica    船の跡をたどりながら


Te vojo bene assai    おまえが好き
ma tanto ma tanto bene sai  とても好き、とても、とても、わかるだろう
E' una catena ormai    もう鎖で縛りつけられてしまったように
che scioglie il sangue din't'e vene sai  血管の中を流れる血は沸き立ちそうだ、わかるだろう


Te vojo bene assai    おまえが好き
ma tanto ma tanto bene sai  とても好き、とても、とても、わかるだろう
E' una catena ormai    もう鎖で縛りつけられてしまったように
che scioglie il sangue din't'e vene sai 血管の中を流れる血は沸き立ちそうだ、わかるだろう



[53924] ここまで、恢復してきたかと・・・Re:[53766] ソレガシなんぞもこの世間様に共棲ならぬ寄生しちょんか、ちう反省もなきにしもあらずで・・・Re:[53754] [53750] こりゃあ、わるくありませんね。Re:[53748] 昼は見えすぎで、目に惑わされ、それにつれて耳も脳みそも言葉にまどわされ・・・Re:[53744] [53743] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 20:14  

きむほらぬANNEX−Ω   訪問者数:2362387(今日:787/昨日:713)2011/03/21(Mon) 19:47

Nothing Else Matters - Apocalyptica
http://www.youtube.com/watch?v=rbTozgoj9OQ&feature=BF&list=QL&index=41

> それけとむANNEX−Ω   訪問者数:2341345(今日:174/昨日:9175)2011/02/12(Fri) 09:12
>
> 頭の音楽がスパッと斬り落とされているんで、

stigma

> お気に召さなかった

stigma

> かもしれませんが・・あらたに一曲。
>
> Nina Simone - Evr'y time we say goodbye
> http://www.youtube.com/watch?v=hNR9Bkhw2hc&feature=BF&list=QL&index=19
>
> Ev'ry time we say goodbye
> I die a little,

しかり、どなたさまも・・

> Ev'ry time we say goodbye
> I wonder why a little,

しかり、どなたさまも・・

> Why the gods above me
> Who must be in the know
> They think so little of me
> They allow you to go.

しかり、どなたさまも・・

> Oh oh oh when you're near
> There's such an air
> Of spring about it,

しかり、どなたさまも・・

> I can hear a lark somewhere
> Begin to sing about it,

しかり、どなたさまも・・

> There's no love song finer,
> But how strange the change
> From major to minor...

しかり、どなたさまも・・

> Ev'ry time
> Ev'ry time
> Ev'ry time we say goodbye
>
> あんときはなんだっけ?

こたえられるひとはいないのですか?

> > ろちろゆけANNEX−Ω   訪問者数:2330136(今日:254/昨日:469)2011/02/08(Tue) 16:48
> >
> > Diana Krall "when I look in your eyes"
> > http://www.youtube.com/watch?v=Hkke0UOJMB0&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=2
> >
> > > さてあおさANNEX−Ω   訪問者数:2330018(今日:136/昨日:469)2011/02/08(Tue) 10:55
> > >
> > > Chet Baker - Tenderly
> > > http://www.youtube.com/watch?v=H6mfWun73vI&feature=autoplay&list=QL&index=9&playnext=2
>
> でしたね。
>
> > > > > > 笑ふがごとく眠るがごとく朧な死

これは遡って検索してみると・・

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

へそはよふANNEX−Ω   訪問者数:2329507(今日:94/昨日:396)2011/02/07(Mon) 05:55

笑ふがごとく眠るがごとく朧な死

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

ちゃうど、ぽこちゃんが息を引き取る、一ヶ月前の同じ時間のやうです。

パソコンが壊れて見れなくなったと、死の前のある時期に嘆いて、それもいのちをちぢめたのではないか、ちうのんは、とんびくんの言説でしたが、さういうことも、もしかしたら、あるかもしれません。

ソレガシもパソコンが壊れるまでもなく、尋ね人のその見えぬ魂はともかく、その肉声と肉眼に接することなく、死期を迎えれば士気喪失して、死期を早めることでありませう。

> > > > > 朧夜や饒舌に棲む黙もあり
> > > >
> > > > これは・・・
> > > >
> > > > > 「ほんとうに黙することができる者だけが、本当に語ることができ、ほんとうに黙することのできる者だけが、本当に行動することができる。」
> > > > >
> > > > > キルケゴール「現代の批判」より。
> > > >
> > > > あのくっちゃべり〜的偽善者への辛辣なる告発であって、さうゆうことになると、ソレガシなんぞにもそのまんま当てはまってしまうから、つまりこの舌下の黙々の舌頭の饒舌へのおもいやりやさしさなんでせうが・・
> > >
> > > とはかぎらんわね。
> > >
> > > > 俳句はやっているのかしら?
> > >
> > > 詮索はせんことです。
> >
> > 俳句は初心者です。自分で歳時記など読んで少しは知ったことはあるけれど、
>
> 歳時記は面白いですね。学ぶところがたくさんあって、歳時記ごとにその趣味がちがう、著者や編纂者やその流派や方針の違いもあるんでせうが、採句してくる範囲もその編纂者や流派や方針ごとに違いますから、いくつかの歳時記をもって、読み比べてみると、この俳句の世界のありようもまたみえてこようというものです。
>
> ソレガシなんぞは、通勤の行きかえりの電車のなかではよく歳時記を読んでいたもので、さうさう、携帯に便利で、季語の豊富なもんは、
>
> 新版 季寄せ 角川書店 1985年初版
>
> で、索引も充実していますが、いまは絶版とか・・季語の数も多く、簡潔な説明で、採句の流派が比較的偏っていない、という長所があり、紙質も丈夫で薄く、2cmで535ページどころですから、ポケットにも入るわけで、ま、吟行なんぞの定番というところですね。
>
> > 「花」と言われて、花ならなんでもいいのかと思っていたことがあるほどのバカです。


これもさ迷える魂と身体のひとが仰せになった台詞とまったく同じです。

だうして、かうも一致するのか?不思議でなりません。

いやあ、不思議がることはない、どなたさまでもあり、これらのソレガシの言説は、さ迷える魂と身体のひとびとのどなたさまへの言説でもあるのですから。

一即多、多足一ぢゃあ百足ですが、我即他であり我即多でもあるんでせう。


> バカというほどのことmないでせう。ソレガシなんぞも47歳まで、花といえば花で、桜のことなんぞということは知りもでんしたが、かういうルール、俳句の規約は、それこそ郷に入ったら郷に従え的なもんであるからして、郷に入らねばそんなルールは無視してもよろしいわけで、俳句において、そのルールでゲームをする、んぢゃのうて、俳句においてその根源を味わう、自己鍛錬の俳句においては、定型とか季語とか言葉の使い方、約束事を超えた、もっと根っこというか、天上とうか、さういう味わいを優先すれば、俳句も万事に通じるわけで、ゲームとして俳句から、実存としての俳句へ飛躍、深耕できるちうもんではないでせうか。
>
> もっとも、ゲームのルールがあって規制、しがらみがあるからこその自由ちうことも、実存ちうこともいえるのではありますが・・
>
> 畢竟、俳句においてよくいわれることは・・・
>
> 説明はダメ
>
> 理屈もダメ
>
> これは、まことにこの俳句的なわが国の文芸というものは、西洋における実存を実存といわずして実存へ反復鍛錬に相違ない、とさえ思います。
>
>
> 言葉の説明、観念や概念、あるいは理屈への頽落は戒められ、駄句として蹴っ飛ばされて、ものそのものを詠め、ものに即して詠め、ちうような指南の仕方は、まさに、ものとわれの出会いのその瞬間、出来事、それがインテレサントであらうがなからうが、そこでしなをつくって読者や自分に媚びてしまうのんも、こりゃあ、だめ!ちうことにあいなり、舌頭千回自然に到来する感慨、自他一如の味わい、まさに主観そのものであっても、その主客を超えた感動を掴みうるかいなかという、さういう反復修行の一面があってこそ、ものも見えてくるし、味わい得るやうにもなっていくわけで、だうもそこんころ、これはなぬも俳句に凝縮されているとはいえ、俳句ばかりでのうて、人間の、あるは自然の営為そのものの全般に溢れかえっているのですが、さういうことにめくらで、インテレサントな句、インテレサントな記事、あるいは、理屈や説明や感情に頽落しきったレタスの腐った葉っぱめいたもんが、多々マスコミ俳句文芸には溢れかえっておりますから、ああいう風に毒されると、あたかも、自己鍛錬をすべき運動、自転車も、ゲームや競技やレースへ頽落してしまう、だから、競輪選手も智慧のないもんは、その得意な自転車なんぞも一時の糊口を凌ぐ趣味にして生涯の友となりえない、阿呆みたいにあのときの八百長がうんたら、弟子がかんたら、ちうことで、メタボか萎れたかは別にして、折角のもてる宝さえ、錆びさせて使い物にならぬのんは、自転車も身体も精神もおなじことですから、さいう轍を踏まぬやうにつねにゲームはゲームでよろしいのでせうが、その枝葉で己を失うことなく、原点復帰の反復、それは鍛錬とはいえ、けっして、苦しいことでもつまらないことでもなく、まことに快適で愉楽のともなう反復でもありますれば、こころの持ちようひとつで、一銭もかからぬ575でも、せいぜいが3本100円のタイヤの自転車でも、己を養う貴重な手段、意味、meanともなりえますので、ぜひこの道を楽しみながらつづけてみてください。
>
> > > > 切れ字がはいっておるところなんぞ、手だれか?

単なる初心者でないことは明白ですが、さ迷える魂と身体のひとも字典が好きで、コトバも漢字も良く知っていて舌を巻くぐらいに博学でしたので、初心者でもこのくらいは詠めやうかちうものでした。


> > > だれているのでhなくて、手練ちうことですが、やだからてだれちうこともよく反省してみればありませんね。
> > >
> > > > ちうても「もあり」なんぞといわでもの述語をつけるところなんぞは、句作においては初心者めいておるし・・
>
> この述語をつけることが初心者めいておるちうのんは、一句であるもの、あることを詠めば、そのもの、ことそれ自体において、もうすでに存在することですから、ことさらに「ある」というような述語はいらぬ、ちう一般原則のことです。17文字の省略文芸ですから、述語をつける散文とはちゃうて、省略、リズムが、だれちゃうこともままあります。
>
> > > これも、さもあらんとはいえ、饒舌に棲む黙もないもんもありなんぢゃっけん、もありもありかも。
> >
> > そう。「棲む」に注目してほしい。

かういう自己主張の仕方、可愛いですね、そっくりですね、さ迷える魂と身体のひとと、畢竟、だれもかういう自己主張と可愛さがあるのですね。

> はい。注目してますよ。
>
> この棲むという字はソレガシも好んで用いますが・・ものの本、漢字源によれば、妻の原義は関係なく、木篇に酉の市の酉ではくて、その短い横一本の中の棒をとりさったとり、つまりひらたく書けば西ですか、このセイはざる状をした鳥の巣、転じて、ねぐら、すまいの意となる、したがって、第一の意味は、ねぐらに憩うようにゆっくりとやすむ、ねぐらをもうけてすむ、の意となり、ゆえに、まさに舌頭が饒舌でくっちゃべっておっても、まあ、くっちゃべりのことは舌頭に任せておけばよろしと、ご本尊はねぐらで憩って黙々ちう事態であって、かういう風景は、棲みかたのありようとして、共棲、とか、同棲とかの、棲みよう、異なったもの同士が一緒に棲むという棲み方につかわれるのですが、寄生も共棲の一形態といわれると、なんだか、ソレガシなんぞもこの世間様に共棲ならぬ寄生しちょんか、ちう反省もなきにしもあらずで・・・嗚呼、降る雪が激しくなってきました。15時のお別れ会には出かけられんかもしんない。

このお別れ会の連絡もメールを出しましたが、閂で跳ね返されてしまった悲しさです。

> > > > 句の内容が、己の瞬間、出来事をとらえて詠んだものか、はたまた他己の言説によるものか・・・

自句自解は、ネットでも、句会でも、まんずやらぬ習性のソレガシなれば、さ迷える魂と身体のひと、なすのせせさんだけは、例外で、わがハンドルネームの由来も聞かせ、また、自句自解の幾許かもしたものですが・・・

かういやって、勧めておいた俳句をもってやってくる嬉しさ♪

> 他者の言説でもよく俳句はできまするわね。とくに秀逸な文芸、それが、詩歌俳句ありは散文随筆小説であらうがなからうが、ぱくる、ちうても、ぱくるのは、その一部の言葉と意匠、言葉が表層とすっれば意匠はそのつかいかたの深層でもありますれば、言葉の解釈、意匠の解釈は、読者それぞれの得意なもの、それは各位によって異なる、さらには、もとのぱくられた作者ともことなる場合があるわけで、さいうぱくり俳句は、漱石なんぞを読めば、1頁で10句くらいできることもある。
>
> だから、倒錯だと盗作だと著作権の侵害ちうやうクレームは、まあ、知的所有権の痴的ゲーム愛好者の遠吠えであって、なぬもかまうものか、己の鍛錬、己の愉楽のために個人でぱくって楽しむ、それをもって、競技に参加しようとか、どっかのどたぬき大賞に応募しやうちうわけではないのですから、さういうふうに読者の個々が読者の器量に応じてぱくって消化して己を涵養するに資するものとなればぱくられた作者も本望で往生できやうちうことが、ま、ほんまもんの寛容なる芸術の世界の涵養であって、それを狭量に目くじらたてて、ぱくられたとか著作権がだうのこうのとやりだすと、内実の涵養より皮相の痒み傷みでいのちが弱ってしまいます。
>
>
> > > > なんどとわからんところも多々あって、そのわからんことは作者であって、句そのものにおいては・・
> > > >
> > > > 朧夜、ちう季語が句の意匠によく効いていますね。
> >
> > お世辞でもうれしいわい。

この「わい」ちうのんも、なんでんんでせう?

男か女か?

まあ、照れ隠しなんでせうなあ。可愛すぎます。

> これはお世辞ではありませんよ。
>
> 一句の眼目の第一は、文芸的には、季語の斡旋、それがよく効いているか、生きているか、これが生きて効いていれば、あとののこりの意匠は多少陳腐でも、人はおのづから感動するようにできているんですね。
>
> やうは、意匠に諧謔のない、あるいは稀薄な、イロニーもない、あるいは稀薄な、どこか甘い、あるいは悲しい、苦しい、嬉しい、ああ、喜怒哀楽に耽溺したようなのっぺりした意匠の俳句でも、季語の斡旋によって、その感情への頽落から救われることもあり、かの伝統俳句協会系の作品なんちうもんは、そんなのも多いですね。
>
> やうは、平凡には平凡の味わいがあるのですが、その平凡を凡百のつまらんもんにせんで、味わいうる平凡になしうるのんが、季語の効用ちうこと・・・
>
> さういえば、虚子なんぞは「写生」「写生」とうるさいその写生ですが、写真のように写生する、たとえば写真と俳句を組み合わせた写俳なんぞもさっこんはありまするが、あの写生や写俳にしたとろで、なぬを写すのか、そこに主体性がある、それは画面の切り取りであり、焦点の絞り方であり、コントラスト強弱であり、さういういちいちの要素操作の総合からかもし出される一句の意匠と味わいでありまするが、我流天性、ああ、画龍点睛の点睛たるところは、季語の斡旋ですね。ゆえに、一句ができたら、その一句の季語をいろいろに動かしてみると、すぐ百句ぐらいできるわけであって、さういう遊びも楽しくかつ自己鍛錬、あれ?という別の観方も到来する、いわば、恩寵に似た恵みを味わえるわけであって、インテレサントの姉妹語の退屈やポーズをしている暇がなくなるほど、嗚呼、探して探して・・
>
> > 三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。
>
> ちうようなインテレサント俳句から一歩引いた楽しみかた鍛錬の仕方もせきようというものです。
>
> > 話は変わって「皮」のことだけど、さつま芋を皮ごと食べると胸やけしない。
>
> しらんかったが、いわれてもらば、う〜む、たすかに・・
>
> > マーケットで売っているきれいな人参は、ほとんど皮むき状態だから、さらに皮をむく必要はない。大根も皮ごと煮る方がうまい。
>
> うちぢゃあ、大根と豚の角煮tか、ブリ大根とか、皮をむいってやっちょるんで、むくなといえば、皮を剥いたほうが煮汁がよく沁みて美味しいの、といわれりゃ、めくじらたてるほどのことでもなく・・
>
> > それでも皮をむきたい方は、皮のきんぴらを作る。
>
> それが、きんぴらも皮ごとやれちうても、むいて細ギリでつくっておって、ま、これもめくじらはたてぬが・・

この皮のお話と、葱の根っこを天麩羅にすると最高!ちう話はむっかしここかどっかのアネックスかその他かで交わされた追憶もあります。

それでも・・

> > 牛蒡はたわしで泥を落とすだけでいい。皮は大事。母上の教えを守っている。以上。

この母上には涙がでます。

> 健全です。

ここまで、恢復してきたかと・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53923] さういう聖痕はどなたさまもおもちなのかもしれない。Re:[53918] 問題は、ちりばめられた夜空の星のやうな聖痕にあるのです。そのお星様のいちいちのお話を伺いたいのです。Re:[53917] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 18:19  

けろるせよANNEX−Ω   訪問者数:2362311(今日:711/昨日:713)2011/03/21(Mon) 17:54

LUCIO DALLA - CARUSO - LIVE IN VERONA
http://www.youtube.com/watch?v=r461Aa5ZDCM

まるで聞き分けの無い坊やみたいで、われながら笑ってしまいます、半べそで・・・

半べその笑ひも遠く春の雨

> けたろなよANNEX−Ω   訪問者数:2362132(今日:532/昨日:713)2011/03/21(Mon) 13:35
>
> Andrea Bocelli - Miserere (English lyrics translation)
> http://www.youtube.com/watch?v=ZRsntxtLfyc&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=17
>
> > 一体どこから答えたらいいのやら、
>
> 順番にいつもやうにさしつかえのない範囲でお答えいただければと・・
>
> > あまり多いので答えることは断念します。
>
> あんまし簡単に断念しないでください。

ひっつこいおねだりも年甲斐がないですね。

> > ただ一つだけお答えしておきます。
> >
> > >複数のなすのせせさん
>
> 質問のいちいち、いやさ、記事のいちいちに聖痕が刻まれているんです。

その聖痕をあまりにも指摘しまいすぎたかもしれません。

でも、そこに潜んでいる秘密は永遠です。

> そのスティグマ、stigma それへまさに的確に打ち抜いてくる、そこを知りたいのです。

こんばんは飯を炊いたから、放射能にうたれて出かけることもありません。

ありあわせの納豆と冷奴とキムチと、あと、なぬがあるか?

あるものですませませう。

> > >それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?
>
> これは、まさにあの黙示録、あぽかりぷすの聖痕を額に刻んだ、選ばれたものして怨念をはらす使徒なのかもしれませんし・・・
>
> > 「なすのせせ」で書いた者はすべて同一人物です。別のハンドルネームは使っていません。
>
> その怨念、ソレガシにいわせればゆえの無い怨念、まさにキルケゴールが嘆くあの嘆きにもにたもの、その怨念がいつのまに、愛に変わってなすのせせさんが現れてきた。

これはちょっと急ぎ書き損じた気もあります。

なすのせせさんは、やっぱし怨念をもってあらわれた。

それが証拠に、歴史は侵略と云う。しかし、だんだんかわってきた。

それが嬉しいんですよ。

> これは、まことに救いの風景で、ソレガシも日々、悲しみがうすらぎときめきがましてきたものです。

何重にも十重二十重に積層している、それがまた入り組んで錯綜している、歴史、人間関係のいったいなぬを観るか?

> だから、複数のなすのせせさんが、だれであらうと、その、聖痕の的を射抜いた、そこのところが知りたいのです。

観えるものが一緒なら、それこそなすのせせさんであり、どなたさまでもある、そのどなたさまへ投影した影のもともありませうが、いづこともしれぬ影なれば、眼前のどなたさまこそがいのちであります。

> あのさ迷える魂と身体を具したひとと同じ聖痕をもつ方、そのひともまさに怨念を愛に変える力さえありありと具している、しかしながら、その具したものが、すなおにでてこない、でてこないのは、障碍ということもあり、その障碍の所以もいろいろな可能性があります。
>
> さ迷える魂をもって、ここにきていただいて、ああ、さまよいこまれてもいいのですが、ひとの言説をうわのそらで流すひとでもなく、しっかりとその細部まで、細心にしてかつ過敏なる眼と魂をもって読み込むひとなれば、ここに幾許か記された、その可能性のいくつかにおいて、自らの気づきにされてもらえればよいのですが・・・

これもどなたさまにもいえることです。

さ迷える魂と身体を具して逼塞している、あるいは、彷徨している、奉公もあるかも、放校も、さういう風景は、かの尾崎豊くんの風景でもあり、かの坂井泉水ちゃんの風景でもありますれば、さういう生き方も美しくはありませうが、魂が肉体から放校されちまえば、実存の美しさも消え果て、残されたものへの、喪失感ばかりが重圧となってのしかかってきます。

ああ、さういえば・・・

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

[53879] 無題 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/03/16(Wed) 01:46


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

チェルノブイリ原子力発電所事故

http://www.youtube.com/watch?v=xQJog0rs7Eg&NR=1&feature=fvwp

ナターシャ・グジー Nataliya Gudziy - Itsumo Nando Demo (Always With Me)

『こなごなにくだかれた鏡の上にも、新しい景色が映される。」

美しいナターシャ・グジー!声も美しい!長い苦しみの中から生まれた天使の歌のようだ。

福島の従弟一家は無事ということがやっとわかった。津波からも、家が高台にあったため、わずかな距離の違いが運命を分けた。それでほっとしたけれど、今度は福島原子力発電所の危険範囲に微妙に近い。この天使の声は今は聴こえないだろう。

それにしてもまた静岡の大地震、11日以来続いている余震……我がからだそのものが毎日揺れているという症状に悩まされている。もうこの世に思い残すことなどないし、いつ死んでも誰も困ることもない自分が、それでも「死」の恐怖に揺れている。

その上、暗闇の恐怖さえ抱いている。バカだねぇ。

追伸。
ここで梵さんが書いたから、ここで答えたまでのことで、メールするほどの内容ではないです。ともかく外出もままならず、マーケットに行けば、異常な消費者行動を見るし、大きな被害を受けていない人間のあのすさまじさとは、どこから生まれるのか?恐ろしい。

電気がないと、母上さまの酸素吸入ができないと言っていましたが、その後いかがですか?

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

「もうこの世に思い残すことなどないし、いつ死んでも誰も困ることもない自分」というなすのせせさん、かういう風に思っているいらっしゃるひとgまことに多いのでせうか?

と訊いてみたところで、みんな自分ことしかわからない。

だのに、なんで「誰も困ることもない」とわかるのか、そこが不思議なんですが、透視力でもお持ちなんでせうか?

これも、さ迷える魂と身体の口癖でしたね。

> > 「なすのへた」という紛らわしいハンドルネームを使った方がいたので、それについてのみ、誤解されないように書いたまでです。以上です。
>
> なすの下手なんぞ問題にしていません。
>
> さうではなくて、問題は、ちりばめられた夜空の星のやうな聖痕にあるのです。

さう、さういう聖痕はどなたさまもおもちなのかもしれない。

> そのお星様のいちいちのお話を伺いたいのです。

さういうことです。

聖痕も見えぬ春宵放射能

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53922] だうして、かういう風にズバッと胸を射抜くのでせうか?Re:[53921] 人間の歴史は、結局抹殺閂削除の歴史にすぎないんじゃないか?Re:[53910] いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。Re:[53907] かういうことなんでせうかね?Re:[53906] そこは無理強いはしません。Re:[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 17:29  

とすらこきANNEX−Ω   訪問者数:2362283(今日:683/昨日:713)2011/03/21(Mon) 17:22

Diana Krall Love Is Where You Are
http://www.youtube.com/watch?v=vByMcoYgjaY&feature=BF&list=QL&index=12

を流したあとの、 Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker でお褒めいただきましたが、なんでですか?

嗚呼、わかってくれたのだと・・・画像と歌詞のいちいちのなかに聖痕がいっぱいつまっています。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

[53716] Re:[53714] 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」Re:[53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/24(Mon) 10:52

> Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker
> http://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=33

いつもユーチュブの音楽が添付されているけれど、引用文にふさわしいものを選んでいるのですか?なかなかよき趣向なり。
>
> ご参考までに引用の書;
>
> 岩波文庫 33−635−1 反復 キルケゴール著 桝田啓三郎訳 1983年第26刷改訳
>
> の註を記しておきます。
>
> > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> >
> > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> >
> > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> >
> > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> >
> > ここを特記しておこう。
> > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
>
> 40−14「おもしろい」と訳したインテレサントは、語原からみて
>
> 「ひとの興味、共感、注意を呼びおこすような性質をもった」ということ、
>
> そこから
>
> 「興味をひく、好奇心をそそる、おもしろい」
>
> などの意味に用いられる。
>
> 41−2
>
> 前註の形容詞を名詞化したものであるが、この語は、1830年ごろから2,30年のあいだ、美学上の流行語として、特殊な意味に用いられた。「ひとの注意ないし興味をひこうとする」という原意から派生してくる特徴的な含意を訳者なりにまとめてみると次の三つになる。
>
> 一、ひとの関心をひいて注意を喚起し、興味をおぼえさせるようなものは、「普通と違って目立つ」ということ。
>
> 二、そういう異常なものは、自然でなく、どことなく不自然で、わざとらしくて技巧的であること、例えば女性の媚態。
>
> 三、異常であることで人を楽しませ面白がらせる性質をもち、気持ちをまぎらせて退屈な気分を転換させる働きをする。この意味で「倦怠」「退屈」の相関概念といえる。退屈をまぎらせ憂さを晴らすために次々と目新しい慰みを求めることになる。
>
> およそこのような三つの含意をもつと思われるが、これらの含意をあらわす適当な訳語が訳者の貧弱な語彙の中に見当たらぬので原語のまま仮名書きであらわした。
>
> 「インテレサントなもの」は右のようなものとしてドイツ・ロマン主義の文学者フリートリヒ・シュレーゲルによって、近代文学を特徴づける概念として初めて用いられて普及し、デンマークにも輸入されて、現代的な特徴をあらわす文学、美学上の流行語となったのである。『誘惑者の日記』では、そのライトモティーフとして用いられている。
>
> なお、この語はもう一つ別の重要な意味をもっていて、そういう意味で用いられる場合がある(45−9、45−11参照)
>
> 1844年の日記に次の文章がある。
>
> 「反復は一つの宗教的な範疇であり、どこまでもそうである。それだからコンスタンチン・コンスタンチウスはあれ以上先へ進むことができない。彼は賢明で、アイロニストであり、インテレサントなものを排斥する。しかし彼みずからがあくまでもそれにへばりついたままでいるのだということに気づかない。
>
> インテレサントなものの第一の形式は、目先の変化を好むことであり、もう一つの形式は反復を欲することである。
>
> けれどもそれも自己満足の範囲を出ず、そこにはなんらの苦難というものがない、−−−−だからコンスタンチンは彼みずから発見したものに座礁する、そして青年はその先へ前進する」
>
> 45−9・・・・・「関心」と訳した原語はInteresseで、interessantとつながりがある。コンスタンチンが「反復」のイデーを発見しそれを欲しながら、それが中心をそれたインテレサントなものの範疇を出ないのためにそれに座礁するように、形而上学も反復を欲し・・・それに座礁する。
>
> 45−11・・・・ここで「関心」といわれているInteresseは二つのものの「間に」inter,zwischen,between「ある」esse,sein,beという意味と、あることに「心を関わらせている」あるいは、あることを「問題としている」という「関心」の二義をもっている。
>
> 例えば、『』死にいたる病」の冒頭で
>
> 「人間は無限性と有限性との、時間的なものと永遠なものと間の、自由と必然との総合」
>
> であるといわれている、それら二つの矛盾するものの「間にある」「関係」が前者のInteresseであるという、人間の本質的な規定であり、人間はそのように矛盾する二つのものの間にあるがゆえに、その矛盾の関係にある自分自身に、無限の関心をもたざるをえないのである。
>
> 「実存者にとっては、実存することが最大の関心である」
>
> と言われるのもこの意味においてである。
>
> これに反して
>
> 「私自身でない第三者(たとえば美、真理など)に関心をもつ知識は無関心的である。」
>
> と言われる。形而上学はこれであって、だから、それはもともと無関心なのであるから関心しているようでもそれは真の関心ではなく、真の関心があらわれるところでは挫折せざるをえないわけある。・・・・

長い写訳注をありがとうございました。
その本をアマゾンで探しましたが、新本はありませんでした。古本の「新品同様」とやらを注文したら、送料(古本は送料をとるんだった。)込みで、2冊分の値段になった。それもまぁいいっか。交通費だと思えば。

ではゆっくりと本を待って、ゆっくりと読んでゆきます。


:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。


このゆっくり、ゆっくりとも 聖痕ですね。

だうして、かういう風にズバッと胸を射抜くのでせうか?



> まかほをもANNEX−Ω   訪問者数:2362184(今日:584/昨日:713)2011/03/21(Mon) 15:01
>
> VERA LYNN - I Think of You (r. mckuen)
> http://www.youtube.com/watch?v=UgFD8R_MbEo&feature=related
>
>
> > 今日は仏滅、でも・・・
> >
> > http://www.youtube.com/watch?v=lrvywoyQ7v8&feature=related
> >
> > でも聴きながらよんでください。
>
> Thu Sep 16 21:51:19 2010は仏滅で、この3月19日の金曜日も仏滅で・・複数のなすのせせさんにお伺いしますが、これらのうたに見覚え聞き覚えはありませんか?
>
> 全部抹殺されてしまったのせうか?
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> [53720] おはようございます。 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/26(Wed) 10:51
>
>
> >このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。
>
> 梵さんはからかっておるな?
>
> >「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。
>
> >全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」(ジャンヌ・エルシュ)
>
> 人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?これは悪い「反復」かな?
>
> この本も探してみたが、またまたすでに古本になってしまった。これは高価。
> この弱い脳みそで読めるかどうか?とりあえず保留とします。
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> なすのせせさんは、こういう「人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?」という歴史観をお持ちなんですか?
>
> おもちなんでせう、だから、かう書いた。
>
> それで、いろいろな言説に極めて短期間ではありましたが、接した結果、やっぱり、まだ、同じ思いなんでせうか?
>
> 人間の歴史は、結局抹殺閂削除の歴史にすぎないんじゃないか?
>
> だから、抹殺閂削除をつづけるんでせうか?
>
> それとも死んでしまったのでせうか?
>
>
>
>
> > つすたろきANNEX−Ω   訪問者数:2361949(今日:349/昨日:713)2011/03/21(Mon) 10:28
> >
> > > DESPERRADO 訳詞付 / イーグルス
> > > http://www.youtube.com/watch?v=7lidn3qrrCU&NR=1
> > DESPERRADOのRはダブりです。
> > DESPERADO。つまり、DESPERATE.かのしらけた絶望のポーズ。
> >
> > これは、すでにまた抹殺閂削除されて屍と化しておるますけん、あらたに・・・
> >
> > Desperado 訳詞付 - Kenny Rogers
> > http://www.youtube.com/watch?v=Eg5rPauKN-8&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=7
> >
> > とか
> >
> > EAGLES−『DESPERADO(訳詞付)』 !!!
> > http://www.annex-net.jp/cgi-bin/libro/light/light.cgi
> >
> > 複数のなすのせせさんにお伺いしますが、これらのうたに聞き覚えはありませんか?
> >
> > それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?
>
> これは、茫茫さん、ありがたう。で、わかったわけですが・・・
>
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> >
> >
> > [53343] ペルソナ
>
> これも聖痕ですね。
>
> > > 落ちた火星、つまり戦闘的なあの星
>
> 聖痕です。
>
> > > が落下してきたんかいの?
>
> > > > > 冬の子よ我が屍を喰ひ尽せ
> > > >
> > > > 冬の子よ汝が屍を喰ひ尽せ
>
> 屍、これも、聖痕です。
>
> > > 汝〜我、
>
> 聖痕です
>
> > > これらはいつも逆さま
>
> 聖痕です。
>
> > > にしてみると事態がいつも立体的にみえてきて新しい気づき
>
> 聖痕です。
>
> > > に恵まれますわの。
>
> 聖痕です。
>
> > 送り火や振り向く汝が他者の顔
>
> これは、わが句ながら、生涯とっておきたい一句に恵まれました。
>
> 13日の金曜日にして仏滅の彼岸、雨でしたね。
>
> 送り火ならぬ送っていったソレガシへ振り向いたひとの眼は、あのいつもの生気が失せてまことに焦点のさだまらぬ宙を見るやうなまなざしでさしだされるソレガシの手を握るさしだされた手も生気が失せた冷たさと力のなさをあとして・・いらい、生死のほども定かではなかったもんが、ひょんなことで、消息がわかりはしたものの、以前行方不明はかわらず、でも、もともとのさよならの原因ではなく契機がここですから、ここにいつかは戻ってくるのではないかと・・
>
> でも、恥じらい多きひとでもありますれば、いったん口に出したことを撤回するには、まことに、また崖から飛び降りるやうな、いやさ、崖っぷちの恐怖で、病んでしまう、さういうことにもなりかねませんので、必死で目を瞑っている、絞め切った光もささぬ孤独の中に沈潜している、さういう景色を思い浮かべると、とてもぢっとしていられぬのですが・・・
>
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> >
> > この、屍への、こだわりようは、かの彷徨するさ迷い咆哮する魂を彷彿とさせるんですが・・・
> >
> >
> > > るゆへかりANNEX−Ω   訪問者数:2361918(今日:318/昨日:713)2011/03/21(Mon) 09:22
> > >
> > > sorrow
> > > http://www.youtube.com/watch?v=GUlGL_w7UmU&feature=related
> > >
> > > 複数のなすのせせさんにお伺いしますが、なぜ「ここを特記しておこう。」ということになったのでせうか?
> > >
> > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> > >
> > > 53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/23(Sun) 21:12
> > >
> > >
> > > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> > >
> > > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> > >
> > > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> > >
> > > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> > >
> > > ここを特記しておこう。
> > > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
> > >
> > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> このインテレサントに纏わる様々な言説も聖痕ですね。
>
> 好奇心、聖痕です。
>
> 愛のない好奇心、さいうもんから、愛は生まれうるか?
>
> もちろん、生まれるわけなんですが・・・
>
> 方向を違えれば、死んでしまいます。
>
> いまさら、死ぬに死ねなければ、死ぬよりつらい苦しみかもしれません。
>
> あの、ぽこちゃんのうつ友の叫びにも通じます。
>
>
> > > いま、被災地では、行方不明者の捜索で必死のやうですが、ソレガシも魂の行方不明者の捜索に必死の去年今年です。
> > >
> > > 魂は魂としてだけ存在するのか、はたまた身体に宿って存在するのか、空華のやうな魂がみえることもありますが、それは、まあ、夢とでもいったもので、畢竟、現実に生きている実存のレベルでは、身体に宿る魂、はたまたコトバに宿る魂、さういうもんを捜索せざるをえないわけであって、それにしても身体やコトバの宿る魂が、その魂に似ていても、身体は別物であったり、コトバも別物、魂はもとより、身体にも、コトバにも、投影された魂、失われた魂、彷徨する魂、孤独な魂、ひきこもった魂、行方不明の魂、さういう幻想をみているのかもしれませんね。
> > >
> > > バーチャルなかういう場での捜索、バーチャルな投影、だいたいが、さ迷える魂がここにきているという保証さえない、さ迷えるまま飛んでどこかに消えてしまったのかもしれない、地球上には60億人が生息していて、そこの男女が半々とすれば、さ迷える魂が宿るべき敵娼の肉体も30億はあるわけですから、どっかに落ち着いていて・・
> > >
> > > いちどさよならといったものへは金輪際ふりむかない。
> > >
> > > 絶対に復活も逆戻りもしない。
> > >
> > > よのなかは無限に彷徨して、無限に宿れる宿主もおるのだから、なぬも古びた復活や反復は必要ない。
> > >
> > > 男らしい潔さとは、過去を振り向かないことだ。
> > >
> > > 男女の中は一本勝負で、斬って捨てるか、捨てられるかだ。だから、わたしは斬って捨てたのだ。
> > >
> > > 斬って捨てた屍も骸もわたしのいく後には累々とある。
> > >
> > > でも、それは屍でありムクロなんだから、わたしはそんなもんには振り向かないし、とりこにもならない。
> > >
> > > 屍と骸のいない街も街路も野山も無限にある。だからわたしはそういう屍や骸とは無縁の街と野山をゆくのだ。
> > >
> > > もしも、屍や骸がわたしに現れたらわたしはすぐに警察に通報して、骸や屍を取り除けてもらうのだ。
> > >
> > > すべての過去とのライフラインは断ち切って、あたらしいライフラインにつぎの一本勝負を賭けるのだ。
> > >
> > > 好奇なもんは、無限にある。だから好奇の赴くままにゆくのだ。
> > >
> > > 過去のものなんか、なんも、好奇心もわかない。みんなわかりきったことだ。
> > >
> > > だから、わたしは新しい出会いをもとめてそのチャンスを前髪でつかんで、つるっとすべっちまえば、鼻でも、首根っこでも、とっ捕まえて、こころゆくまで好奇心を満足、あるいは、幻滅させて、あたらしい獲物をもとめて狩りにでるのだ。
> > >
> > > かういうことなんでせうかね?
> > >
> > > > ANNEX−Ω   訪問者数:2361821(今日:221/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:40
> > > >
> > > > エーゲ海の真珠 ポール・モーリア(Paul Mauriat)
> > > > http://www.youtube.com/watch?v=KB17WyBrvdE&feature=related
> > > >
> > > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> > > >
> > > > [53700] キルケゴール 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/18(Tue) 01:32
> > > >
> > > >
> > > > 梵さんが最近書いているのは、キルケゴールの「反復」だったんだな。
> > > >
> > > > 最近の流行語で、「写経」のように、ある作家や詩人や哲学者の文章を書くことを「写キルケゴール」と言うそうだ。詩人だったら「写ゲーテ」などとなるのか?
> > > >
> > > > しかし梵さんの書くエネルギーには脱帽だぜ。
> > > >
> > > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> > > >
> > > > まず、この記事から、複数のなすのせせさんにお伺いしますが、この語尾の「だな」とか「だぜ」とか、男めかして書いているのはなぜなんでせうか?
> > > >
> > > > 写経、写キルケゴール、写ゲーテ、かういう言辞の出所、ならびに「エネルギーには脱帽」にもひっかりかりますが、ま、さういうことも、もしつけくわえることがあるなら、もうすこし、くわしく事情をかたたってもらえると、事情も詳らかにならう、ちうもんどすが、なぬすろ、事情を詳らかにしたくないのんかもしれませんし、そこは無理強いはしません。
> > > >
> > > >
> > > >
> > > >
> > > > > めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24
> > > > >
> > > > > (ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
> > > > > http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1
> > > > >
> > > > > 一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・
> > > > >
> > > > > いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、
> >
> >
> > その思いが届いてか、エリカさんがまたやってきてくれた、補足も味わい深く・・いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。
> >
> >
> > > > > ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。
> > > > >
> > > > > これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?
> > > > >
> > > > > 今朝は、春の雨だし・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53921] 人間の歴史は、結局抹殺閂削除の歴史にすぎないんじゃないか?Re:[53910] いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。Re:[53907] かういうことなんでせうかね?Re:[53906] そこは無理強いはしません。Re:[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 15:39  

まかほをもANNEX−Ω   訪問者数:2362184(今日:584/昨日:713)2011/03/21(Mon) 15:01

VERA LYNN - I Think of You (r. mckuen)
http://www.youtube.com/watch?v=UgFD8R_MbEo&feature=related


> 今日は仏滅、でも・・・
>
> http://www.youtube.com/watch?v=lrvywoyQ7v8&feature=related
>
> でも聴きながらよんでください。

Thu Sep 16 21:51:19 2010は仏滅で、この3月19日の金曜日も仏滅で・・複数のなすのせせさんにお伺いしますが、これらのうたに見覚え聞き覚えはありませんか?

全部抹殺されてしまったのせうか?

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

[53720] おはようございます。 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/26(Wed) 10:51


>このインテレサントな記事を特記するインテレサントぶりには脱帽ですね。

梵さんはからかっておるな?

>「歴史は欲望と希望を糧にして生きるのであって、全面的な約束や知を糧として生きるのではない。

>全面的な約束や目的にについての詐称された知こそが、《観念論的》なのであり、《人民の阿片》なのである。」(ジャンヌ・エルシュ)

人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?これは悪い「反復」かな?

この本も探してみたが、またまたすでに古本になってしまった。これは高価。
この弱い脳みそで読めるかどうか?とりあえず保留とします。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

なすのせせさんは、こういう「人間の歴史は、結局「侵略」の歴史にすぎないんじゃないか?」という歴史観をお持ちなんですか?

おもちなんでせう、だから、かう書いた。

それで、いろいろな言説に極めて短期間ではありましたが、接した結果、やっぱり、まだ、同じ思いなんでせうか?

人間の歴史は、結局抹殺閂削除の歴史にすぎないんじゃないか?

だから、抹殺閂削除をつづけるんでせうか?

それとも死んでしまったのでせうか?




> つすたろきANNEX−Ω   訪問者数:2361949(今日:349/昨日:713)2011/03/21(Mon) 10:28
>
> > DESPERRADO 訳詞付 / イーグルス
> > http://www.youtube.com/watch?v=7lidn3qrrCU&NR=1
> DESPERRADOのRはダブりです。
> DESPERADO。つまり、DESPERATE.かのしらけた絶望のポーズ。
>
> これは、すでにまた抹殺閂削除されて屍と化しておるますけん、あらたに・・・
>
> Desperado 訳詞付 - Kenny Rogers
> http://www.youtube.com/watch?v=Eg5rPauKN-8&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=7
>
> とか
>
> EAGLES−『DESPERADO(訳詞付)』 !!!
> http://www.annex-net.jp/cgi-bin/libro/light/light.cgi
>
> 複数のなすのせせさんにお伺いしますが、これらのうたに聞き覚えはありませんか?
>
> それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?

これは、茫茫さん、ありがたう。で、わかったわけですが・・・

> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
>
> [53343] ペルソナ

これも聖痕ですね。

> > 落ちた火星、つまり戦闘的なあの星

聖痕です。

> > が落下してきたんかいの?

> > > > 冬の子よ我が屍を喰ひ尽せ
> > >
> > > 冬の子よ汝が屍を喰ひ尽せ

屍、これも、聖痕です。

> > 汝〜我、

聖痕です

> > これらはいつも逆さま

聖痕です。

> > にしてみると事態がいつも立体的にみえてきて新しい気づき

聖痕です。

> > に恵まれますわの。

聖痕です。

> 送り火や振り向く汝が他者の顔

これは、わが句ながら、生涯とっておきたい一句に恵まれました。

13日の金曜日にして仏滅の彼岸、雨でしたね。

送り火ならぬ送っていったソレガシへ振り向いたひとの眼は、あのいつもの生気が失せてまことに焦点のさだまらぬ宙を見るやうなまなざしでさしだされるソレガシの手を握るさしだされた手も生気が失せた冷たさと力のなさをあとして・・いらい、生死のほども定かではなかったもんが、ひょんなことで、消息がわかりはしたものの、以前行方不明はかわらず、でも、もともとのさよならの原因ではなく契機がここですから、ここにいつかは戻ってくるのではないかと・・

でも、恥じらい多きひとでもありますれば、いったん口に出したことを撤回するには、まことに、また崖から飛び降りるやうな、いやさ、崖っぷちの恐怖で、病んでしまう、さういうことにもなりかねませんので、必死で目を瞑っている、絞め切った光もささぬ孤独の中に沈潜している、さういう景色を思い浮かべると、とてもぢっとしていられぬのですが・・・

> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> この、屍への、こだわりようは、かの彷徨するさ迷い咆哮する魂を彷彿とさせるんですが・・・
>
>
> > るゆへかりANNEX−Ω   訪問者数:2361918(今日:318/昨日:713)2011/03/21(Mon) 09:22
> >
> > sorrow
> > http://www.youtube.com/watch?v=GUlGL_w7UmU&feature=related
> >
> > 複数のなすのせせさんにお伺いしますが、なぜ「ここを特記しておこう。」ということになったのでせうか?
> >
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> >
> > 53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/23(Sun) 21:12
> >
> >
> > >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
> >
> > >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
> >
> > >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
> >
> > >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
> >
> > ここを特記しておこう。
> > 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> > しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
> >
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

このインテレサントに纏わる様々な言説も聖痕ですね。

好奇心、聖痕です。

愛のない好奇心、さいうもんから、愛は生まれうるか?

もちろん、生まれるわけなんですが・・・

方向を違えれば、死んでしまいます。

いまさら、死ぬに死ねなければ、死ぬよりつらい苦しみかもしれません。

あの、ぽこちゃんのうつ友の叫びにも通じます。


> > いま、被災地では、行方不明者の捜索で必死のやうですが、ソレガシも魂の行方不明者の捜索に必死の去年今年です。
> >
> > 魂は魂としてだけ存在するのか、はたまた身体に宿って存在するのか、空華のやうな魂がみえることもありますが、それは、まあ、夢とでもいったもので、畢竟、現実に生きている実存のレベルでは、身体に宿る魂、はたまたコトバに宿る魂、さういうもんを捜索せざるをえないわけであって、それにしても身体やコトバの宿る魂が、その魂に似ていても、身体は別物であったり、コトバも別物、魂はもとより、身体にも、コトバにも、投影された魂、失われた魂、彷徨する魂、孤独な魂、ひきこもった魂、行方不明の魂、さういう幻想をみているのかもしれませんね。
> >
> > バーチャルなかういう場での捜索、バーチャルな投影、だいたいが、さ迷える魂がここにきているという保証さえない、さ迷えるまま飛んでどこかに消えてしまったのかもしれない、地球上には60億人が生息していて、そこの男女が半々とすれば、さ迷える魂が宿るべき敵娼の肉体も30億はあるわけですから、どっかに落ち着いていて・・
> >
> > いちどさよならといったものへは金輪際ふりむかない。
> >
> > 絶対に復活も逆戻りもしない。
> >
> > よのなかは無限に彷徨して、無限に宿れる宿主もおるのだから、なぬも古びた復活や反復は必要ない。
> >
> > 男らしい潔さとは、過去を振り向かないことだ。
> >
> > 男女の中は一本勝負で、斬って捨てるか、捨てられるかだ。だから、わたしは斬って捨てたのだ。
> >
> > 斬って捨てた屍も骸もわたしのいく後には累々とある。
> >
> > でも、それは屍でありムクロなんだから、わたしはそんなもんには振り向かないし、とりこにもならない。
> >
> > 屍と骸のいない街も街路も野山も無限にある。だからわたしはそういう屍や骸とは無縁の街と野山をゆくのだ。
> >
> > もしも、屍や骸がわたしに現れたらわたしはすぐに警察に通報して、骸や屍を取り除けてもらうのだ。
> >
> > すべての過去とのライフラインは断ち切って、あたらしいライフラインにつぎの一本勝負を賭けるのだ。
> >
> > 好奇なもんは、無限にある。だから好奇の赴くままにゆくのだ。
> >
> > 過去のものなんか、なんも、好奇心もわかない。みんなわかりきったことだ。
> >
> > だから、わたしは新しい出会いをもとめてそのチャンスを前髪でつかんで、つるっとすべっちまえば、鼻でも、首根っこでも、とっ捕まえて、こころゆくまで好奇心を満足、あるいは、幻滅させて、あたらしい獲物をもとめて狩りにでるのだ。
> >
> > かういうことなんでせうかね?
> >
> > > ANNEX−Ω   訪問者数:2361821(今日:221/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:40
> > >
> > > エーゲ海の真珠 ポール・モーリア(Paul Mauriat)
> > > http://www.youtube.com/watch?v=KB17WyBrvdE&feature=related
> > >
> > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> > >
> > > [53700] キルケゴール 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/18(Tue) 01:32
> > >
> > >
> > > 梵さんが最近書いているのは、キルケゴールの「反復」だったんだな。
> > >
> > > 最近の流行語で、「写経」のように、ある作家や詩人や哲学者の文章を書くことを「写キルケゴール」と言うそうだ。詩人だったら「写ゲーテ」などとなるのか?
> > >
> > > しかし梵さんの書くエネルギーには脱帽だぜ。
> > >
> > > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> > >
> > > まず、この記事から、複数のなすのせせさんにお伺いしますが、この語尾の「だな」とか「だぜ」とか、男めかして書いているのはなぜなんでせうか?
> > >
> > > 写経、写キルケゴール、写ゲーテ、かういう言辞の出所、ならびに「エネルギーには脱帽」にもひっかりかりますが、ま、さういうことも、もしつけくわえることがあるなら、もうすこし、くわしく事情をかたたってもらえると、事情も詳らかにならう、ちうもんどすが、なぬすろ、事情を詳らかにしたくないのんかもしれませんし、そこは無理強いはしません。
> > >
> > >
> > >
> > >
> > > > めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24
> > > >
> > > > (ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
> > > > http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1
> > > >
> > > > 一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・
> > > >
> > > > いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、
>
>
> その思いが届いてか、エリカさんがまたやってきてくれた、補足も味わい深く・・いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。
>
>
> > > > ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。
> > > >
> > > > これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?
> > > >
> > > > 今朝は、春の雨だし・・・
> >
> >

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53920] 憑きすぎです。 Re:[53919] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 15:00  


ANNEX−Ω   訪問者数:2362176(今日:576/昨日:713)2011/03/21(Mon) 14:45

市民劇団尾道テゴー座第四回公演「春雨ぢゃ濡れて往かう」
http://www.youtube.com/watch?v=fjG1b0nsGzY

春雨じゃ濡れて行こう!東京スカイツリー
http://www.youtube.com/watch?v=Cv8-0PXuaCM

>  春の雨。はや桜が咲いたとか。
>
> >それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?
>
>  わたしでした。

茫茫さん、ありがたう。

>  歩子さんに叱られますね。以後、茫茫でとおすことに
> いたしましょう。

ソレガシも、むっかし、このΩ以前のアネックスで、名なしの実験、透明人間ごっこをして、そのころも、茫茫さんも、バガちゃんも、あのはるよちゃんもいたのかもしれませんが、はるよちゃんが、いくらソレガシが透明人間になっても、その言い回し、言葉遣い、どんくさい訛りで、あ、梵ちゃん!と見抜いてくる、まあ、見抜かれるやうに訛ってでていくのですから、見抜かれて本望なんですが、なんちゅうても、透明人間ちうのんは、虚しい、ちうことがわかって、以後、透明人間ごっこも、ナリスマ、これは上智の田中裕くんとはちゃうてやったことはありませんが、ハンドルネームも変えず、ばかな色変えぬ松の松ノ木小唄ぢゃありませんが、首をつらるる待つの枝でも、後生大事に枝打ちもせずに茫々に伸ばし放題なんですが・・


>  茫茫傲慢という歩子さんのかつてのお叱り、挙縁服膺。


あの、屍、てめえの屍なんざあ、てめえで喰らえ、ちう威勢のよさ。これも聖痕なんですね。

だうして、聖痕なんかは、またあとで気が向けばやりますが・・・いろいろ差し障りもありさうで・・・

>  しんがりは魂かもしれぬ夕遍路

魂とでて傘をさしゃんす狐雨

憑きすぎです。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53919] 無題 投稿者:茫茫 投稿日:2011/03/21(Mon) 13:55  

 春の雨。はや桜が咲いたとか。

>それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?

 わたしでした。歩子さんに叱られますね。以後、茫茫でとおすことに
いたしましょう。
 茫茫傲慢という歩子さんのかつてのお叱り、挙縁服膺。

 しんがりは魂かもしれぬ夕遍路



[53918] 問題は、ちりばめられた夜空の星のやうな聖痕にあるのです。そのお星様のいちいちのお話を伺いたいのです。Re:[53917] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 13:52  

けたろなよANNEX−Ω   訪問者数:2362132(今日:532/昨日:713)2011/03/21(Mon) 13:35

Andrea Bocelli - Miserere (English lyrics translation)
http://www.youtube.com/watch?v=ZRsntxtLfyc&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=17

> 一体どこから答えたらいいのやら、

順番にいつもやうにさしつかえのない範囲でお答えいただければと・・

> あまり多いので答えることは断念します。

あんまし簡単に断念しないでください。

> ただ一つだけお答えしておきます。
>
> >複数のなすのせせさん

質問のいちいち、いやさ、記事のいちいちに聖痕が刻まれているんです。

そのシティグマ、stigma それへまさに的確に打ち抜いてくる、そこを知りたいのです。

> >それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?

これは、まさにあの黙示録、あぽかりぷすの聖痕を額に刻んだ、選ばれたものして怨念をはらす使徒なのかもしれませんし・・・

> 「なすのせせ」で書いた者はすべて同一人物です。別のハンドルネームは使っていません。

その怨念、ソレガシにいわせればゆえの無い怨念、まさにキルケゴールが嘆くあの嘆きにもにたもの、その怨念がいつのまに、愛に変わってなすのせせさんが現れてきた。

これは、まことに救いの風景で、ソレガシも日々、悲しみがうすらぎときめきがましてきたものです。

だから、複数のなすのせせさんが、だれであらうと、その、聖痕の的を射抜いた、そこのところが知りたいのです。

あのさ迷える魂と身体を具したひとと同じ聖痕をもつ方、そのひともまさに怨念を愛に変える力さえありありと具している、しかしながら、その具したものが、すなおにでてこない、でてこないのは、障碍ということもあり、その障碍の所以もいろいろな可能性があります。

さ迷える魂をもって、ここにきていただいて、ああ、さまよいこまれてもいいのですが、ひとの言説をうわのそらで流すひとでもなく、しっかりとその細部まで、細心にしてかつ過敏なる眼と魂をもって読み込むひとなれば、ここに幾許か記された、その可能性のいくつかにおいて、自らの気づきにされてもらえればよいのですが・・・

> 「なすのへた」という紛らわしいハンドルネームを使った方がいたので、それについてのみ、誤解されないように書いたまでです。以上です。

なすの下手なんぞ問題にしていません。

さうではなくて、問題は、ちりばめられた夜空の星のやうな聖痕にあるのです。

そのお星様のいちいちのお話を伺いたいのです。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53917] 無題 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/03/21(Mon) 13:31  

一体どこから答えたらいいのやら、あまり多いので答えることは断念します。
ただ一つだけお答えしておきます。

>複数のなすのせせさん
>それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?

「なすのせせ」で書いたコメントはすべて同一人物のものです。別のハンドルネームは使っていません。
「なすのへた」という紛らわしいハンドルネームを使った方がいたので、それについてのみ、誤解されないように書いたまでです。以上です。


[53916] おのがたぬきの反吐なのか。。。Re:[53911] 隠蔽された放射能汚染で、甲状腺がやられて、おもわぬ挙動をしめしている、そうことも、気づかぬまんまに、やれ、躁鬱ぢゃやれ分裂ぢゃと、診断を下され、右往左往すて、的外れのいろんなクスリを呑まされ、心身ともに隠蔽の被害のどん底の生活を余儀なくされている、さ迷える魂もいるんぢゃあ、ないかと心配です。Re:[53909] 誤解ではありません。 Re:[53908] 補足 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 12:32  

もやくうもANNEX−Ω   訪問者数:2362030(今日:430/昨日:713)2011/03/21(Mon) 12:21

聞こえなくてもありがとう
http://www.youtube.com/watch?v=o-v-LpZ-3ho&feature=related

> ほつをかんANNEX−Ω   訪問者数:2361971(今日:371/昨日:713)2011/03/21(Mon) 10:55
>
> お棺をほつ。
>
> Kiss the Rain - Yiruma
> http://www.youtube.com/watch?v=RIorcqgJTh4&feature=BF&list=QL&index=2
>
> 放射能をたっぷり含んだ春の雨が降っています。
>
> > > そのような思いは敏感に患者側にも伝わるものです。
> >
> > そのとおりです。ですからぽこのそのような行為を患者側はよしとしたのです。
> >
> > > そういった意味ではぽこさんのような、かざらない俗っぽさが受けたのかもしれません。
> >
> > 「俗っぽさ」ではありません。小生はそこにぽこの「聖性」を見るのです。
>
> 俗と聖とは紙一重

俗に徹した聖人ちうのんは、古今東西かわらぬ景色でもありますれば、かの妙好人、ぽこちゃんの景色はさういうもんではなかったか。

ぽこちゃんはなむあぶだぶつのかわりに人間の魂がみえてそれに寄り添っていたのではないか。

だから、ひとの魂がぼやけてくれば、ぽこちゃんの魂も病んでしばらく雲隠れしたり・・・

でも、ひとは畢竟さういうもんなのかもしれませんね、古来古今東西。

すかすて、さいうひとたる所以が油煙と消えてしまった昨今では、まことにめずらしい風景で・・・

> 馬鹿と天才も紙一重ですが、クレッチマーによれば、稀有なる天才になりえず、単なる奇人に堕するもんも馬鹿と紙一重で馬鹿に伍して世には多数生息するんださうで、かの天才の家系の遺伝を辿れば、さういう奇人、これは、精神的にも、身体的にも奇人を輩出している、そのなかのだういう機縁か不明ではあるが、精神的にも身体的にも満足にうまれて天才というものを排出、うむ、排気ガスや放射能ぢゃありまいし、輩出する家柄、さういうもんがあるとのことですが・・・
>
> 翻って、わが国ならびに世界の現状を眺めれば、かういう天才ならぬ、凡才にしてたぬきの家柄から、二世、三世のどたぬきを輩出する、さういうもんの産婆役をかってでている、あのどたぬきマスコミのありやう、安倍にすても麻生にすても、はたまた、薩長に差別されまくった東国の福田にすても、もっかの被告人、小沢にすても、ま、もちろん、聖とは程遠い、俗の俗たる景色ですが、いろいろ思い合わせると、いろんな景色が浮かんできます。
>
> 東国あるいは、西国の薩長に楯突いた国々がふるさとで、そこで育った野山が、あの隠蔽癖の壁から漏れた知られぬ、どたぬきマスコミもしらんぷりで、報道も公告もせぬ、
>
> さういう隠蔽された放射能汚染で、甲状腺がやられて、おもわぬ挙動をしめしている、そうことも、気づかぬまんまに、やれ、躁鬱ぢゃやれ分裂ぢゃと、診断を下され、右往左往すて、的外れのいろんなクスリを呑まされ、心身ともに隠蔽の被害のどん底の生活を余儀なくされている、さ迷える魂もいるんぢゃあ、ないかと心配です。
>
> >
> > > しかし入所者の中には牧師の代行をしている人もいてそのような人たちはぽこさんの言動に眉をひそめたかもしれません。
> >
> > このような牧師の皮をきた「狸」を、小生もたくさん見てきました。

嗚呼、またどたぬき原子力保安院が会見して、どたぬきマスコミが放映しちょる。

反吐の所以を質せば、おのがたぬきの反吐なのか。

春雨もおのがたぬきの反吐なのか

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53915] Re:[53913] [53912] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 12:12  

ほえさふぬANNEX−Ω   訪問者数:2362021(今日:421/昨日:713)2011/03/21(Mon) 12:11

http://www.youtube.com/watch?v=7rs93MFL9Pw
http://www.youtube.com/watch?v=TADXA1651Mw

魂に聖痕ありや春の雨

> りわゆてやANNEX−Ω   訪問者数:2362014(今日:414/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:55
>
> Frank Sinatra - Witchcraft
> http://www.youtube.com/watch?v=LIZIBm2QGaM&feature=BF&list=MLGxdCwVVULXcDp-r8lqairvA1MY6whZti&index=25
>
> 春雨や魔女と呼ばれつ何処へゆく
>
> > をけをたへANNEX−Ω   訪問者数:2361996(今日:396/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:39
> >
> > Julie London - Cry me a river (HQ Audio)
> > http://www.youtube.com/watch?v=ByUOFV5TusE&feature=list_related&playnext=1&list=MLGxdCwVVULXcDp-r8lqairvA1MY6whZti
> >
> > もてあます宍さまよへる春の雨
> >

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53914] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 12:04  

ふぬぬゆかANNEX−Ω   訪問者数:2362015(今日:415/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:56

07 今日の雨 / 矢沢永吉 「ゴールドラッシュ」
http://www.youtube.com/watch?v=7rs93MFL9Pw

どしゃぶりが欲しいが無理か春の雨

おしゃぶりがほしいといって春の酔


やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53913] Re:[53912] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 11:56  

りわゆてやANNEX−Ω   訪問者数:2362014(今日:414/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:55

Frank Sinatra - Witchcraft
http://www.youtube.com/watch?v=LIZIBm2QGaM&feature=BF&list=MLGxdCwVVULXcDp-r8lqairvA1MY6whZti&index=25

春雨や魔女と呼ばれつ何処へゆく

> をけをたへANNEX−Ω   訪問者数:2361996(今日:396/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:39
>
> Julie London - Cry me a river (HQ Audio)
> http://www.youtube.com/watch?v=ByUOFV5TusE&feature=list_related&playnext=1&list=MLGxdCwVVULXcDp-r8lqairvA1MY6whZti
>
> もてあます宍さまよへる春の雨
>

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53912] 無題 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 11:44  

をけをたへANNEX−Ω   訪問者数:2361996(今日:396/昨日:713)2011/03/21(Mon) 11:39

Julie London - Cry me a river (HQ Audio)
http://www.youtube.com/watch?v=ByUOFV5TusE&feature=list_related&playnext=1&list=MLGxdCwVVULXcDp-r8lqairvA1MY6whZti

もてあます宍さまよへる春の雨

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53911] 隠蔽された放射能汚染で、甲状腺がやられて、おもわぬ挙動をしめしている、そうことも、気づかぬまんまに、やれ、躁鬱ぢゃやれ分裂ぢゃと、診断を下され、右往左往すて、的外れのいろんなクスリを呑まされ、心身ともに隠蔽の被害のどん底の生活を余儀なくされている、さ迷える魂もいるんぢゃあ、ないかと心配です。Re:[53909] 誤解ではありません。 Re:[53908] 補足 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 11:12  

ほつをかんANNEX−Ω   訪問者数:2361971(今日:371/昨日:713)2011/03/21(Mon) 10:55

お棺をほつ。

Kiss the Rain - Yiruma
http://www.youtube.com/watch?v=RIorcqgJTh4&feature=BF&list=QL&index=2

放射能をたっぷり含んだ春の雨が降っています。

> > そのような思いは敏感に患者側にも伝わるものです。
>
> そのとおりです。ですからぽこのそのような行為を患者側はよしとしたのです。
>
> > そういった意味ではぽこさんのような、かざらない俗っぽさが受けたのかもしれません。
>
> 「俗っぽさ」ではありません。小生はそこにぽこの「聖性」を見るのです。

俗と聖とは紙一重

馬鹿と天才も紙一重ですが、クレッチマーによれば、稀有なる天才になりえず、単なる奇人に堕するもんも馬鹿と紙一重で馬鹿に伍して世には多数生息するんださうで、かの天才の家系の遺伝を辿れば、さういう奇人、これは、精神的にも、身体的にも奇人を輩出している、そのなかのだういう機縁か不明ではあるが、精神的にも身体的にも満足にうまれて天才というものを排出、うむ、排気ガスや放射能ぢゃありまいし、輩出する家柄、さういうもんがあるとのことですが・・・

翻って、わが国ならびに世界の現状を眺めれば、かういう天才ならぬ、凡才にしてたぬきの家柄から、二世、三世のどたぬきを輩出する、さういうもんの産婆役をかってでている、あのどたぬきマスコミのありやう、安倍にすても麻生にすても、はたまた、薩長に差別されまくった東国の福田にすても、もっかの被告人、小沢にすても、ま、もちろん、聖とは程遠い、俗の俗たる景色ですが、いろいろ思い合わせると、いろんな景色が浮かんできます。

東国あるいは、西国の薩長に楯突いた国々がふるさとで、そこで育った野山が、あの隠蔽癖の壁から漏れた知られぬ、どたぬきマスコミもしらんぷりで、報道も公告もせぬ、

さういう隠蔽された放射能汚染で、甲状腺がやられて、おもわぬ挙動をしめしている、そうことも、気づかぬまんまに、やれ、躁鬱ぢゃやれ分裂ぢゃと、診断を下され、右往左往すて、的外れのいろんなクスリを呑まされ、心身ともに隠蔽の被害のどん底の生活を余儀なくされている、さ迷える魂もいるんぢゃあ、ないかと心配です。

>
> > しかし入所者の中には牧師の代行をしている人もいてそのような人たちはぽこさんの言動に眉をひそめたかもしれません。
>
> このような牧師の皮をきた「狸」を、小生もたくさん見てきました。
>
>

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53910] いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。Re:[53907] かういうことなんでせうかね?Re:[53906] そこは無理強いはしません。Re:[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 10:47  

つすたろきANNEX−Ω   訪問者数:2361949(今日:349/昨日:713)2011/03/21(Mon) 10:28

> DESPERRADO 訳詞付 / イーグルス
> http://www.youtube.com/watch?v=7lidn3qrrCU&NR=1
DESPERRADOのRはダブりです。
DESPERADO。つまり、DESPERATE.かのしらけた絶望のポーズ。

これは、すでにまた抹殺閂削除されて屍と化しておるますけん、あらたに・・・

Desperado 訳詞付 - Kenny Rogers
http://www.youtube.com/watch?v=Eg5rPauKN-8&feature=BF&playnext=1&list=QL&index=7

とか

EAGLES−『DESPERADO(訳詞付)』 !!!
http://www.annex-net.jp/cgi-bin/libro/light/light.cgi

複数のなすのせせさんにお伺いしますが、これらのうたに聞き覚えはありませんか?

それから、この落火星さんは、なすのせせさんですか、いったい誰なんでせう?


:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。


[53343] ペルソナRe:[53342] 新しい気づきに恵まれますわの。Re:[53341] [53338] [53337] [53335] [53334] 俳句ならずも・・ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2010/09/25(Sat) 12:19


しとへをよANNEX−Ω   訪問者数:2243125(今日:265/昨日:446)2010/09/25(Sat) 12:18

> いねしつこANNEX−Ω   訪問者数:2243022(今日:162/昨日:446)2010/09/25(Sat) 08:05
>
> 落火星ちうハンドルネームは、落ちた火星、つまり戦闘的なあの星が落下してきたんかいの?
>
> > > へもてけろANNEX−Ω   訪問者数:2242180(今日:278/昨日:535)2010/09/23(Thu) 12:25
> >
> > > 冬の子よ我が屍を喰ひ尽せ
> >
> > 冬の子よ汝が屍を喰ひ尽せ
>
> 汝〜我、これらはいつも逆さまにしてみると事態がいつも立体的にみえてきて新しい気づきに恵まれますわの。

送り火や振り向く汝が他者の顔
やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空




--------------------------------------------------------------------------------
[53342] 新しい気づきに恵まれますわの。Re:[53341] [53338] [53337] [53335] [53334] 俳句ならずも・・ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2010/09/25(Sat) 08:09


いねしつこANNEX−Ω   訪問者数:2243022(今日:162/昨日:446)2010/09/25(Sat) 08:05

落火星ちうハンドルネームは、落ちた火星、つまり戦闘的なあの星が落下してきたんかいの?

> > へもてけろANNEX−Ω   訪問者数:2242180(今日:278/昨日:535)2010/09/23(Thu) 12:25
>
> > 冬の子よ我が屍を喰ひ尽せ
>
> 冬の子よ汝が屍を喰ひ尽せ

汝〜我、これらはいつも逆さまにしてみると事態がいつも立体的にみえてきて新しい気づきに恵まれますわの。
やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空




--------------------------------------------------------------------------------
[53341] Re:[53338] [53337] [53335] [53334] 俳句ならずも・・ 投稿者:落火星 投稿日:2010/09/24(Fri) 23:41


> へもてけろANNEX−Ω   訪問者数:2242180(今日:278/昨日:535)2010/09/23(Thu) 12:25

> 冬の子よ我が屍を喰ひ尽せ

冬の子よ汝が屍を喰ひ尽せ

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

この、屍への、こだわりようは、かの彷徨するさ迷い咆哮する魂を彷彿とさせるんですが・・・


> るゆへかりANNEX−Ω   訪問者数:2361918(今日:318/昨日:713)2011/03/21(Mon) 09:22
>
> sorrow
> http://www.youtube.com/watch?v=GUlGL_w7UmU&feature=related
>
> 複数のなすのせせさんにお伺いしますが、なぜ「ここを特記しておこう。」ということになったのでせうか?
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> 53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/23(Sun) 21:12
>
>
> >インテレサントなものはけっして反復されないからである。
>
> >インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。
>
> >インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。
>
> >時を経てそうなった娘に栄誉あれ。
>
> ここを特記しておこう。
> 「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
> しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> いま、被災地では、行方不明者の捜索で必死のやうですが、ソレガシも魂の行方不明者の捜索に必死の去年今年です。
>
> 魂は魂としてだけ存在するのか、はたまた身体に宿って存在するのか、空華のやうな魂がみえることもありますが、それは、まあ、夢とでもいったもので、畢竟、現実に生きている実存のレベルでは、身体に宿る魂、はたまたコトバに宿る魂、さういうもんを捜索せざるをえないわけであって、それにしても身体やコトバの宿る魂が、その魂に似ていても、身体は別物であったり、コトバも別物、魂はもとより、身体にも、コトバにも、投影された魂、失われた魂、彷徨する魂、孤独な魂、ひきこもった魂、行方不明の魂、さういう幻想をみているのかもしれませんね。
>
> バーチャルなかういう場での捜索、バーチャルな投影、だいたいが、さ迷える魂がここにきているという保証さえない、さ迷えるまま飛んでどこかに消えてしまったのかもしれない、地球上には60億人が生息していて、そこの男女が半々とすれば、さ迷える魂が宿るべき敵娼の肉体も30億はあるわけですから、どっかに落ち着いていて・・
>
> いちどさよならといったものへは金輪際ふりむかない。
>
> 絶対に復活も逆戻りもしない。
>
> よのなかは無限に彷徨して、無限に宿れる宿主もおるのだから、なぬも古びた復活や反復は必要ない。
>
> 男らしい潔さとは、過去を振り向かないことだ。
>
> 男女の中は一本勝負で、斬って捨てるか、捨てられるかだ。だから、わたしは斬って捨てたのだ。
>
> 斬って捨てた屍も骸もわたしのいく後には累々とある。
>
> でも、それは屍でありムクロなんだから、わたしはそんなもんには振り向かないし、とりこにもならない。
>
> 屍と骸のいない街も街路も野山も無限にある。だからわたしはそういう屍や骸とは無縁の街と野山をゆくのだ。
>
> もしも、屍や骸がわたしに現れたらわたしはすぐに警察に通報して、骸や屍を取り除けてもらうのだ。
>
> すべての過去とのライフラインは断ち切って、あたらしいライフラインにつぎの一本勝負を賭けるのだ。
>
> 好奇なもんは、無限にある。だから好奇の赴くままにゆくのだ。
>
> 過去のものなんか、なんも、好奇心もわかない。みんなわかりきったことだ。
>
> だから、わたしは新しい出会いをもとめてそのチャンスを前髪でつかんで、つるっとすべっちまえば、鼻でも、首根っこでも、とっ捕まえて、こころゆくまで好奇心を満足、あるいは、幻滅させて、あたらしい獲物をもとめて狩りにでるのだ。
>
> かういうことなんでせうかね?
>
> > ANNEX−Ω   訪問者数:2361821(今日:221/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:40
> >
> > エーゲ海の真珠 ポール・モーリア(Paul Mauriat)
> > http://www.youtube.com/watch?v=KB17WyBrvdE&feature=related
> >
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> >
> > [53700] キルケゴール 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/18(Tue) 01:32
> >
> >
> > 梵さんが最近書いているのは、キルケゴールの「反復」だったんだな。
> >
> > 最近の流行語で、「写経」のように、ある作家や詩人や哲学者の文章を書くことを「写キルケゴール」と言うそうだ。詩人だったら「写ゲーテ」などとなるのか?
> >
> > しかし梵さんの書くエネルギーには脱帽だぜ。
> >
> > :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
> >
> > まず、この記事から、複数のなすのせせさんにお伺いしますが、この語尾の「だな」とか「だぜ」とか、男めかして書いているのはなぜなんでせうか?
> >
> > 写経、写キルケゴール、写ゲーテ、かういう言辞の出所、ならびに「エネルギーには脱帽」にもひっかりかりますが、ま、さういうことも、もしつけくわえることがあるなら、もうすこし、くわしく事情をかたたってもらえると、事情も詳らかにならう、ちうもんどすが、なぬすろ、事情を詳らかにしたくないのんかもしれませんし、そこは無理強いはしません。
> >
> >
> >
> >
> > > めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24
> > >
> > > (ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
> > > http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1
> > >
> > > 一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・
> > >
> > > いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、


その思いが届いてか、エリカさんがまたやってきてくれた、補足も味わい深く・・いかにもあらゆる命の織り成す世間であれば、かくべつに嬉しいですね。


> > > ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。
> > >
> > > これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?
> > >
> > > 今朝は、春の雨だし・・・
>
>

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53909] 誤解ではありません。 Re:[53908] 補足 投稿者:北風 投稿日:2011/03/21(Mon) 10:44  

> そのような思いは敏感に患者側にも伝わるものです。

そのとおりです。ですからぽこのそのような行為を患者側はよしとしたのです。

> そういった意味ではぽこさんのような、かざらない俗っぽさが受けたのかもしれません。

「俗っぽさ」ではありません。小生はそこにぽこの「聖性」を見るのです。

> しかし入所者の中には牧師の代行をしている人もいてそのような人たちはぽこさんの言動に眉をひそめたかもしれません。

このような牧師の皮をきた「狸」を、小生もたくさん見てきました。




[53908] 補足 投稿者:エリカ 投稿日:2011/03/21(Mon) 10:02  

誤解があるので補足します。
>ハンセン病にかかわる女性の方で、ぽこさんのように泥酔したり、猥談めいた話をしたりする人はいないと思っていたので(私生活は別かもしれませんが)ちょっと驚きでした。

わたしは泥酔したり、猥談をするのが、悪いとも不道徳だとも思いません。昨今学校関係、教育者がわいせつ罪で起訴されるという事件が後を絶ちません。皆がそうではありませんが。しかしそういった人々であっても療養所などを訪問するときは礼儀正しく、節度正しい人格者のような顔をするものです。実に切り替えがうまく、舞台役者の七変化のようです。そういった意味ではざっくばらんでかざらないぽこさんのような無邪気さは好感がもてます。頷けるのはそういう点です
なぜかというと療養所の空気が神社か境内に入ったような厳粛さと神秘性を漂わせているからかもしれません。その厳粛さは、長い隔離生活と、過酷な歴史から漂ってくるのかもしれませんが。特に昔の療養所などでは僧侶、宗教家などが訪れたそうですが、きっと同じような気持ちだったかもしれません。患者と訪問者の間には仕切りがあります。それは物理的な仕切りだけでなく、壇上にいる者と下にいるものという差別的な仕切りです。患者は強制的に礼拝堂に集められ、面白くもない話(たぶんそう思っていた人もあったでしょう)を聞かされ、園当局もまたメッセージを語る人も「ああ、みじめなわしらのためにいい話を聞かせてくださる。ありがたいことだ。もったいないことだ。」と思って拝聴すべしと無意識のうちに患者側に強要していたのかもしれません。中には涙を流して聞く人もあり、その姿に演説者は感激し、自分が釈迦か、阿弥陀にもなったような気分で陶酔すら覚えるのかもしれません。その阿弥陀顔は現在の訪問者、かかわっているわれわれにも見られるかもしれません。ハンセン病にかかわっているときは言葉遣いにしても非常にナーバスになっていることはないだろうか。回復者というべきか、元患者というべきかなど・・・。そのような思いは敏感に患者側にも伝わるものです。
す。そういった意味ではぽこさんのような、かざらない俗っぽさが受けたのかもしれません。しかし入所者の中には牧師の代行をしている人もいてそのような人たちはぽこさんの言動に眉をひそめたかもしれません。わたしが、「みんな」ではないといったのはそういう意味です。
それにしても震災の惨状をみるとつらくなりますね。



[53907] かういうことなんでせうかね?Re:[53906] そこは無理強いはしません。Re:[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 09:51  

るゆへかりANNEX−Ω   訪問者数:2361918(今日:318/昨日:713)2011/03/21(Mon) 09:22

sorrow
http://www.youtube.com/watch?v=GUlGL_w7UmU&feature=related

複数のなすのせせさんにお伺いしますが、なぜ「ここを特記しておこう。」ということになったのでせうか?

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

53713] インテレサント 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/23(Sun) 21:12


>インテレサントなものはけっして反復されないからである。

>インテレサントなものを求める娘は、みずからそこにおちいる罠となる。

>インテレサントなものに心ひかれぬ娘は反復を信ずる、そういう生まれつきの娘に栄誉あれ。

>時を経てそうなった娘に栄誉あれ。

ここを特記しておこう。
「インテレサント」を日本語に置き換えることを考えてみたが、不可能のような気がする。
しかし、この言葉のニュアンスはとてもよくわかる。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

いま、被災地では、行方不明者の捜索で必死のやうですが、ソレガシも魂の行方不明者の捜索に必死の去年今年です。

魂は魂としてだけ存在するのか、はたまた身体に宿って存在するのか、空華のやうな魂がみえることもありますが、それは、まあ、夢とでもいったもので、畢竟、現実に生きている実存のレベルでは、身体に宿る魂、はたまたコトバに宿る魂、さういうもんを捜索せざるをえないわけであって、それにしても身体やコトバの宿る魂が、その魂に似ていても、身体は別物であったり、コトバも別物、魂はもとより、身体にも、コトバにも、投影された魂、失われた魂、彷徨する魂、孤独な魂、ひきこもった魂、行方不明の魂、さういう幻想をみているのかもしれませんね。

バーチャルなかういう場での捜索、バーチャルな投影、だいたいが、さ迷える魂がここにきているという保証さえない、さ迷えるまま飛んでどこかに消えてしまったのかもしれない、地球上には60億人が生息していて、そこの男女が半々とすれば、さ迷える魂が宿るべき敵娼の肉体も30億はあるわけですから、どっかに落ち着いていて・・

いちどさよならといったものへは金輪際ふりむかない。

絶対に復活も逆戻りもしない。

よのなかは無限に彷徨して、無限に宿れる宿主もおるのだから、なぬも古びた復活や反復は必要ない。

男らしい潔さとは、過去を振り向かないことだ。

男女の中は一本勝負で、斬って捨てるか、捨てられるかだ。だから、わたしは斬って捨てたのだ。

斬って捨てた屍も骸もわたしのいく後には累々とある。

でも、それは屍でありムクロなんだから、わたしはそんなもんには振り向かないし、とりこにもならない。

屍と骸のいない街も街路も野山も無限にある。だからわたしはそういう屍や骸とは無縁の街と野山をゆくのだ。

もしも、屍や骸がわたしに現れたらわたしはすぐに警察に通報して、骸や屍を取り除けてもらうのだ。

すべての過去とのライフラインは断ち切って、あたらしいライフラインにつぎの一本勝負を賭けるのだ。

好奇なもんは、無限にある。だから好奇の赴くままにゆくのだ。

過去のものなんか、なんも、好奇心もわかない。みんなわかりきったことだ。

だから、わたしは新しい出会いをもとめてそのチャンスを前髪でつかんで、つるっとすべっちまえば、鼻でも、首根っこでも、とっ捕まえて、こころゆくまで好奇心を満足、あるいは、幻滅させて、あたらしい獲物をもとめて狩りにでるのだ。

かういうことなんでせうかね?

> ANNEX−Ω   訪問者数:2361821(今日:221/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:40
>
> エーゲ海の真珠 ポール・モーリア(Paul Mauriat)
> http://www.youtube.com/watch?v=KB17WyBrvdE&feature=related
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> [53700] キルケゴール 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/18(Tue) 01:32
>
>
> 梵さんが最近書いているのは、キルケゴールの「反復」だったんだな。
>
> 最近の流行語で、「写経」のように、ある作家や詩人や哲学者の文章を書くことを「写キルケゴール」と言うそうだ。詩人だったら「写ゲーテ」などとなるのか?
>
> しかし梵さんの書くエネルギーには脱帽だぜ。
>
> :*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。
>
> まず、この記事から、複数のなすのせせさんにお伺いしますが、この語尾の「だな」とか「だぜ」とか、男めかして書いているのはなぜなんでせうか?
>
> 写経、写キルケゴール、写ゲーテ、かういう言辞の出所、ならびに「エネルギーには脱帽」にもひっかりかりますが、ま、さういうことも、もしつけくわえることがあるなら、もうすこし、くわしく事情をかたたってもらえると、事情も詳らかにならう、ちうもんどすが、なぬすろ、事情を詳らかにしたくないのんかもしれませんし、そこは無理強いはしません。
>
>
>
>
> > めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24
> >
> > (ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
> > http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1
> >
> > 一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・
> >
> > いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、
> >
> > ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。
> >
> > これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?
> >
> > 今朝は、春の雨だし・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53906] そこは無理強いはしません。Re:[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 06:49  

ANNEX−Ω   訪問者数:2361821(今日:221/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:40

エーゲ海の真珠 ポール・モーリア(Paul Mauriat)
http://www.youtube.com/watch?v=KB17WyBrvdE&feature=related

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

[53700] キルケゴール 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/01/18(Tue) 01:32


梵さんが最近書いているのは、キルケゴールの「反復」だったんだな。

最近の流行語で、「写経」のように、ある作家や詩人や哲学者の文章を書くことを「写キルケゴール」と言うそうだ。詩人だったら「写ゲーテ」などとなるのか?

しかし梵さんの書くエネルギーには脱帽だぜ。

:*:・'°★。.:*:・'°☆。.:*:・'°★。

まず、この記事から、複数のなすのせせさんにお伺いしますが、この語尾の「だな」とか「だぜ」とか、男めかして書いているのはなぜなんでせうか?

写経、写キルケゴール、写ゲーテ、かういう言辞の出所、ならびに「エネルギーには脱帽」にもひっかりかりますが、ま、さういうことも、もしつけくわえることがあるなら、もうすこし、くわしく事情をかたたってもらえると、事情も詳らかにならう、ちうもんどすが、なぬすろ、事情を詳らかにしたくないのんかもしれませんし、そこは無理強いはしません。




> めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24
>
> (ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
> http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1
>
> 一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・
>
> いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、
>
> ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。
>
> これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?
>
> 今朝は、春の雨だし・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53905] 今朝は、春の雨だし・・・ああ、またか!・・・と。Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/21(Mon) 06:36  

めめろんめANNEX−Ω   訪問者数:2361812(今日:212/昨日:713)2011/03/21(Mon) 06:24

(ebb tide)引き潮  (Paul Mauriat) ポールモーリア
http://www.youtube.com/watch?v=bqvbXjIZsqA&feature=autoplay&list=QL&index=1&playnext=1

一夜明けて、このエリカさんちうのんは、かのくっちゃべり〜くんのちょっかいで掲示板をとじてすまった、ごりごりクリスチャンのかたなのか、はたまた、一時期北風氏んところでお手伝いをしたひとなんか、ソレガシはやうわからん、記憶もさだかではあらへんし、めったに掲示板の外にててひとと会うこともないのんで、実際にあえば、印象もまた鮮烈にのこるんでせうが、かういうバーチャルなところで、似た言説の展開者は曖昧模糊として、みんな味噌クソ一緒、ちうか、ルビーもダイアモンドも区別がつかぬ事態に陥り、それこそフロイトの言う、ああ、精神分析的現時を駆使すれば、投影であって、なぬか、現実にそぐわぬもんを影に観ているという事態なんかもしれませんが・・・

いづれにしても、エリカさんちう一個の命がここまで届いて書き込みをされている、そこは宝なんだから、そこを大切にせなあかん、

ちうおもいと相反する壮絶さで攻撃してしまったわけで、ああ、またか!・・・と。

これから投影のいくつかの検証でも、はじめまっか?

今朝は、春の雨だし・・・

> 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
>
> >「それで、いろいろ聞きながら、触ったりするんだよ。だからいってやった。あんたたちそんなことをしてもいいの。あたしはライの診断を受けて、明日療養所に行くんだ。だから、名残に飲んで飲みすぎたんだよっていってやった。そしたら、あいつらサッと後ろに下がったよ」
>
> そして、小生がつくまで遠巻きにしていたわけである。ライ予防法が廃止になるずっと以前の話である。
> この「微妙」な話を後に療養所でしたら、みんなが手をうって喜んだ。よくやったというのである。
> かつて、草津の療養所のKさんは、ぼこを「境界人」といった。ライと社会を隔てる深い溝のあちらでもこちらでもなく、両方に足をかけてたっているものとでも言うのであるうか。
> 普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それをみんなが、大喜びで受け入れたのは、彼女がいかに自然に患者の側に身をおき、患者もそれを受け入れていたかの証左だろう。小生には到底まねのできない「無邪気」さである。
>
> ぽこさんのことは全く知りませんが、上記の記事を読むと、ざっくばらんで、無邪気、で面白い人という印象を受けました。悪く言えばちょっと不謹慎というような感じもしないではありませんが。
> 猥談といえば語弊がありますが、ハンセン病にかかわる女性の方で、ぽこさんのように泥酔したり、猥談めいた話をしたりする人はいないと思っていたので(私生活は別かもしれませんが)ちょっと驚きでした。カトリック系の神山複生病院のシスターが聞いたら卒倒ものだろうなあ。わたしの勝手な憶測ですが、ハンセン病療養所は規模の小さい療養所であっても必ず教会、礼拝堂があり、療養所に来る人と言えば、宗教家、福祉、人権関係に携わる人たちで真面目で固い話ばかりではないでしょうか。社会から隔離され、束縛され、厳格な、そして宗教色の強い、窮屈な環境の中で生活しておられます。笑いに渇望されているのかもしれません。だからぽこさんのような話が受けたのかなあ。わたしの勝手な憶測ですが。
> しかし
> >普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それを「みんな」
> が、大喜びで受け入れたのは、
>
> 「みんな」ではないと思うんですけど。入所者の中には声にはださねど、不快に思った人もいるのではないでしょうか。「いろんな」方がおられます。他の療養所でその話をきたら、きっと笑えない人もいるんじゃないかあ。わたしは故人ぽこさんを批判しているわけではありません。一部の入所者の反応が13ある療養所の入所者全員の思いであると判断してしまうことは非常な危険性をはらんでいると思うんです。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53904] 結局のところ… 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/03/21(Mon) 02:14  

「誰のどういう考え方を、誰が論破しようとしているのか」がわからない、というわからなさだなぁ。


[53903] 無題 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/03/20(Sun) 20:53  

「なすのへた」と「なすのせせ」とは別人です。


[53902] Re:[53895] 笑い話 投稿者:なすのへた 投稿日:2011/03/20(Sun) 20:38  

> 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
>
> >「それで、いろいろ聞きながら、触ったりするんだよ。だからいってやった。あんたたちそんなことをしてもいいの。あたしはライの診断を受けて、明日療養所に行くんだ。だから、名残に飲んで飲みすぎたんだよっていってやった。そしたら、あいつらサッと後ろに下がったよ」
>
> そして、小生がつくまで遠巻きにしていたわけである。ライ予防法が廃止になるずっと以前の話である。
> この「微妙」な話を後に療養所でしたら、みんなが手をうって喜んだ。よくやったというのである。
> かつて、草津の療養所のKさんは、ぼこを「境界人」といった。ライと社会を隔てる深い溝のあちらでもこちらでもなく、両方に足をかけてたっているものとでも言うのであるうか。
> 普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それをみんなが、大喜びで受け入れたのは、彼女がいかに自然に患者の側に身をおき、患者もそれを受け入れていたかの証左だろう。小生には到底まねのできない「無邪気」さである。
>
> ぽこさんのことは全く知りませんが、上記の記事を読むと、ざっくばらんで、無邪気、で面白い人という印象を受けました。悪く言えばちょっと不謹慎というような感じもしないではありませんが。
> 猥談といえば語弊がありますが、ハンセン病にかかわる女性の方で、ぽこさんのように泥酔したり、猥談めいた話をしたりする人はいないと思っていたので(私生活は別かもしれませんが)ちょっと驚きでした。カトリック系の神山複生病院のシスターが聞いたら卒倒ものだろうなあ。わたしの勝手な憶測ですが、ハンセン病療養所は規模の小さい療養所であっても必ず教会、礼拝堂があり、療養所に来る人と言えば、宗教家、福祉、人権関係に携わる人たちで真面目で固い話ばかりではないでしょうか。社会から隔離され、束縛され、厳格な、そして宗教色の強い、窮屈な環境の中で生活しておられます。笑いに渇望されているのかもしれません。だからぽこさんのような話が受けたのかなあ。わたしの勝手な憶測ですが。

こういう考えも差別ではないの?

> しかし
> >普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それを「みんな」
> が、大喜びで受け入れたのは、
>
> 「みんな」ではないと思うんですけど。入所者の中には声にはださねど、不快に思った人もいるのではないでしょうか。「いろんな」方がおられます。他の療養所でその話をきたら、きっと笑えない人もいるんじゃないかあ。わたしは故人ぽこさんを批判しているわけではありません。一部の入所者の反応が13ある療養所の入所者全員の思いであると判断してしまうことは非常な危険性をはらんでいると思うんです。
>
  どう読んでも北風氏は「13ある療養所の入所者全員の思い」なんて
  言っていないとおもうけど・・・


[53901] なんとやる気のでんことか・・・Re:[53900] 顔洗って出直して来い!といいたい気分ですね。Re:[53899] [53897] [53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/20(Sun) 19:49  

きはいへふANNEX−Ω   訪問者数:2361473(今日:586/昨日:745)2011/03/20(Sun) 19:35

Sad Violin
http://www.youtube.com/watch?v=-EQ6eHeBrhM&feature=related

ほんじつはグループランに朝でていったら、3月いっぱいはあの大震災のこともあるし、なしぢゃと、なしといっても、でたいのんはくるんどすが、ま、むっさいランナーばかりで、ご婦人なんぞ、だrめおいない、ちうて、そうそうに消えてちゃう外人まんでおって、少人数、8人ほどで雛鶴へむかうが、一昨日、ついにDuraAceの7速時代のSPDペダルの金属が折れて、つかいものにならぬ、メルクスSLXはお蔵入りにして、ColnagoC93SLに、25mmのザフィーロタイヤ(ツーリング用)はいて12/198速コグのもんを、20mmのタイヤに13/23コグの車輪にとっかえ、さうはいってもインナーが42ぢゃけん、登りはキツイ、そんで、むっさい連中から離れだしたところで、ケータイで呼び出されて、まう、けふからは電車で整体にいけるはずの女房が甘えて、クルマで連れってくれ、と。

ま、ええ切り上げどきと、ランから外れて帰宅してクルマを出すとガソリンがやばい。とても、80kmも往復でけるやうな量がはっておらん、癇癪球まんだ爆発して、かういうええ天気の一日を潰され、いい面の皮に、ステーキ弁当大盛@630円を買い込み、午後のセッションに土手を走れば、まことに、温かい、一枚脱ぎ、2枚脱ぎ、ガーゼのジャージにベスト一丁で、本日108kmで、日曜ぐらい、ここんところなまって日々40kmを挽回せんとやれども、まあ、一時期に比してなんとやる気のでんことか・・・

> たくれきれANNEX−Ω   訪問者数:2361445(今日:558/昨日:745)2011/03/20(Sun) 18:40

> > > > 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
>
> > > この話は「笑い話」ではありません。
> > >
> > まあ、これだけでは不親切ですから、蛇足を付け足します。
> > 警察官の「痴漢ぶり」何ぞは、微罪の容疑者の弱みに付け込んで交際を迫ったり、狭山事件の例などを持ち出すまでもなく「差別者」ぶりは明らかですから、措くとして、こういうことを誰がやってもどこで話しても、同じ反応があるはずはありません。
> >
> > 要は、ぽこだから許され、ぽこを知っている「みんな」が手を打って大喜び、そうです「笑った」のではなく「大喜び」したのです。そこに、「私は差別者ではない」と言い切る谷内君のような頭でっかちの、といっても谷内君が「頭がいい」というわけではありませんでむしろ馬鹿なのですが、そういう「理解者」ではなく、彼女がまったく自然に患者側に身をおく人であり、患者側もそのことをよく知っていたということなのです。
>
> あ、さうか、ソレガシはその視点がぬけておった!
>
> やうは、ぽこちゃん賛歌なのですね。
>
> たすかに、自在無碍な、感じるままの直観力でゆうゆうと世間のどたぬき「常識」を乗り越えちゃう。
>
> まさに、「境界者」か。
>
> > おいらはそのようなことはできないし、患者の前で言う度胸もありません。
> > それは、おいらのハンセン病への向き合い方が、ぽこのように天性のものではなくて、観念的なものだからだと思います。したがって、エリカさんが「頷く点もあれば、ちょっと疑問に思う」のは、おいらなぞと同じオタヌキ「理解者」なのかも知れません。
>
> ところで、差別ちうもんは、その程度の差こそあれ厳然と世の中にはある。区別と差別はちゃうなんぞという詭弁のささいな議論は不要である。
>
> で、差別がある、それだから、それをないことにしてポーズをつくるのか、それとも、それがあるにもかかわらずそれに捉われないか、ちうても、単に捉われないで、いい大砲台、ああ、云いたい放題、差別言辞を連発すれば、そりゃあ、言辞だけも参っちゃうひとはえいるでせうね。言辞では差別せんといっておきながら、行動で差別する、でも、言辞のほうがまともに吹き付けてくる、行動のはうは、まあ、意味として翻訳する言辞にたどりつくまでに、言辞でものをみるくせがついているもんは、行動の意味と言辞の矛盾の狭間でドボンする。ところが、言辞で差別的なことをいっておって、行動において、なんといいませうか、あのぽこちゃん的な愛のありやう、なんでもうけいれちゃう、もちろん、直感的、感性的な篩にはかけるんでせうが、さういう自在無碍さに接すると、まあ、言辞で差別されたなんぞ不愉快になるもんは、ああ、またもとの言説の反復ですが、顔洗って出直して来い!といいたい気分ですね。

ソレガシも顔洗って寝ちゃお。

> でも、かういう幼稚なもんが世間にはうぢゃうぢゃ群れていますから、さういううぢゃうぢゃへ愛を持って接する、う〜む、至難の業どすわの。だたいにおいて、聞く耳をもたないほどに、幼稚というか、洗脳されきっていますけん、あのよみうりたぬきの谷内めいた、于論茶=↑(▼▼)胡乱ちゃんめいた、悲喜劇になるんですね。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53900] 顔洗って出直して来い!といいたい気分ですね。Re:[53899] [53897] [53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/20(Sun) 18:57  

> > > 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
たくれきれANNEX−Ω   訪問者数:2361445(今日:558/昨日:745)2011/03/20(Sun) 18:40

> > この話は「笑い話」ではありません。
> >
> まあ、これだけでは不親切ですから、蛇足を付け足します。
> 警察官の「痴漢ぶり」何ぞは、微罪の容疑者の弱みに付け込んで交際を迫ったり、狭山事件の例などを持ち出すまでもなく「差別者」ぶりは明らかですから、措くとして、こういうことを誰がやってもどこで話しても、同じ反応があるはずはありません。
>
> 要は、ぽこだから許され、ぽこを知っている「みんな」が手を打って大喜び、そうです「笑った」のではなく「大喜び」したのです。そこに、「私は差別者ではない」と言い切る谷内君のような頭でっかちの、といっても谷内君が「頭がいい」というわけではありませんでむしろ馬鹿なのですが、そういう「理解者」ではなく、彼女がまったく自然に患者側に身をおく人であり、患者側もそのことをよく知っていたということなのです。

あ、さうか、ソレガシはその視点がぬけておった!

やうは、ぽこちゃん賛歌なのですね。

たすかに、自在無碍な、感じるままの直観力でゆうゆうと世間のどたぬき「常識」を乗り越えちゃう。

まさに、「境界者」か。

> おいらはそのようなことはできないし、患者の前で言う度胸もありません。
> それは、おいらのハンセン病への向き合い方が、ぽこのように天性のものではなくて、観念的なものだからだと思います。したがって、エリカさんが「頷く点もあれば、ちょっと疑問に思う」のは、おいらなぞと同じオタヌキ「理解者」なのかも知れません。

ところで、差別ちうもんは、その程度の差こそあれ厳然と世の中にはある。区別と差別はちゃうなんぞという詭弁のささいな議論は不要である。

で、差別がある、それだから、それをないことにしてポーズをつくるのか、それとも、それがあるにもかかわらずそれに捉われないか、ちうても、単に捉われないで、いい大砲台、ああ、云いたい放題、差別言辞を連発すれば、そりゃあ、言辞だけも参っちゃうひとはえいるでせうね。言辞では差別せんといっておきながら、行動で差別する、でも、言辞のほうがまともに吹き付けてくる、行動のはうは、まあ、意味として翻訳する言辞にたどりつくまでに、言辞でものをみるくせがついているもんは、行動の意味と言辞の矛盾の狭間でドボンする。ところが、言辞で差別的なことをいっておって、行動において、なんといいませうか、あのぽこちゃん的な愛のありやう、なんでもうけいれちゃう、もちろん、直感的、感性的な篩にはかけるんでせうが、さういう自在無碍さに接すると、まあ、言辞で差別されたなんぞ不愉快になるもんは、ああ、またもとの言説の反復ですが、顔洗って出直して来い!といいたい気分ですね。

でも、かういう幼稚なもんが世間にはうぢゃうぢゃ群れていますから、さういううぢゃうぢゃへ愛を持って接する、う〜む、至難の業どすわの。だたいにおいて、聞く耳をもたないほどに、幼稚というか、洗脳されきっていますけん、あのよみうりたぬきの谷内めいた、于論茶=↑(▼▼)胡乱ちゃんめいた、悲喜劇になるんですね。


やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53899] Re:[53897] [53895] 笑い話 投稿者:北風 投稿日:2011/03/20(Sun) 17:22  

> > 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
> >
>
> この話は「笑い話」ではありません。
>
まあ、これだけでは不親切ですから、蛇足を付け足します。
警察官の「痴漢ぶり」何ぞは、微罪の容疑者の弱みに付け込んで交際を迫ったり、狭山事件の例などを持ち出すまでもなく「差別者」ぶりは明らかですから、措くとして、こういうことを誰がやってもどこで話しても、同じ反応があるはずはありません。

要は、ぽこだから許され、ぽこを知っている「みんな」が手を打って大喜び、そうです「笑った」のではなく「大喜び」したのです。そこに、「私は差別者ではない」と言い切る谷内君のような頭でっかちの、といっても谷内君が「頭がいい」というわけではありませんでむしろ馬鹿なのですが、そういう「理解者」ではなく、彼女がまったく自然に患者側に身をおく人であり、患者側もそのことをよく知っていたということなのです。

おいらはそのようなことはできないし、患者の前で言う度胸もありません。
それは、おいらのハンセン病への向き合い方が、ぽこのように天性のものではなくて、観念的なものだからだと思います。したがって、エリカさんが「頷く点もあれば、ちょっと疑問に思う」のは、おいらなぞと同じオタヌキ「理解者」なのかも知れません。



[53898] 二重三重のマヤカシへの諧謔の笑いであるからして貴重である。Re:[53897] [53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/20(Sun) 17:05  

けまへやしANNEX−Ω   訪問者数:2361379(今日:492/昨日:745)2011/03/20(Sun) 16:48

> > 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
> >
>
> この話は「笑い話」ではありません。

ソレガシはこの話には二重の笑いがるかと・・

1、スケベな警察・・・これはまことに皮相ではとりつくろっても普遍的な景色

2、差別する警察・・・これもノーガキとは裏腹に普遍的な景色であって、そもそもが差別の権化でなくんば、警察なんざあ、存在しえぬのんね。あの、階級性もそうだが、階級なんちうもんは、まあ、組織ならどこにでもあるが、その絶対性においては軍隊と警察は突き抜けて厳しい。それ以上に、他者を殺傷できる武器を携帯できる特権ちうのんは、なんちうても、差別の差別たるところによって成り立つ職業、組織である、そn武器はいったい誰に向けるのか、犯罪者か?身内の犯罪者、てめえを雇ってくれる上位の階級、きたねえ汚職マミレのOBにも警察庁にも、官僚にもあの銃口はむけんべ?

やうは、国民の命と財産の安全を脅かす存在が、国民の命と財産の安全を守っている謳っているこのマヤカシ。まあ、命や財産のなかには国民、市民の身体もある。もちろん、美人もいりゃあ、ブスもいる、美人は守ってブスは見頃しか、むむ、見殺しか、ちうこともなかんべが、武器と法規に守られた痴漢どもはどこにでもおる。

やうは、そういう二重三重のマヤカシへの諧謔の笑いであるからして貴重である。

それに目を剥いたり、への字の不愉快で、屁もでけんやうな、皮相ばっかで畏まったもんは、永遠に救われぬであらうね。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53897] Re:[53895] 笑い話 投稿者:北風 投稿日:2011/03/20(Sun) 16:03  

> 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。
>

この話は「笑い話」ではありません。




[53896] 皮相だけに拘る、まことに偽善にも差別にも頽落しやすい、さいう、無知、無自覚さのはうが、危険だと思いますが・・・Re:[53895] 笑い話 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/20(Sun) 12:08  

まねぬこなANNEX−Ω   訪問者数:2361232(今日:345/昨日:745)2011/03/20(Sun) 11:44

Red Violin (Aranjuez)
http://www.youtube.com/watch?v=YYMtCLSC2Ek&feature=BF&list=QL&index=19

> 北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。

うむ。ま、あらうる疑問をうむそのもとの検討。

> >「それで、いろいろ聞きながら、触ったりするんだよ。だからいってやった。あんたたちそんなことをしてもいいの。あたしはライの診断を受けて、明日療養所に行くんだ。だから、名残に飲んで飲みすぎたんだよっていってやった。そしたら、あいつらサッと後ろに下がったよ」
>
> そして、小生がつくまで遠巻きにしていたわけである。ライ予防法が廃止になるずっと以前の話である。
> この「微妙」な話を後に療養所でしたら、みんなが手をうって喜んだ。よくやったというのである。
> かつて、草津の療養所のKさんは、ぼこを「境界人」といった。ライと社会を隔てる深い溝のあちらでもこちらでもなく、両方に足をかけてたっているものとでも言うのであるうか。
> 普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それをみんなが、大喜びで受け入れたのは、彼女がいかに自然に患者の側に身をおき、患者もそれを受け入れていたかの証左だろう。小生には到底まねのできない「無邪気」さである。
>
> ぽこさんのことは全く知りませんが、上記の記事を読むと、ざっくばらんで、無邪気、で面白い人という印象を受けました。悪く言えばちょっと不謹慎というような感じもしないではありませんが。
> 猥談といえば語弊がありますが、ハンセン病にかかわる女性の方で、ぽこさんのように泥酔したり、猥談めいた話をしたりする人はいないと思っていたので(私生活は別かもしれませんが)ちょっと驚きでした。カトリック系の神山複生病院のシスターが聞いたら卒倒ものだろうなあ。

さういう卒倒もんのシスターちうのんは、身体ももたんばセックスもせん、さわりもせんで、くそもせんのやろか?

ま、たぬきシスターちゃんも世の中にはごまんといるのですね。



> わたしの勝手な憶測ですが、ハンセン病療養所は規模の小さな療養所であっても必ず教会、礼拝堂があり、療養所に来る人と言えば、宗教家、福祉、人権関係に携わる人たちで真面目で固い話ばかりではないでしょうか。

皮相はね。原子力保安院や、霞ヶ関が永田町とおんなじぢゃ。


> 社会から隔離され、束縛され、厳格な、そして宗教色の強い、窮屈な環境の中で生活しておられます。笑いに渇望されているのかもしれません。だからぽこさんのような話が受けたのかなあ。わたしの勝手な憶測ですが。

ま、さいうめんもあるぢゃろけんど、笑いの根はもっと深い。身体的な笑いではねえかと・・・

> しかし
> >普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それを「みんな」
> が、大喜びで受け入れたのは、
>
> 「みんな」ではないと思うんですけど。

そりゃ、そうや、原子力保安院や、霞ヶ関が永田町や、于論茶=↑(▼▼)胡乱ちゃんや、よみうりどたぬきくんらもおる。

皮相ぢゃ、なんとでもきれいごとをならべる、ちうてもそれがきれいごとかだうかも疑問ではあるが、門ギリ方、ああ、紋切り型の対応をする、その裏ではハチャメチャちうこともよくある。

それから、みんなかだうかなんぞはさしたるもんではない。

> 入所者の中には声にはださねど、不快に思った人もいるのではないでしょうか。

だうして不快におもうのんか?その深いとkろも検討してみんばいけん、かの、ガラクタ箱くんのやうに、差別ちいうことに逃避、頽落しちょるもんも多ければ、さういうもんが、おるから、差別的言辞はタブーなんでせうか?

やうは、かういうややこしいハンセン病ぐるぐる問題なんざあ、あんます興味もあらへんし、ガラクタ箱のたぐいとオツキアイする機も、議論する機もありまへんが、ああ、さういえば、ぽこちゃんが、ガラクタ箱が、ソレガシに抹殺閂削除かけた掲示板にソレガシの記事をどんどん運んでくれた、あれはなかなかにありがたかったし、そもそもが、てめえがいわば社会的に抹殺閂削除されちょるもんが、また他者を抹殺閂削除をする、これって、だうしてかうなるの?

抹殺閂削除反対、もしくは、さういうもんの犠牲になった悲哀を十分に感じておる、あるいは、理性的に批判しておるにもかかわらず、同じことを他者にちしてなす。つまり、阿呆ということです。

人間、だれでも阿呆でせうが、ちったあ、いろんな喜怒哀楽んなかで、そこを乗り越える、そこちうのんは、阿呆な喜怒哀楽を、喜怒哀楽の阿呆を、乗り越える知恵もあらうちうのんだが、さいうもんもなく、ひたすらに自分は差別されておるちう自己差別感すら醸成してそこにひきこもってしまう、ひきこもるだけならまだしも、そのひきこもりから、他者に対して抹殺閂削除の逆襲にでてくる。かういう景色もままあるわけです。


> 「いろんな」方がおられます。

バカも阿呆も、偽善者も、于論茶=↑(▼▼)胡乱ちゃんも、上智の田中めいた口だけのもんもおる、だから、さういうもんに言動をあわせねばならんのかね?



> 他の療養所でその話をきたら、きっと笑えない人もいるんじゃないかあ。わたしは故人ぽこさんを批判しているわけではありません。一部の入所者の反応が13ある療養所の入所者全員の思いであると判断してしまうことは非常な危険性をはらんでいると思うんです。

それがしは、むしろ、かういう阿呆言説とは一概にきめつけるわけでありませんが、人間がマチュアでない、非常に幼い、もしくは、皮相だけに拘る、まことに偽善にも差別にも頽落しやすい、さいう、無知、無自覚さのはうが、危険だと思いますが・・・

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53895] 笑い話 投稿者:エリカ 投稿日:2011/03/20(Sun) 10:28  

北風さんの笑話についてですが、頷く点もあれば、ちょっと疑問に思うこともあります。

>「それで、いろいろ聞きながら、触ったりするんだよ。だからいってやった。あんたたちそんなことをしてもいいの。あたしはライの診断を受けて、明日療養所に行くんだ。だから、名残に飲んで飲みすぎたんだよっていってやった。そしたら、あいつらサッと後ろに下がったよ」

そして、小生がつくまで遠巻きにしていたわけである。ライ予防法が廃止になるずっと以前の話である。
この「微妙」な話を後に療養所でしたら、みんなが手をうって喜んだ。よくやったというのである。
かつて、草津の療養所のKさんは、ぼこを「境界人」といった。ライと社会を隔てる深い溝のあちらでもこちらでもなく、両方に足をかけてたっているものとでも言うのであるうか。
普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それをみんなが、大喜びで受け入れたのは、彼女がいかに自然に患者の側に身をおき、患者もそれを受け入れていたかの証左だろう。小生には到底まねのできない「無邪気」さである。

ぽこさんのことは全く知りませんが、上記の記事を読むと、ざっくばらんで、無邪気、で面白い人という印象を受けました。悪く言えばちょっと不謹慎というような感じもしないではありませんが。
猥談といえば語弊がありますが、ハンセン病にかかわる女性の方で、ぽこさんのように泥酔したり、猥談めいた話をしたりする人はいないと思っていたので(私生活は別かもしれませんが)ちょっと驚きでした。カトリック系の神山複生病院のシスターが聞いたら卒倒ものだろうなあ。わたしの勝手な憶測ですが、ハンセン病療養所は規模の小さい療養所であっても必ず教会、礼拝堂があり、療養所に来る人と言えば、宗教家、福祉、人権関係に携わる人たちで真面目で固い話ばかりではないでしょうか。社会から隔離され、束縛され、厳格な、そして宗教色の強い、窮屈な環境の中で生活しておられます。笑いに渇望されているのかもしれません。だからぽこさんのような話が受けたのかなあ。わたしの勝手な憶測ですが。
しかし
>普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それを「みんな」
が、大喜びで受け入れたのは、

「みんな」ではないと思うんですけど。入所者の中には声にはださねど、不快に思った人もいるのではないでしょうか。「いろんな」方がおられます。他の療養所でその話をきたら、きっと笑えない人もいるんじゃないかあ。わたしは故人ぽこさんを批判しているわけではありません。一部の入所者の反応が13ある療養所の入所者全員の思いであると判断してしまうことは非常な危険性をはらんでいると思うんです。




[53894] はやく出さねば・・・出す訓練をつめば老いても出る、健康の秘訣。Re:[53893] [53892] なすのせせさんへ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/19(Sat) 21:03  

まうくきをANNEX−Ω   訪問者数:2360750(今日:608/昨日:714)2011/03/19(Sat) 19:52

宵待草 竹久夢二 川井郁子
http://www.youtube.com/watch?v=1sfZDWse0Lg&feature=BF&list=QL&index=1


> 菩提樹・シューベルト
> http://www.youtube.com/watch?v=JuDspemuoUQ&feature=related

菩提樹
近藤朔風
 泉に沿(そ)いて 繁(しげ)る菩提樹(ぼだいじゅ)
 慕(した)い行(ゆ)きては うまし夢(ゆめ)見つ
 幹には彫(え)りぬ ゆかし言葉
 うれし悲しに 訪(と)いしそのかげ
 
 今日もよぎりぬ 暗き小夜中(さよなか)
 真闇(まやみ)に立ちて 眼(まなこ)とずれば
 枝はそよぎて 語るごとし
 「来(こ)よ いとし侶(とも) ここに幸(さち)あり。」
 
 面(おも)をかすめて 吹(ふ)く風寒く
 笠(かさ)は飛べども 棄(す)てて急ぎぬ
 
 はるか離(さか)りて 佇(たたず)まえば
 なおも聞(きこ)ゆる「ここに幸あり。」
 
 はるか離りて 佇まえば
 なおも聞こゆる「ここに幸あり。」
        「ここに幸あり。」

> 未だ正体不明の者にこのようなお気遣いをいただきまして、誠に恐縮です。

いえいえ、「ここに幸あり。」ですよ。

> あるいは気づいている?

眼が眩みさうです。

> それよりも……
>
> >○○さんて美人だんべ?
>
> ……という方を大事になさってください(^^)。

はい、とはいえ、ありのみならぬなしのつぶてどすけん・・・

> > ひもぢくありませんか?
>
> 昨日は停電時間以外は営業するという近所のマーケットへ行ってみました。
> 入口には「お米はありません。」と書いてありましたが、この辺でなんとか食糧調達をしなくてはなりませんので、とにかく店内にはいりました。
> お米、パンはからっぽ。牛乳もいつものものがありませんので、とりあえずあるものを買いました。野菜、果物、魚、肉、卵などはあるのに、何故お米とパンだけからっぽなのか?どういう食生活をしているのか?不思議です。

国民、総じて疲弊しきってお金がないから、おかずは食っても買ってもいないんでせう。

> 政府すら「買占め」を戒める発言をするようになっているとは、情けない消費者ですね。

ま、政府のやるこたあ、いうこたあ、信用でけまへんな。今も、菅くんが、自民の餓鬼の谷垣くんに副総裁で入閣して、大連立を組もうともちかけたというニュースに接して開いた口が塞がりません。あのドバカなよさねえ与謝野の次は、谷垣釣りにでる、この節操のなさ、一体、政権交代の原義なんぞとうのむっかしにぶっとんですまって、バカ官の権力維持だけに形振り構わず、国民の財産も命もとれるもんは強奪しよう、強奪するには、同じ強奪政策の2代党賊が連合しやうと、まことに、マンガのやうな悪知恵、あの、よみうりどたぬきのナベツネもどきをやりだしているその情けなさ、ちうば、ゆんべの12ちゃんに現日銀総裁を決めるにすったもんだしたときの、自民党が推した当時の日銀副総裁のなんちゃらくんがしゃはりでてきて、あの脂肪膨れすたボーイッシュな女キャスターもやだが、その元副総裁くんg、餓鬼の谷垣くんが、過日、官に提案した<震災税>、それを<災害復興連帯税>といって消費税1%相当が必要とほざいておった、その命名のしかたも、<国民が一丸となって連帯して復興に取り組む>ことを世界にもアッピールできる美しい税だとか、んったく、詭弁の塊どすわの。

てめえらの奢侈と浪費、無能、無策のお飾り許認可権だけ振り回し、民間にタカりまくる寄生虫のやうな官僚組織をそのまんまに、なぬが、美しい増税なもんかね!まったく、国民をコケにしちょるとしかおもえん。

だういうようい、各地の物資の不足は、政府官僚の無策の結果、引き起こされた側面を無視して、国民の美しい謙虚さ、節約だけをああやって煽る、まさに、戦前、戦時のどたんき扇動行政を思い出しますね、欲しがりません、勝つまでは・・・とか。

> それでも乾麺などを買っているうちに、お米が店頭にでました。「お1人さま、1袋」という但し書き付きで。それを5キロ買って、冷蔵庫の停電は昨日はないので、久しぶりに牛肉を買いました。それ以外は冷蔵庫がいつ電気をきられるか不安ですから、干物の魚、缶詰め、野菜、果物、豆腐、納豆など、いろいろ買いました。

ソレガシも今朝は朝一で、一番近い大SCにいってみました。パンと牛乳はありましたが、米とヨーグルト無糖の出喝破句、ああ、デカパックがなくて、ちちやすちうけん安い乳ででけちょるもんかもすんない、小さなカップヨーグルト加糖であまり美味くない、けんど、しょうがない、10個束を2束を買ってかえってきたら、駅前中小スーパーの開店10分前、そこへママチャリをのりつけている老人がみたことがある、なんちゅうことはない、ソレガシの老父で、まあ、町で元気に走り回る長寿NO1どすけん、もっと年下の老人とか、何人かがうろちょろと路地あたりからでてきて、みんなバス停のドーナッツ形のベンチに座って、なんでこのへんは停電にならんか、ちう四方山談義のうちに中小スーパーが開店して、そんでもやっぱすデカパックヨーグルトはない、dめお、牛乳は一人一個限定ではないので、また二本買い足して・・朝一でいったわりにはたいした収穫もなく、でも、パンと牛乳とあんます美味くない加糖ヨーグルトだけはわんさかもって・・・

> > あれから、さぶちゃんの鼻には負けますが、でかい丸い穴の鼻と首もお盆に据えてご自由に召し上がれる、ちうと、豚になった気分ですが、まあ、犠牲に供しませうと、準備はしておったもんの、かういう事態ぢゃ、鼻も首も腐ってしまうので、一旦、元に戻して取り付けて、本日は普段せん覆面、それも濡らして、なるべく不要はもんは吸い込まぬやうに心がけて走りましたから、鼻くその量もいつもより僅少で・・・
>
> それから「まつもときよし」で、花粉用マスクがないだろうか?と行ってみましたが、なんとありました。今は花粉だけではなく、マスクを必要な人は多いはずなのに、奇跡的にたくさんありました。買占めは心が痛みますので、5枚入りを2箱買いました。
> 何故か、突然幸運が舞い降りた感じでした。レジの行列も幾分減ったようです。梵さんのお気持が届いたのでせう。

それはよかったどすのお。

ま、こころの持ちようで世界は明るくもなれば暗くもなる。

さわいえ、あのバカ官や与謝野や谷垣ぢゃ、明るくも暗くもさいう前に痴呆化しちまうわな。

すっかす、花粉症のひとは大変dすわの。ソレガシなんぞ、生まれて棺桶まんで多分、たいした花粉症にもならんで、めでたい、それちうのんも、喫煙のお陰か、ちうと、喫煙しちょれば花粉症になる率はたすかに少ないやうではあるが、中には喫煙しとっても花粉症になるんもいる、ま、体力が落ちてくれば、あるいは、過敏になれば、なぬも花粉症ばかりではのうて、あらゆる炎症を起こしやすくもなるんぢゃけん、先週なんざあ、いろいろあって、なすのせせさんに大切にとっておいた丸い穴の鼻の右側の肉壁=鼻翼が、なんだかしらん、ちょっと腫れてきて、ちょっと傷ができて、ちょっと引っかいたら破れて、せっかく御取り置きのもんを傷物にしちゃあいかんと、は思えど、結構血が出る、鼻の穴の中ではのうて、鼻翼の外側のちっちゃい傷ね、だういうわけで腫れて傷になったんか、引っかいたのは引っかいたのどすが、まあ、そんなことを、穴に濡れタオル突っ込んで穴掃除も朝飯前の図太さなんだから、普段は、絶対にああいう事態にはならん、それが、ちょっとしたきっかけ、友人の死亡とか、大震災とか、そういう事態に遭遇するってえと、自己免疫力が低下するんか、おもわぬトラブルに見舞われるんですね。

> 無事、交通麻痺が終わりましたら、鼻の穴と首を頂きに参上いたします。

いまは、オロナイン難航をつけるまでもなく、完治してもさして美しくもない鼻と首、ああ、首は無傷でのこっていますよ、やや、剃り残した髭というか髪というか、さういうもんが、やたらと生えている一画があるやうですが、さして害にもならんでせう。

> > それはともかくも、花粉に過敏な鼻孔の狭き門にくわえいろんな怖さを味わい、米もパンも売り切れですので、月曜に仕込んだ餅、けふは餅棚さえがらがらでしたが、餅は日持ちもするので、少し多めに買い置いてあるので、もし必要ならご連絡いただければ、お送りできるかと・・
> >
> > もちろん、餅でつるつもりはありませんので、ご安心くださいませ。
>
> とても嬉しいお心遣いに重ねてお礼申し上げます。

お礼バッカで、どうすんのよ?

> > まわりのSCなどはうちから近いので、朝一で行けば、なにかと手に入りますし、コンビニに至っては、配送トラック到着、入荷もまるみえですし、さうぢゃなくとも、コンビニお姉さんと馴染みになってますんで、まあ、いろいろと便宜を図ってくれますけん、なんとかなりますから、ご遠慮なくお申し越しください。
>
> 梵さんは、どこに行っても愛されるお人柄なのですね。

愛されるちうより、興味をもたれるんでせうね、インテレサントな。

なぬせ、ええ歳こえて、ド派手なジャージとタイツで闊歩あるいはバイクで行く。

特に下半身の筋肉、腿と脛、いまは冬でむき出しぢゃあありへんが、女性にも男の脚のフェチはまことに多いやうで、脚にくっついてきちゃうか、そういうこともありませんが、まあ、ジャージ、脚、顔、大声、云いたい放題の傍若無人ぶりでだいたい覚えられちゃうんですね、いい場合も、悪い場合も。

自分ぢゃあ、そんなにええ脚しちょるとなんざあ、この歳になるまんで思ってみなかったんですが、だうも、いろんな言説を総合してみると、さういうことになるらしい。

だから、脚のお手入れ、ちうこともありまへんが、脛毛をそり落とすチャリンコ屋のホストめいたあんちゃんどもまねをするわけでもなく、なぬもせん、ただ只管に日課で走る、その自然ででける脚、むっかしは、只管の泳ぐ、その脚が、いまや、チャリンコ脚にもなってきたわけで、そういう、自然薯めいた脚の味わいもまあ格別かも、人造のマヤカシの化粧脚が殖えている今日。

> > このオッファーはなすのせせさんにかぎります。とんびその他へはお断りします。

ところで、かういう宣言をしたら。。。。嗚呼、黙示録の七つの封印、とはいいませんが・・・

なすのせせさんが、複数あらわれてメールが来たんです。

明るいどころぢゃのうて、眼が眩みさうです。餅もなくなりそうです。ちうても、餅をくれ、ちう、なすのせせさんはいまんとこいないんですね。

いったい、どれがほんもんで、にせもんなんでせうか?

あなたには化けて出るかもものの種

なんちうあなたの汝は我でもあるんぞとこいたけん、我になすのせせさんのものの種が化けてでてきたんでせうか?

> > それにすても、
> >
> > オークランド牛兵衛草庵200g山形牛ハンバーグ@980円(サラダ、スープ、小鉢2、ごはん、つき)
> >
> > と
> >
> > ステーキDONの190gバンバーグランチ@580円、ご飯とスープのお代わり自由
> >
> > をここんところ食い比べていますが、山形牛の方は肉の%が高いので味わいはあるが肉臭く、Donのは混ぜ物が多いので肉の臭みがないので、すんなり大盛のごはん2杯はいけますから、かういう、米のないときは大助かりです。まわりにファミレスも多く、停電もないのは、みんな営業してますことがまことに強みで・・けふも停電スタンバイしましたが、結局、停電はなく、そんでも、レストラン嬢はいちいち・・
> >
> > 停電の時間帯ですから、停電になったときはお料理をお出しできませんこと、クレジットカードはつかえませんで、現金払いでお願い申し上げますので、それをご了解いただいてよろしいでせうか?
> >
> > といちいちの来客に向上を述べ立てているのんも、疲れる風情です。
>
> 昨今は、そういう方々の教育は徹底しているようで、なんだかロボットみたいで可哀そうですね。それにしても梵さんのお腹はどうなっているんだろう?すごいね。

米があと一二回の炊飯で切れるので、切らさぬやうに、外食つとめで、けふも、ステーキのDONで、17時まで@580円の190gハンバーグランチ、ごはん喰い放題ですから、17時5分前に日課の40kmからあがって、17時半ごろにたっぷり喰ってきますた。

でも、くったら、出さねばいけん、のんは、メシもコトバも思想も恋愛も同じですが、だうも出るもんが出ない。ちちやすのヨーグルトでは効き目が薄い。

> 停電明けが10時でしたので、まずはお風呂に入って、パソコンを開けて、びっくりしました。深夜のご挨拶になりましたがありがとうございました。

はやく出さねば・・・出す訓練をつめば老いても出る、健康の秘訣。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53893] Re:[53892] なすのせせさんへ 投稿者:なすのせせ 投稿日:2011/03/19(Sat) 01:26  

菩提樹・シューベルト
http://www.youtube.com/watch?v=JuDspemuoUQ&feature=related

未だ正体不明の者にこのようなお気遣いをいただきまして、誠に恐縮です。
あるいは気づいている?

それよりも……

>○○さんて美人だんべ?

……という方を大事になさってください(^^)。

> ひもぢくありませんか?

昨日は停電時間以外は営業するという近所のマーケットへ行ってみました。
入口には「お米はありません。」と書いてありましたが、この辺でなんとか食糧調達をしなくてはなりませんので、とにかく店内にはいりました。
お米、パンはからっぽ。牛乳もいつものものがありませんので、とりあえずあるものを買いました。野菜、果物、魚、肉、卵などはあるのに、何故お米とパンだけからっぽなのか?どういう食生活をしているのか?不思議です。

政府すら「買占め」を戒める発言をするようになっているとは、情けない消費者ですね。

それでも乾麺などを買っているうちに、お米が店頭にでました。「お1人さま、1袋」という但し書き付きで。それを5キロ買って、冷蔵庫の停電は昨日はないので、久しぶりに牛肉を買いました。それ以外は冷蔵庫がいつ電気をきられるか不安ですから、干物の魚、缶詰め、野菜、果物、豆腐、納豆など、いろいろ買いました。

> あれから、さぶちゃんの鼻には負けますが、でかい丸い穴の鼻と首もお盆に据えてご自由に召し上がれる、ちうと、豚になった気分ですが、まあ、犠牲に供しませうと、準備はしておったもんの、かういう事態ぢゃ、鼻も首も腐ってしまうので、一旦、元に戻して取り付けて、本日は普段せん覆面、それも濡らして、なるべく不要はもんは吸い込まぬやうに心がけて走りましたから、鼻くその量もいつもより僅少で・・・

それから「まつもときよし」で、花粉用マスクがないだろうか?と行ってみましたが、なんとありました。今は花粉だけではなく、マスクを必要な人は多いはずなのに、奇跡的にたくさんありました。買占めは心が痛みますので、5枚入りを2箱買いました。
何故か、突然幸運が舞い降りた感じでした。レジの行列も幾分減ったようです。梵さんのお気持が届いたのでせう。

無事、交通麻痺が終わりましたら、鼻の穴と首を頂きに参上いたします。

> それはともかくも、花粉に過敏な鼻孔の狭き門にくわえいろんな怖さを味わい、米もパンも売り切れですので、月曜に仕込んだ餅、けふは餅棚さえがらがらでしたが、餅は日持ちもするので、少し多めに買い置いてあるので、もし必要ならご連絡いただければ、お送りできるかと・・
>
> もちろん、餅でつるつもりはありませんので、ご安心くださいませ。

とても嬉しいお心遣いに重ねてお礼申し上げます。

> まわりのSCなどはうちから近いので、朝一で行けば、なにかと手に入りますし、コンビニに至っては、配送トラック到着、入荷もまるみえですし、さうぢゃなくとも、コンビニお姉さんと馴染みになってますんで、まあ、いろいろと便宜を図ってくれますけん、なんとかなりますから、ご遠慮なくお申し越しください。

梵さんは、どこに行っても愛されるお人柄なのですね。

> このオッファーはなすのせせさんにかぎります。とんびその他へはお断りします。
>
> それにすても、
>
> オークランド牛兵衛草庵200g山形牛ハンバーグ@980円(サラダ、スープ、小鉢2、ごはん、つき)
>
> と
>
> ステーキDONの190gバンバーグランチ@580円、ご飯とスープのお代わり自由
>
> をここんところ食い比べていますが、山形牛の方は肉の%が高いので味わいはあるが肉臭く、Donのは混ぜ物が多いので肉の臭みがないので、すんなり大盛のごはん2杯はいけますから、かういう、米のないときは大助かりです。まわりにファミレスも多く、停電もないのは、みんな営業してますことがまことに強みで・・けふも停電スタンバイしましたが、結局、停電はなく、そんでも、レストラン嬢はいちいち・・
>
> 停電の時間帯ですから、停電になったときはお料理をお出しできませんこと、クレジットカードはつかえませんで、現金払いでお願い申し上げますので、それをご了解いただいてよろしいでせうか?
>
> といちいちの来客に向上を述べ立てているのんも、疲れる風情です。

昨今は、そういう方々の教育は徹底しているようで、なんだかロボットみたいで可哀そうですね。それにしても梵さんのお腹はどうなっているんだろう?すごいね。

停電明けが10時でしたので、まずはお風呂に入って、パソコンを開けて、びっくりしました。深夜のご挨拶になりましたがありがとうございました。


[53892] なすのせせさんへ 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/18(Fri) 18:50  

ぬゆをててANNEX−Ω   訪問者数:2359915(今日:487/昨日:716)2011/03/18(Fri) 18:11

浜田省吾/ ひとりぼっちのクリスマス・イブ:MIDNIGHTFLIGHT
http://www.youtube.com/watch?v=rjL1zhbTAr4

> ともかく外出もままならず、マーケットに行けば、異常な消費者行動を見るし、大きな被害を受けていない人間のあのすさまじさとは、どこから生まれるのか?恐ろしい。

火水木と大事とって日課の自転車、筋トレ、リハビリもやらず、本日40kmで馴染みの仲間にあったら、みんな、火水は流石に放射能が怖くて外にです、せいぜいが昨日の木曜から走り始めたとのことですが、走ったあとリハビリとマーケットにいったらほんまにがらがらで、なんにもないんですね。うちの周りには、0.5km、1km、1.5kmのところの四方八方に都下有数の大規模ショッピングセンタが3施設と中小スーパー、コンビニ、多数あるんですが、どこも、主食、牛乳、ヨーグルト、パンの類はがらがら。月曜日の朝一で仕入れた食料品でなんとか凌いでいますが・・


> 停電、交通機関の麻痺、マーケットはからっぽ。
> いろんなことが考えられません。

ひもぢくありませんか?

あれから、さぶちゃんの鼻には負けますが、でかい丸い穴の鼻と首もお盆に据えてご自由に召し上がれる、ちうと、豚になった気分ですが、まあ、犠牲に供しませうと、準備はしておったもんの、かういう事態ぢゃ、鼻も首も腐ってしまうので、一旦、元に戻して取り付けて、本日は普段せん覆面、それも濡らして、なるべく不要はもんは吸い込まぬやうに心がけて走りましたから、鼻くその量もいつもより僅少で・・・

それはともかくも、花粉に過敏な鼻孔の狭き門にくわえいろんな怖さを味わい、米もパンも売り切れですので、月曜に仕込んだ餅、けふは餅棚さえがらがらでしたが、餅は日持ちもするので、少し多めに買い置いてあるので、もし必要ならご連絡いただければ、お送りできるかと・・

もちろん、餅でつるつもりはありませんので、ご安心くださいませ。

まわりのSCなどはうちから近いので、朝一で行けば、なにかと手に入りますし、コンビニに至っては、配送トラック到着、入荷もまるみえですし、さうぢゃなくとも、コンビニお姉さんと馴染みになってますんで、まあ、いろいろと便宜を図ってくれますけん、なんとかなりますから、ご遠慮なくお申し越しください。

このオッファーはなすのせせさんにかぎります。とんびその他へはお断りします。

それにすても、

オークランド牛兵衛草庵200g山形牛ハンバーグ@980円(サラダ、スープ、小鉢2、ごはん、つき)



ステーキDONの190gバンバーグランチ@580円、ご飯とスープのお代わり自由

をここんところ食い比べていますが、山形牛の方は肉の%が高いので味わいはあるが肉臭く、Donのは混ぜ物が多いので肉の臭みがないので、すんなり大盛のごはん2杯はいけますから、かういう、米のないときは大助かりです。まわりにファミレスも多く、停電もないのは、みんな営業してますことがまことに強みで・・けふも停電スタンバイしましたが、結局、停電はなく、そんでも、レストラン嬢はいちいち・・

停電の時間帯ですから、停電になったときはお料理をお出しできませんこと、クレジットカードはつかえませんで、現金払いでお願い申し上げますので、それをご了解いただいてよろしいでせうか?

といちいちの来客に向上を述べ立てているのんも、疲れる風情です。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[53891] まあ、業務にかこつけて、いろいろ痴漢を企むのんは、チャリンコ屋の某や、ああ、坊や、おぢさんだけぢゃないのですね。Re:[53890] 昔話。 投稿者:梵@舌下の黙々 投稿日:2011/03/18(Fri) 15:47  

よんれふるANNEX−Ω   訪問者数:2359822(今日:394/昨日:716)2011/03/18(Fri) 15:21

浜田省吾 もうひとつの土曜日
http://www.youtube.com/watch?v=upX0zcWtpP4&feature=BF&list=QL&index=2

> ぽこが弊社に来てしばらくしたころだった。
> 何かの会合のあと神楽坂で飲んで、見失ってしまった。一時間近く探し回ったが見つからない。先に帰ったかと自宅に戻ってしばらくして、午前二時ころだったか神楽坂の交番から、「お宅の社員を保護しているから引取りにこい」という電話で駆けつけた。
> ぽこがいすに腰掛け、何人かの警察官が遠巻きにしている。どうしたんだというと、ぽこが話すのをさえぎるように、早くつれて帰ってくれの一点張りである。
> 連れ出して話を聞くと、どこかの軒下で酔いつぶれているところを通報で駆けつけた警察官に交番に連れて行かれた。

うむ。

> 「それで、いろいろ聞きながら、触ったりするんだよ。だからいってやった。あんたたちそんなことをしてもいいの。あたしはライの診断を受けて、明日療養所に行くんだ。だから、名残に飲んで飲みすぎたんだよっていってやった。そしたら、あいつらサッと後ろに下がったよ」

あはは・・・と、わらっちょれん。

> そして、小生がつくまで遠巻きにしていたわけである。ライ予防法が廃止になるずっと以前の話である。
> この「微妙」な話を後に療養所でしたら、みんなが手をうって喜んだ。よくやったというのである。
> かつて、草津の療養所のKさんは、ぼこを「境界人」といった。ライと社会を隔てる深い溝のあちらでもこちらでもなく、両方に足をかけてたっているものとでも言うのであるうか。
> 普通ならば、人によっては「らい患者を愚弄するな」と怒りを買うエピソードであろう。それをみんなが、大喜びで受け入れたのは、彼女がいかに自然に患者の側に身をおき、患者もそれを受け入れていたかの証左だろう。小生には到底まねのできない「無邪気」さである。

まことに・・・

にたやうなはなしだが、昔話ぢゃのうて、今話ぢゃけんど・・普通はこっちゃから100番はするもんであるが、110番からソレガシのケータイに電話がかかってきて・・

○○さんがおみえになって、ご存知ですね?

からはじまって、えんえんといろいろ微にいり細にいり○○さんについて訊くので、訊かれるままにこたえて、あるとき突然こりゃあ、ヤバイ!

○○さんて美人だんべ?

はい!

興味があるんだべ?

あ、痛いところをつきますね、旦那さん。・・でも、これは業務ですから・・

君、そんで○○さんにどうするつもり?

はい、生活保護の制度でも紹介しやうかと・・・

君、それで○○さんの気を引いて手出しなんぞしたら、こっちゃもだまっちょらんけんよくよく肝にめえじておけ。

滅相も無い。

それにぢゃ、○○さんはそんな生活保護なんざあ必要ねえ、高等遊民よ。インテリジェンスでもあんた、いくつ?妻子持ち?

いえません。個人情報ですから。

○○さんやソレガシの個人情報を惨々訊いておいて、いえんの?

業務ですから・・

ま、ええや、○○さんは、あんたの知性ぢゃあ、まるで太刀打ちでけん、そんなスケベな業務たぬきぢゃ、歯が立たんであろうよ。

はあ、業務ですから・・

なぬが業務ぢゃ!生死のほどを定期的にモニターしてソレガシに報告せよ!

ハイ、そうします。

ちうことで、丸くは収めたが、その後、生死のほどの定期的連絡もこんのんね。

まあ、業務にかこつけて、いろいろ痴漢を企むのんは、チャリンコ屋の某や、ああ、坊や、おぢさんだけぢゃないのですね。

あ〜めん。

やれ涼し跳ぶも堕ちるも天馬空


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -